#葛飾北斎 の作品

恋文百景

『一通の恋文。数珠繋ぎの右往左往。百の風景のそのまた一部の物語。』 港町の秋祭り。 立花隆一はかつて告白し損ねた少女、鈴木桜子に再会する。 桜子は上だけを見て歩いていく。 ところかまわず、無類の美しさを振りまいて、周囲の有象無象を狂騒に駆り立てる。 もちろん、隆一も例外ではない。 桜子に想いを伝えるのだ! そう、隆一は決意した。 川をさかのぼり、木をよじ登り、県道を走り抜ける。 東奔西走の行く末やいかに。 ショートムービー的短編です。 登場人物 立花隆一(たちばなりゅういち):主人公。桜子が好き。 立花深雪(たちばなみゆき):隆一の妹。兄が心配。 舘林保(たてばやしたもつ):隆一と深雪の幼馴染。なぜだか走る。 鈴木桜子(すずきさくらこ):天衣無縫の美少女。四年前にお引越し。 (カバーイメージはノーコピーライトガール様からお借りしたイラストを一部改変して作成しております。)
完結 / 全5話 2022/05/24更新 恋愛•ラブコメ