#妖モノ の作品

君と僕がみている世界の色は ~あやかしと共に生きる者たちの物語~

―【第一部 きみいろ】あらすじ― 彩は異形のモノや人が纏うオーラを視ることができる……視たいと望んだわけでもないのに……。 そんな彼女は今いる”世界に絶望していた” 唯一の家族である父親に捨てられ、会ったこともない母方の祖父母の家に引っ越すこととなる。 引っ越し先で、彩と同じ異形のモノがみえる葉や妖たちとの新しい出逢いで彩の”世界の色”が変わっていく。 キャッチコピー『出逢いやみえるモノで世界の色は大きく変化する』 ※現状は短編として投稿しますが、長編として続編を執筆予定です。 【第一部 きみいろ】 【第零部 そらいろ】「きみいろ」の過去編『天色事変』 https://ln-street.com/novels/c5125d3c-4488-43cf-b245-05bfce1611af 以上は完結しております。 ※【きみいろ】と【そらいろ】の主人公は同じ人物です。 【第二部 ぼくいろ】の連載がスタートしましたら別ページにて公開します。 ※序章のみ公開中です。 https://ln-street.com/novels/3fa57c23-47ff-4f0c-8337-545a4eb118cf/be3603a7-bea0-42b3-bc98-4e71532e6436
完結 / 全59話 2022/08/23更新 心霊•妖怪

天色事変

『天色事変』(てんしょくじへん) ※天色:天候 これは人間の世界に起きた大災害と妖モノたちの物語である。 この物語を読んで知ってほしい。 妖モノたちが悪いものだけではないことを。 妖モノたちが人間たちが大好きで手を貸してくれていることを。 妖モノたちが優しく微笑んで人間たちを見守っているということを――。 ―あらすじ―  大天狗と天女の子、タミは大天狗の翼と天女の”想いの力”を持って生まれてきた。  タミは生まれて瞼を開けたと同時に青い炎を出し、生まれた家を全焼させてしまう。  天女は妖モノが住む世界ではなく、人間の世界で人として暮らすことを望んでいたが、タミの力が強すぎるため妖モノの世界で暮らす決断をする。  それから十年が経ち――人間の世界で後に『天色事変』と言われる大災害が起きる。  人間が自分勝手に犯した過ちによりアメフリ(雨を降らす妖怪)の雨は止まない雨になり、大天災へと発展してしまう。そんな人間や人間の世界を救おうとする妖モノと三大天上人(人間)が繰り広げる戦いの物語。    普段、人間や天災などに干渉しない妖モノたちだが、嘗て人間と妖モノが共存していた時に交わした約束を守るため集結する。  表面的には約束を守るために……本当は妖モノたちの大好きな人間たちを守るために。  タミは”想いの力”で、大天狗は”自然を操る力”で人間たちの世界を救うことが出来るのか――。 ―――――――――――――――――――――― こちらは本編『君と僕がみている世界の色は ~あやかしと共に生きる者たちの物語~』の【第零部】過去編の作品となります。 ※『天色事変』【第零部】と『君と僕がみている世界の色は』【第一部】の主人公は同じ人物です。 https://ln-street.com/novels/3fa57c23-47ff-4f0c-8337-545a4eb118cf ※本編の以下の話数は『天色事変』に関わる物語です。 【第九話 舐犢之愛】 【第十話 晴好雨奇】
完結 / 全36話 2022/08/02更新 異常気象•天災