作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「あの……タクトさんはミーシャちゃんと、どういう関係なんです?」 「え? 俺とミハイル?」  って、お前が本人なのに、どんな設定なの?  今日はリア充どもの仮装パーティーなのかもしらんな。  ま、告白をフッた罪悪感もあったことだ。  一日ぐらいミハイルの戯れに、付き合うのも悪くない。 「俺とあいつは友達……かな?」  なぜか頬が熱くなる。 「そうですか☆ ミーシャちゃんにお友達ができて、安心しました☆」 「え?」 「あの子、いつも私とお姉さんとしか、遊びませんから☆」  それ自分でいう? 悲しくない? 「そ、そうか……ところで、今日はこれからどうする?」 「タクトさんの行きたいところが、いいです☆」  ニッコリと笑う天使……(♂)  なんかドキが、ムネムネするから、やめてくださいますか?  素のミハイルさんじゃ、ダメだったんですか……。 「じゃ、じゃあ『カナルシティ』はどうだ? あそこなら一日遊べる」  カナルシティとは、博多駅から徒歩10分ほどの複合商業施設である。  ファッションからグルメ、映画など全て揃っている建物だ。  リア充はこぞって、ここを休日の場所として選ぶことも少なくない。  それに現在は、外国人の方々もよく遊びに来る。 「わぁ! 私、『カナルシティ』いったことないんです☆ いきたい!」 「そ、そうか。ならば、俺についてこい」 「うん☆」  博多駅からまっすぐ『はかた駅前通り』を直進する。  今日はなぜか、ミハイルこと古賀アンナちゃんは、行きかう男どもを釘付けにさせる。  俺以外の、人間も彼を『女』として認識しているようだ。  いや、誤認というべきか……。 「みろよ、あの子! 可愛くね!?」 「うわぁ、俺タイプだわ……」 「つーかさ、連れの男がないわ……」  最後の一言いるぅ!? 「あの、タクトさんって『世界のタケちゃん』が好きなんですか?」  首を傾げるアンナ。 「え? ……ああ。俺がこの世で一番尊敬している人間だ」  って、お前知っているくせに!  はかた駅前通りをまっすぐ歩くと、緑で覆われた建物が見える。  これがカナルシティの入口だ。  数年前に『カナルシティ イーストビル』という別館が作られ、より目立つ建物になった。 「うわぁ、キレイな建物ですね☆」 「そうか? それより、アンナ……ちゃん?」 「あ、私は『アンナ』と呼んでください☆」 「む……ま、待て。ならば、敬語はやめてくれ。俺もアンナと呼ぶから『タクトさん』ってのもなんか正直、嫌だ」  言っていて、自分で恥ずかしくなっちまったよ。  なにこれ、男同士でなに自己紹介しあってんの? 「じゃあ、タクトくん☆ これでいいかな?」  その笑顔……やめて……。  食べちゃいたいぐらい、可愛すぎる。 「お、おう。じゃあアンナ。カナルシティのどこにいく?」 「タクトくんが決めて☆」 「え?」 「だって私、田舎育ちで全然わかんないもの」  そういうアンナはどこか寂しげだ。  ていうか、マジでミハイルさんも、カナルシティ来たこと、ないんけ? 「了解した、ならば、映画を見よう」  これって初デートのテンプレだよな? 「うん☆」  イーストビルのエスカレーターに乗り、2階に上る。  そのまま歩いていると、本館に繋がる渡り廊下が見えた。    本館に入ると今話題の『アヴァンゲリオン』のフィギュアがお出迎えだ。  汎用イケメン型決戦機AVA初号機様である。  近年、リメイクが行われ、またブームが再燃しているようだ。 「これって、プラモデル?」  え? 知らないの? あのAVAだよ! 「アンナはアニメに詳しくないのか?」 「アニメ? アニメはえっと、スタジオ『デブリ』とか、夢の国の『ネッキー』とかなら、知ってるよ☆」  そこの設定は、そのままなんかい! 「そ、そうか。これはAVAと言ってだな。すごい兵器なんだぞ」 「ふーん。ロボットなの?」 「……」  なにかと、リア充や非オタクたちは『機械』や『ロボット』という単語で終わらせてしまう。  説明がダルいので、俺は「映画館にいこう」とアンナを誘う。    映画館につくと若者がいっぱいチケット売り場で並んでいた。  それもそうだ、今日は土曜日。  学校が休みだったり、授業あがりの制服を着用したままの高校生たちもいる。  