ひどく眩しい恋をした
1
1
恋愛•ラブコメ 全1話 完結済み 第一回 夜見ベルノ小説大賞応募作
都会とは無縁の遠い遠い何処か。 高校生の渋川雫は、父の紹介で教育実習にやってきた苑瀬という若い男性のたった一人の生徒になる。 キャッチコピー 希望も再生も水面の底に置いてきた PR その恋は泡のように儚くて、太陽のように眩しかった

作品をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません