作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 ミハイルのお節介が上手くいったのか、俺は福間から解放された。  最後なんか、あいつら手まで振ってバイバイしたよ。  なんか知らんが、俺とアンナのことを応援することで利害が一致したらしい。  教室に戻ると、何やら騒がしい。  一人の生徒に円をなして取り囲む。 「なんの騒ぎだ?」 「さあ?」  俺とミハイルがポカーンとその景色を眺めていると、ほのかが声をかける。 「ねえねえ、知ってた?」  知らんがな。 「なんのことだ?」  するとほのかは人だかりを指差して、興奮する。 「芸能人だよ! 一ツ橋高校に入学してたらしいよ!」 「は、なんで芸能人がうちの高校にいるんだよ?」 「だって、通信制じゃない? だからでしょ」 「なるほどな、芸能活動をする際で全日制コースでは支障をきたすというわけか」  納得、というかそんな有名人が福岡にいたっけ? 「で、誰なんだよ?」 「アイドルの‟もつ鍋水炊きガールズ”のあすかちゃんだよ!」  なにその胃もたれしそうなグループ。 「誰だよ。ミハイル、知ってるか?」 「ううん、オレはアイドルとか知らないもん」  素晴らしい回答だ。  俺もアイドルは好きなほうだけど、そんなローカルアイドルは興味ない。  というか、存在を知らないんだからどうしようもない。  俺とミハイルの反応に不満そうなほのか。 「ええ、博多じゃ有名だよ?」 「博多だけだろ? 地元民の俺とミハイルが知らないってことは極々、狭い中で活動してんじゃないのか」 「琢人くんとミハイルくんが疎いだけだよ」  まあ俺ら歪な関係だし、変わっていることは認めるけど。  知らんもんは知らん。 「あ、ほのか! 今、タクトのこと、名前で呼んだろ!」  なんか今日は感情的ですね、ミハイルさん。 「うん、この前、琢人くんと天神の‟オタだらけ”で一緒に買い物してから仲良くなったんだよね」  いや絶対に仲良くなってない。  一方的に凌辱マンガを送られただけです。 「はあ!? 聞いてないぞ、タクト!」  怒りの矛先が俺に向けられる。 「ん? なんで俺がミハイルにいちいち報告しないといけないんだ?」 「そ、それは……オレだって天神に行ったことないのに、ほのかと遊んだからだよ!」  涙目でブチギレる。  ガキかよ。  そう言えば、今度のアンナとのデートは天神だったよな。  嫉妬ですか、みっともない。 「ほのかと出会ったのは偶然だよ」 「あっ! タクトもほのかのこと下の名前で呼んでる!」  いちいち、リアクションが忙しいな、こいつ。 「まあまあ、私と琢人くんとはただのホモダチだからね」  なにを言ってんだこのバカJK。 「ホモダチ?」  興味を持ったらいかんよ、ミハイル。 「そうそう、BL、百合、エロゲーを差別なく世界に布教するための同志ってことだよ。琢人くんの小説に必要なことなんだって」  勝手に話をまとめんなよ。  全然、俺の小説には必要ないジャンルだよ、バカヤロー! 「そっか……タクトの小説に必要なことなんだ」  納得しないで、ミハイルくん。 「うん、だから琢人くんとはただのホモダチ」 「ならいいぜ☆ ダチなんだろ? ホモダチってのがわかんないけど」  はぁ、ミハイルはどうしてこんなにも無知なんだろうか。  3人で話が盛り上がっていると、そこへ一人の少女が割り込む。 「あなたたち! アタシを差し置いてなにを盛り上がってんのよ!」  そこにはゴスロリファッションの痛々しい女の子が立っていた。  艶がかった黒い髪で肩まで流すように下ろしている。  前髪はちょうど眉毛の上で奇麗に揃えられている。  顔立ちはいい方だが、それよりも表情がきつい。  美人の部類なのだろうが、我の強い人間だということが一瞬にしてわかる。 「誰だおまえ?」 「はぁ!? アタシを知らないの?」 「知らん」 「オレも初めてみた」  ポカーンとゴスロリガールを眺める底辺作家とヤンキー。  超興味ない。 「琢人くん、ミハイルくん……それは酷いよ」  フォローに入るほのか。  だが、俺は曲がったことが大嫌いだ。  知らんやつは知らんと言ってあげたほうがいいだろう。 「アタシは……」  俯いて肩を震わせる。  どうやら癪に触れてしまったようだ。 「アタシは芸能人の長浜ながはま あすかよ!」 「「……」」  俺とミハイルは互いに顔を見つめあい「ねぇ、知ってる?」と問う。 「なによ、その反応!」 「すまんが、知らんな」 「オレも」  俺たちの一言が彼女の逆鱗に触れてしまったようだ。 「なんですって!?」  顔を真っ赤にして睨みつける。  そこへ宗像先生が教室に入ってくる。 「おーい、楽しい楽しいホームルームやるぞ~」  相変わらず、無駄にデカい乳をブルンブルンと揺らせながら入ってくる。 「ん? 久しぶりだな、長浜」  どうやら宗像先生は彼女のことを知っているらしい。  ま、生徒だから当然だよな。 「あ、先生……」  バツが悪そうに視線を落とす長浜。 「芸能活動も大変だろうが、ちゃんとスクーリングには来いよな」  ニカッと笑って長浜の頭をぐしゃぐしゃと撫でる。 「は、はい……」  さっきまでの勢いはどうしたもんか、大人しくなる芸能人。 「さ、席につけ~」  俺たちは宗像先生に言われて黙って各々の席に散らばる。  長浜とすれ違いざまに、俺にだけ聞こえるような小さな声で呟いた。 「覚えておきなさいよ…」 「え?」  俺が振り返ると、長浜は足早に去っていった。  一ツ橋って本当に変な高校だよな。  席に着くと宗像先生が何やら嬉しそうに話を始める。 「ところで今週からゴールデンウイークだよな!」  クラスの生徒たちはどこか冷めた様子で聞く。  きっとアラサー女子の寂しい生活でも想像したんだろ。 「だからしてだな、ゴホン!」  わざとらしい咳払い。 「今日は放課後、みんなでパーティをするぞ!」  唐突だし、なにを言いだすんだ?  そんなもん予定に入ってないだろ。 「全員参加だ! 逃げたやつは今日のスクーリングの出席を欠席扱いとする!」  なんて酷いブラック校則だ。  じゃあこのまま帰ろうかな。 「以上、朝のホームルーム終了だ!」  ホームルームって必要?  この人の愚痴とかわがままに生徒が振り回されているだけじゃん。  宗像先生が教室から去っていくと俺は授業が始まる前に、トイレに向かおうと思った。  席を立つ際、先ほどのように長浜にたくさんの生徒が群がっていた。 「ねぇねぇ、あすかちゃん、この前のテレビ観たよ」 「長浜さんって本当にキレイだよね、モデルもやってるし」 「はぁはぁ、あすかちゃん、カワイイよ、カワイイよ……」  あれ、ガチオタがいるな。  遠目から見ても確かに美人だが、俺からしたら「あいつが芸能人?」ってレベルに感じる。  そんな思いで長浜を見つめていたせいか、彼女は俺に感づいてギロッと睨みをきかせる。  変わったやつだ。  俺は鼻で笑って、教室を出た。  トイレに入り、小便器の前に立ってチャックを下ろすと長いため息が出る。  事に移すと朝からトラブル続きでもう既にクタクタだ。 「朝から元気なやつばかりだ」  珍しく独り言も出る。 「元気で悪かったわね!」  空耳かな? なんか女の声が聞こえるんだけど。  ここって女子トイレじゃないよね?  左に目を向けると間違いなく女子生徒が仁王立ちしていた。  その際も俺はまだ放尿中だ。  やけに今日は水量が多い。  コーヒー飲み過ぎたかな? 「お、おい……ここは男子トイレだぞ?」 「だからなによ!? あなた、さっきアタシのことを見下してたでしょ!」  正解だ、だって自称芸能人の長浜さんじゃないですか。 「長浜、とりあえずここから出てっくれよ。お前が今やっていること犯罪に近いぞ」  だってずっと人が小便しているのに話を続けるんだもん。 「関係ないわ! アタシは‟もつ鍋水炊きガールズ”のセンターで芸能人の長浜 あすかなんだから!」  なにその傲慢な理由。 「認めなさい! アタシがトップアイドルだってことを!」 「なあ、話の最中で悪いんだけど、あとにしてくんない?」  俺の小便は延々終わることがなく、女子生徒に局部を見られるという羞恥プレイを強要された。  もうお嫁にいけない……。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません