#大学生 の作品

甘々なアイスコーヒーが良いに決まっている

私の彼氏『カズヤ』は、何でもスマートに物事をこなすスパダリである。 そんなカズヤにはクイズを出しても悪戯をしても、全て軽くあしらわれていた。 いつの日か、何とかして、カズヤをぎゃふんと言わせたいと私は強く思っていたのである。 今回、ついにそのチャンスが巡ってきた! 今こそ、完璧な計画を実行すべし!!
完結 / 全1話 2022/05/26更新 恋愛•ラブコメ

黄昏時シンドローム

三回生の七月末、地方大学の文学部に通う私とヤマダは、学食でご飯を食べていた。 今日は町のほうで花火大会がある。私たちのほかには誰もいなかった。 一人の少女がやってくる。彼女は「手に入れることが最も難しいものって何だと思いますか」と私に尋ねた。 それから、どこまでも続く黄昏時の学食を歩きながら、私は彼女に言った。「一緒に花火を見ませんか」
完結 / 全1話 2022/04/12更新 その他