あとは年中暇そうな大学生だな。  これだから、俺は土日の映画館は好かん。  俺は映画は静かに鑑賞するのを楽しむ。  よって……“こげん”にわかな映画好きなどという、下等生物と同じ空間で、同じレベルで、俺の大好きな映画を観たくないのだよ!   「タクトくん? 映画、なにを見るの?」 「あ、すまん。目の前にリア充どもがいて虫唾が走った」 「リアじゅう? なあにそれ?」  そこはバカだな! 「アンナは知らなくていいことだ。映画はもう決めているぞ」 「なに見るの?」  フッ、よくぞ聞いてくれた。  本日はめでたくも、俺の生涯における師匠である『世界のタケちゃん』の新作、『ヤクザレイジ』の封切り日なのだ! 「アンナ、ここは上級者の俺に任せろ」 「うん☆」  チケット売り場に並ぶと、後ろから何やらヒソヒソ声が聞こえる。 「ねぇ、あの二人付き合っていると思う?」 「いや、ないでしょ? 女の子が弱みでも握られてんじゃね?」 「ハーフかな? わたし……あの子だったらいけるかも」  怖えな! 最後のやつ、ただの変態女だろ! 「いらっしゃいませ! 作品はお決まりですか?」  受付嬢が営業スマイルを見せる。 「うむ、『世界のタケちゃん』の『ヤクザレイジ』を高校生2枚!」 「あ、作品名だけで結構ですよ?」  笑顔で毒つくな! ムカつく店員だ! 「タクトくん……私、高校生じゃないよ?」 「え?」  そうか……ミハイルとばかり思っていたから、その『設定』を忘れていた。  しかし、ならば身分はどうする気だ、アンナ? 「私、プータローだから……」  アンナも床がお友達になっているぞ。 「あ、そうなのか……。じゃあ高校生一枚と大人一枚」  なんか地雷を踏んだ気がしたので、俺が二人分支払った。 「かしこまりました。では、チケットをお持ちになられて、エスカレーターをお登りください」  受付嬢からチケットを受け取る。 「気にするな、アンナ。無職は悪いことではないぞ? 俺の親父も無職だから安心しろ」  なんか自分で自分が悲しくなってきたよ……父さん。 「う、うん……でも映画代は払わせて!」  今日一番強気な顔だ。  ちょっとミハイルよりな顔つき。 「了解した。では1800円だ」 「はい、2000円ね」  受け取ったお札から、200円のお返しでーす。  こいつって、結構こういうところ、しっかりしているのね。  長い長いエスカレーターを昇る。  何度来ても、カナルシティの映画館のエスカレーターは楽しい。  左手を観れば、窓ガラスからカナルシティが一望でき、右手を観れば、ハリウッドスターのアートが壁一面に並んでいる。  これだけで俺はテンション爆上がりなのである。  エレベーターから降りると、さっそくチケットもぎりの女性スタッフが笑顔でお出迎え。 「チケットをお願いします」  二人分のチケットを手渡すと、半券を返される。  ちなみに、俺はこの半券をコレクションしてしまうクセがあるのだ。  メインフロアに入ると、香ばしいポップコーンが空腹をあおる。 「うわぁ~ いい匂い☆」 「ふむ、映画にポップコーンは必需品だからな。買っていこう」  俺はアイスコーヒーを選び、ポップコーンはキャラメル味と塩味のハーフ&ハーフを頼んだ。 「アンナはどうする?」 「私は……んと、カフェモカで☆」  可愛らしいご趣味で。  トレーを受け取ると、『ヤクザレイジ』のスクリーンを探す。 「ここだ。入ろう」 「うん☆ どんな映画か知らないけど、タクトくんの好みなら楽しみ!」  今、サラッとタケちゃんの映画、ディスってませんか?  ねぇ、アンナさん!  スクリーンに入ると、休日もあってか、満席に近かった。  客層といえば、ご老人や本業らしき御仁も確認できた……。  さすがはタケちゃんだ! 渋いぜ!  俺とアンナは、真ん中あたりの席に腰を下ろした。 「ところで、タクトくん。この映画ってどんな内容なの?」  そこから!? 「ま、まあ……見ていればわかるさ。タケちゃんの映画はイイぞ~」 「そっかぁ、ポップコーン食べてもいい?」 「おう」    ブーッ! という、開幕の音と共に、俺とアンナは仲良く一つのポップコーンを食べはじめた。  そういえば、こういうカップルらしいこと初めてだな……。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません