作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 無事にというか、今回は男子が優遇されて筆記試験は終了。  お昼ごはんの時間になった。  千鳥や花鶴は弁当を持ってきていないので、学校近くの飲食店までバイクに乗って向かうらしい。  それを走って追っかける一匹の豚じゃなかったトマトさん。  文字通り、花鶴の尻をエサにしてブヒブヒ言いながら、喜んでいた。  教室に残った男子は俺とミハイルのみ。  他には北神 ほのかなどの大人しい女子たちが弁当を各々机の上に取り出す。  もちろん、俺もミハイルも弁当のフタを開ける。 「いただきますっ」  手を合わせて、お百姓様に感謝する。  そこを白い華奢な細い手が止めに入った。  ミハイルだ。 「ちょっと待って!」  頬を膨らませて、睨んでいる。 「どうした?」 「お弁当、交換する約束じゃん!」 「え……」 「前はしただろ。オレ、タクトのためにちゃんと弁当作ったんだから! こう・かん!」  子供のようにすねる。  交換ていうか、ほぼ強要だよね。  お目当ては俺のたまご焼きだろう、どうせ。 「わかったわかった、ほれ……」  言われて仕方なく互いの弁当を交換する。  ミハイルが用意してくれた弁当を手に持つと、ずっしりと重みを感じる。 「な、なにが入ってんだ……」  恐る恐る弁当箱のフタを開いてみると、そこには色とりどりの旨そうなおかずがぎっしり。  巨大なハートの形をしたハンバーグ、星の形をしたポテト、スパゲッティ、タコさんウインナー、そして白飯が詰められていたのだが、桜でんぶで文字が書かれており……。 『せかいで一人だけのダチへ☆』  なにこれ……。  俺って、生涯でミハイルしかダチを作っちゃいけないってこと?  ふと、隣りを見れば、俺が焼いたたまご焼きを嬉しそうに頬張るミハイルが。 「んぐっ……んぐっ……ぷっはぁ……はぁ、おいし☆」  相変わらずのエロい咀嚼音だ。  ま、いっかととりあえず、俺も彼の作った愛妻弁当ならぬマブダチ弁当を頂くのであった。    ※  昼食を終え、午後の体育まで少し時間が余った。  俺とミハイルが、何気ない話で時間を潰していると、急に教室の扉が勢いよく開いた。  弁当を持参してくる連中は俺たち以外、みんな大人しい。  だから、全員ビクっとした。 「おぉ? なんだっ、こんだけかよぉ」  目に入ったのはその奇抜なファッションだった。  レザーベストを素肌に着て、両腕には龍と虎のタトゥー。  それから髑髏の刺繍が入ったハーフパンツにサンダル。  頭はストライプ状に刈りあげた坊主。  酷くやつれていて、目の下には大きなクマ。  ギラギラした目つきで、見るからにヤバそうな人間だと、俺でもわかる。  こいつはきっと薬中だ……。  いかん、ミハイルを守らないと! 「ちっ、これじゃ。あんまり売れないねぇなぁ……」  やはりシャブを売る気だな。  俺は机の上で小さく拳を作った。 「ねぇ、琢人くん」  ほのかが俺に耳打ちする。 「どうした、ほのか……あいつを知っているのか?」 「噂だけど……なんか最近まで留置場に入っていた夜臼やうす先輩じゃないかな」  なん、だと!? 「つまり犯罪を犯して、お巡りさんのお世話になっていたというのか?」  一ツ橋高校は確かにヤンキーみたいな連中が多いが、ここまでヤバい人、しかもムショあがりのヤツなんて聞いたことない。 「あくまでも噂だけどね。『夜臼先輩だけはヤバい』って千鳥くんも言ってたよ」 「あの千鳥がビビるような相手か?」 「うん……目を合わせないほうがいいかも」 「そうだな」  俺とほのかは、互いに頷きあい、夜臼先輩から視線をそらす。 「お~い、てめぇら。俺りゃあよ、夜臼 太一やうす たいちってもんだけどよぉ……」  自己紹介を始めたよ……早く教室から出ていけ。 「へぇ、太一ってんだ。オレはミハイル。よろしくな☆」  机の上で、顎に手をつきながら、フランクに話しかけるミハイルちゃん。  怖いもの知らずだな。 「おう、ミハイルってのか……へへん、良い態度じゃねーか」  不敵な笑みを浮かべる夜臼先輩。 「ちょっ! ミハイル、やめとけ!」  俺は必死に彼をとめようとするが、当の本人は「なんのこと?」と言って悪びれることもしない。  むしろ夜臼先輩に興味津々のようだ。 「こらぁ! てめぇ……なにコソコソ喋ってやがんだ、オイッ!」  そう言って俺を睨めつける。  気がつけば、舌をなめまわしながら、こっちにグイグイ近寄ってきた。 「お、俺のことですか?」  恐怖から背筋がピンとなる。  ヤベェよ、薬中とか急に包丁とか出してくるんじゃないか?  死にたくない。 「おめぇ……名前なんてーんだよ?」  喋りたくねぇ。  俺が躊躇していると、隣りにいたミハイルが勝手に紹介し始めた。 「太一、こいつはオレのマブダチでタクトっていうんだよ☆」  こんな時でさえ、ミハイルは満面の笑顔で応対。 「へぇ……琢人っていうのか。教えてくれてありがとよ、ミハイル」 「別にいーって、太一もこの学校の生徒なんだろ? 気にすんなよ」  だからなんでそんなに社交的なの?  怖くないの?  どう見ても、年上に見えるよ。  怖くなって、ほのかの方を見たが、彼女は他人のふりをしていた。 「なぁ、琢人。おめぇよ、いいもん買わねーか?」  キタキタ! これ、絶対白い粉のやつだ。 「な、な、なにを買うんですか……」  生きた心地がしない。 「何をって、おめぇ、野暮なこと聞くんじゃねーよ。そいつを一回でも味わってみろ。もう病みつきだ。そのせいで、俺りゃあよ、この前サツにパクられちまって大変だったぜ。ま、蘭ちゃんがサツにかけあってくれたから、早めにシャバに出れたけどよ」  超ヤバいやつじゃん。しかもよく見ると、夜臼先輩の首筋や腕には、紫色の小さなアザみたいプツプツが、そこらじゅうにある。  重症のジャンキー野郎だ……。  生唾を飲み込む。 「ら、蘭ちゃんって……宗像先生と年が近いんすか?」  恐る恐る聞いてみた。 「バカ野郎、俺りゃあ、もう今年で36だぞ。蘭ちゃんの方が年下だよ。いい女だよな、あの先生」  めっちゃ笑ってる。  下から見てるせいか、超悪い顔に見える。  ヤベッ、宗像先生がヤラれちゃうかも……。 「そうだったんすね……」 「まあな、つまらねー話だよ。俺りゃあこの商売でしか生きていけないんだからさ。しみったれた話は終わりにしてよ、今日は極上のブツを手に入れたんだ……なあ、琢人。おめぇになら、初回のみタダで味わせてやるぜ? ヘヘヘッ……ま、蘭ちゃんには内緒でよ」  俺をシャブ中にする気か!  嫌だ、それだけは断固として断る!  そんなアングラ取材は、某闇金マンガで勉強しているので、間に合ってます。 「いや、いらないっす……」  震えた声でそう言うと、夜臼先輩は顔を真っ赤にして激怒した。 「んだと! 琢人、てめぇ……俺りゃあの好意を受け取れねーってか? 今回だけ、タダにしてやるってのによ!」 「……」  なにも言い返せなかった。怖すぎて。 「タクトが嫌がってんじゃん。もうやめてやれよ、太一」  怖がる素振りも見せず、逆に腰に手をやって怒ってみせるミハイル。 「だってよ、琢人が俺りゃあのアイスを食わないっていうからよぉ……」  アイスだと? やはり覚醒剤じゃないか!  噂では、売人たちはシャブをアイスと言う聞く……。 「え、アイス? 美味しそう!」  乗っかるミハイル。  意味をわかってないんだ。 「おっ! ミハイルは食ってくれるのか? 俺りゃあの極上アイス。天国にブッ飛んじまうぜ?」 「食べる食べる☆ デザートに美味しそう!」  違う意味の天国だって! 「おい、ミハイルやめとけ。夜臼先輩の言っているアイスは、お前の知っているアイスじゃないんだ」 「え? なんのこと?」  首をかしげるミハイル。  そうこうしていると、夜臼先輩がどこからか、大きな肩掛けボックスを持ってきた。 「もう持ってきちまったよぉ、遅かったな琢人。残念だが、ミハイルにはこのブツの良さがわかるのさ。同じヤンキーだからなぁ、クッククク……」  こんの野郎。俺のマブダチを闇落ちさせる気だな。 「ほれ、ミハイル。これが俺りゃあの自信作だっ!」  ボックスを机の上にドシンッ! と乗せた。  そして、ゆっくりと蓋が開かれる……。  中から禍々しい白の煙が漏れ出た。 「さあ好きなのを選びな……」  くっ! もう手遅れなのか。  俺は悔しさから瞼を閉じる。  ミハイルを守れなかったたことが辛くて……。 「うわぁ☆ 美味しそう! じゃあ、オレこのチョコアイスが良い!」  えっ? 「いい目してんじゃねーか。俺りゃあが作った自信作だからよぉ。トッピングするか?」 「うん☆ じゃあバナナとナッツをお願い☆ ホントにタダでいいの?」 「おおよ、今日だけだからなぁ。ヒヒヒッ、このことは蘭ちゃんには内緒な」  俺は机から転び落ちて、床に頭を強くぶつけた。  モノホンのアイスだったんか……。 「なんだ? 琢人も食いたくなったか? しょうがねーヤツだ。今日だけだぞ? 他の子たちも今日だけサービスしてやる。俺りゃあのアイスはオーガニックで身体にいいし、トッピングも豊富だぜぇ、ヒッヒヒ……」    それを聞いて今まで脅えていたクラス中の女子たちが、夜臼先輩の元にむらがる。 「ヒッヒヒ、これだからアイスの売人はやめられねぇーな。琢人、お前はなんのアイスが良いんだよ?」 「じゃあ……バニラで……」  あとで話を聞くと、夜臼先輩は校舎で無断でアイスを販売していた為、三ツ橋高校に通報されて捕まったらしい。  妻子持ちの善良な福岡市民でした。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません