作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

3-1. 宇宙サイズの蜘蛛  隣の席の二人連れが何やら揉めている。 「それは女神様に失礼です!」  金髪碧眼へきがんの少女が大学生風の男に怒った。  レヴィアはチラッとそちらを見ると、 「あれ? 異世界人じゃな……」  と、つぶやいた。 「異世界人って、私たちみたいな?」  オディーヌが小声で聞く。 「そうじゃ……、あー、ミネルバのところの子じゃな。さすが田町、いろんな星の人がおる」 「この街はそんなに特別なんですか?」 「宇宙をつかさどる組織があるんじゃよ。いわば全宇宙の中心じゃな」 「全宇宙の……中心……」  あまりに壮大な話にオディーヌは絶句する。      ◇ 「それで、今日は何するの?」  シアンはニコニコして言う。  レオはミルクを飲みながら、 「土地を整備したいなと思うんだけど……」 「おぉ、国土ね。レヴィアできる?」 「はいはい! ちゃんと考えましたよ。あの辺は標高五百メートルくらいの山が連なっておりますので、地下に太いパイプを通してですね、液状化させて土砂を全部海へと流してしまおうと思っております」  レヴィアは自信ありげに言った。 「どのくらいかかるの?」 「一週間もあれば」 「僕が10分でやってあげるよ」 「へ!?」 「蜘蛛くもでドーン! って」 「蜘蛛くも……ですか? 十キロ四方の山地ですよ?」 「まぁ、見ててよ」  シアンはうれしそうに言うが、レヴィアは渋い表情をしていた。         ◇  神殿に戻ると、シアンはみんなをコテージに入れ、コテージごと転移させて国土予定地の上空に跳ばした。 「うわぁ!」  窓からの景色にレオが驚く。  青々とした山々の稜線と谷が、編み込まれるように連なりながら海まで続いている。家もなければ人の手が入った形跡もない。 「この山地が僕たちの国になるの?」  レオはシアンに聞いた。 「そうだよ、見ててごらん」  シアンはニコッと笑ってそう言うと、 「『クモスケ』カモーン!」  そう叫んで、澄み切った青空に向かって両手をフニフニと動かした。  すると上空空高く、真っ青な青空の向こうから、白く霞みながら何か巨大なものが下りてくる……。 「蜘蛛……、なの?」  レオが不思議そうに聞くと、シアンは、 「そうだよ、可愛い奴だよ」  そう言って嬉しそうに笑った。  下りてきた蜘蛛はどんどんと大きくなり、その異常な巨大さをあらわにする。確かに形は蜘蛛だった。  しかし、それでもまだはるか彼方上空、青空の向こう側なのだ。 「え? すごく大きくない?」  レオはビビる。  さらに下りてきて、ようやく青空のこちら側に見えてきたときには、足の太さだけで数キロメートルはあろうというとんでもないサイズになっていた。 「ええっ!?」「ひゃぁ!」「うわぁ……!」  一同、唖然あぜんとしながらその超巨大蜘蛛の姿に圧倒される。  やがて蜘蛛は海の上に降り立ち、その衝撃で津波が発生して海岸線を巨大な波が洗っていく。そして、程なく衝撃波がコテージを襲った。  ズン!  という音と共にコテージが大きく揺れる。 「うわぁ!」「キャ――――!」  叫び声が響いたが、シアンは気にもせずに、 「全長253キロメートル、僕のペットだよ」  と、うれしそうに紹介した。 「ぺ、ペット……」  レオは絶句した。  蜘蛛はあまりに巨大すぎて、上部はまだ宇宙にいる。直径数キロの足は雲をはるかに超え、宇宙までまっすぐに伸びているのだ。  その圧倒的なスケールに一同は言葉を失い、ただポカンと口を開けて宇宙まで届く巨大構造物を見つめていた。 「さて、整地しよう。クモスケ、カモーン!」  そう言って、シアンはクモスケに指示を出した。  太さ数キロもある足がゆっくりと持ち上げられ、山地の方へ移動してくる。見た目ゆっくりではあるのだが、それはあまりに大きすぎるからであって、実際の速度は音速を超えている。  そして、山地上空から一気に足を下ろし、蜘蛛の足は山地にめり込んだ。  直後、衝撃波と共に轟音が響き、コテージは大きく揺れ、ビリビリと振動する。 「ひぃ!」「うわぁ!」  レオとオディーヌは窓枠にしがみつき、何とか耐える。  蜘蛛がゆっくりと足を持ち上げると、そこには直径数キロの巨大なクレーターができていた。 3-2. クモスケの逆襲 「よしよし」  シアンは満足そうにそう言うと、さらにクモスケに指示を出してクレーターの隣に足を下ろした。  再度揺れるコテージ。  また、クレーターが増えた。 「ちょっと待ってください、これじゃ穴だらけで土地としては使えないですよ」  レヴィアが突っ込む。 「うーん……。じゃ、ちょっとならしてみるか……」  シアンはそう言って、目をつぶった。  クモスケは下ろした足をそのままに海の方へとズズズズ! と動かしていく。  巨大なU字の谷が海まで伸びる。 「谷でも使いにくいですよ」  レヴィアがクレームを入れる。 「じゃあ……」  シアンはさらに複雑な指示をクモスケに与える。しかし、クモスケは止まったまま動かなくなった。 「おい、クモスケ! どうした!」  シアンはそう言ってフニフニと両手を動かした……。  すると、クモスケはいきなり足をコテージへと向かって高速に動かし始める。 「へっ!?」  焦るシアン。  グングンと迫ってくる巨大な足はもはや迫る絶壁だった。 「うわぁ!」「ひゃぁ!」「ひぇぇ!」  悲鳴が響き渡るコテージ。 「こんちくしょう!」  悪態をつきながらシアンはコテージを転移させ、間一髪直撃を免れる。 「何すんだよぉ!」  プリプリと怒るシアン。  勢いよく飛んだクモスケの足は、そのまま向こうの火山に直撃した。 「へっ!?」  蒼ざめるレヴィア。 「あそこって、もしかして……」  オディーヌが冷や汗を垂らしながら言う。  クモスケの足はレヴィアの神殿ごと火山を吹き飛ばし、後には巨大な穴が広がって下からマグマが湧き出していた。 「ありゃりゃ……」  シアンは額に手を当てる。 「ちょっと! 困りますよ! あそこ、二千年も住んでたのに……、うわぁぁぁ!」  ひざから崩れ落ち、泣き出してしまうレヴィア。  シアンはしゃがんでレヴィアの背中を優しくなでながら言った。 「ゴメンゴメン、ちゃんとした神殿作ってあげるからさ」 「あそこが気に入ってたんです! うっ……うっ……」  レヴィアは涙をぽたぽたと落とした。 「ゴメンよぉ……。でも、火山もう無くなっちゃったからなぁ……」  シアンも困り果てる。  レオはそっと泣きじゃくるレヴィアにハグをした……。  コテージにはレヴィアのすすり泣く声が響く。  シアンはいろいろと考え、 「じゃ、ここの山に復元してあげるよ。パルテノン神殿みたいな荘厳な奴をバーンと建ててその下にさ」  と、提案した。 「パルテノン神殿?」 「こんな奴」  そう言ってシアンは白亜の柱が整然と並んだ神殿の立体映像をポンと出した。 「……。まぁ……、綺麗……ですな」 「これをそこの山に建てて、地下にいままでの神殿のコピーを移築。これならいいでしょ?」  シアンはニコニコして言った。  レヴィアはしばらく腕を組んで考え込む。 「これ、凄い綺麗だね……」  レオは瞳をキラキラさせながら立体映像をのぞき込んだ。 「お主はこういうの……好きか?」 「うん!」  レオはニコニコしながら言った。 「まぁ、それなら……、こういうのもいいかもしれんな……」  レヴィアは目を閉じて、受け入れた。  シアンは金髪おかっぱのレヴィアの頭を優しくなでて、 「ゴメンね……」  と、謝った。 「いや、お見苦しい所をお見せしました……」  レヴィアは泣きはらした目をぬぐいながら頭を下げた。  シアンはスクッと立つと、 「クモスケは退場!」  そう言って、巨大蜘蛛に両手を向け、何かをつぶやいた。  すると蜘蛛は浮き上がり徐々に上空へと上がっていく。  途中、足を動かして衝撃波を放ちながら抵抗していたが、シアンの力には敵わず、宇宙へと帰って行った。 3-3. 都市計画 「で? これどうするんですか?」  オディーヌがシアンに聞く。  眼下にはボコボコに荒らされた地面が広がっていた。 「これは……うぅん……」  レヴィアもその無残な姿に引いている。 「大丈夫、こうするんだよ」  シアンはそう言うと、両手を地面に向けて、 「クリアグランド!」  と、叫んだ。  すると、閃光が走り、天も地も激しい光に覆われ、レオたちはたまらず目を覆った。  ズン! ズン! と激しい重低音が響き渡り、コテージもビリビリと震える。  しばらくして光が収まり、レオたちが恐る恐る様子を見ると、十キロ四方のボコボコの荒れ地は真ったいらの更地となっていた。 「へ?」「え?」「うわぁ!」  驚く三人。 「これで完璧でしょ?」  シアンはうれしそうに言った。 「最初から……、これで良かったのでは?」  レヴィアは肩を落としながら言った。 「うーん、コマンド一発ってロマンが無いんだよねー」  首をかしげるシアン。  レヴィアは目をつぶり、首を振った。 「あそこはクレーターが残ってるよ」  レオが指さす。 「あそこは湖にするんだ。水源近いからあそこに水をためると便利そう」  と、シアンは答えた。  確かに削られた山のガケからは水が湧き出し、クレーターに流れ込んでいくのが見える。 「じゃあ、クモスケ湖だね!」  レオはうれしそうに言った。 「あんな奴の名前なんか付けなくていいよ!」  シアンはプリプリしながら答える。 「じゃあ、あしの湖?」 「うーん……、まぁ、レオが好きに決めて」  シアンは興味なさそうだった。 「よーし、じゃぁ『脚の湖』で!」 「変な名前……」  オディーヌは渋い顔でつぶやく。     ◇ 「島はどうするんですか?」  レヴィアはシアンに聞いた。  シアンはニコッと笑うと、海の方に両手を向けて、 「デヴアイラン!」  と叫んだ。すると、海がいきなり盛り上がっていく。やがて、津波が辺りの海岸を洗い、同時に五キロ四方ほどの広大な四角い埋め立て地がせりあがって、現れた。   「うわぁ! もう何でもアリだね……」  レオが驚いて言う。 「我のやる事、ない気がするのう……」  レヴィアは首を振りながらつぶやいた。 「何言ってんの、これからが大変だよ! 上下水道、道路に橋に建物! やる事いっぱい!」  シアンはうれしそうに言った。  そして、コテージを地面に着陸させる。  丸太でできた素朴なコテージはスーッと地面の方に下りてくると、速度を落としながら……でも最後は派手に地面とぶつかってズン! と音を立てて大きく揺れた。  レオとオディーヌは外に駆け出す。  茶色の地面はどこまでも真っ平に広大な平野を形作っていた。 「うわ――――!」「すごぉい!」  二人は目をキラキラさせて辺りを見回し、両手をあげて、 「ここが僕らの国だ!」「やった――――!」  と、叫んだ。  まだ何もないただ広いだけの土地だったが、二人には夢のいっぱい詰まった希望の大地に見える。ここに多くの人が夢を紡ぐ希望の王国を打ち立てるのだ。  レオもオディーヌもうれしくてうれしくて、手を繋いでピョンピョンと飛び跳ねた。        ◇  シアンは棒で地面にガリガリと四角を二つ描いて言った。 「はい、王様に大臣! 区画を決めてね~」 「区画?」  レオが首をかしげると、オディーヌは、 「土地の使い方ってことよね? 住宅地とか商業地とか……」 「そうそう、島の方は工業と貿易、こっち側は農地、住宅地、商業地、公園かな?」  シアンは棒で地面をつつきながら言う。 「なるほど、じゃあ、住宅は海沿いに……」  レオがそう言うと、 「海沿いは風が強いからおすすめせんぞ」  と、レヴィアが突っ込んだ。 「うーん、じゃ、公園?」  レオがそう言いながら、ガリガリと棒で線を引いて『こうえん』と書いた。 「次は商業地かしら?」 「じゃ、この辺はお店とかだね」  レオは商業地を書き足した。 「その周りが住宅地で、周辺は公園作って、残りは全部農地……かしら?」  オディーヌは、首をかしげながら言う。 「良いと思うぞ。じゃあ、道を引いてごらん」 「道? うーん、どう引いたらいいんだろう……」 「貸して!」  そう言うと、オディーヌは棒を手に取り、大胆に一本、ガリガリと二つの四角を貫く線を描いた。 「これが幹線道路。昨日見た国道十五号線みたいな道よ!」  自信たっぷりにそう言った。 3-4. 最初はタワマン 「まぁ、それは正解じゃろうな」  レヴィアもうなずく。 「へぇ、オディーヌすごーい!」  レオはうれしそうに笑った。 「そして次はこうよ!」  気を良くしたオディーヌは幹線道路に直角に、商業地を貫く線を引く。 「うんうん、いいね!」  レオはこぶしを握って喜んだ。 「でも……。この次は難しいわ……」 「そう言う時はこうじゃ」  レヴィアは棒を取ると、中心部は碁盤の目状に、周辺部は放射状に線を引いた。 「なるほど、さすがレヴィア様!」  オディーヌは笑顔で言った。レヴィアは上機嫌で、 「一辺が十キロだから、太い道は五百メートルおきにするか……」  そう言いながら一旦線を足で消して再度描きなおす。 「そして、細い道を補完的にこうじゃ……」  そう言って緻密に線を描き込んでいった。 「わぁ! すごい、すごーい!」  レオは大喜びである。 「はい、じゃあ、次は建物ね。最初はタワマンからー」  そう言ってシアンは、レゴブロックみたいな四角い棒をニ十本出してレオに渡した。 「え? タワマン?」  棒を受け取りながら首をかしげるレオ。 「五十階建ての高層住宅だよ。これ一本で五千人が住めるんだ」  シアンはニコニコしながら言う。 「え!? ちょっと待ってください。ここにタワマン立てるんですか!?」  焦るレヴィア。 「だって十万人住むんでしょ?」 「うちの星では最高が五階建てなんです。ちょっとオーバーテクノロジー過ぎません?」  レヴィアは冷や汗を浮かべながら言う。 「レヴィアは細かいなぁ……。ドラゴンなんだからガハハハ! って笑ってればいいんだよ」 「ガハハハ……ですか……」  そう言ってる間にも、レオはタワマンを住宅地に建て始めた。 「綺麗に並べたいね」  レオは目をキラキラさせながら、タワマンの棒を近づけたり離したりして配置に悩む。 「商業地を囲むようにしたらどう?」  オディーヌが声をかける。 「そうだねぇ……。商業地には何を建てるの?」  レオがシアンに聞く。 「何建てようかねぇ、ショッピングモールにオフィスビルにスタジアム……それから美術館?」 「学校は?」  オディーヌが聞く。 「学校は住宅地の公園側がいいんじゃないかな? 病院も」  そう言いながら、シアンはいろんな形のブロックを取り出して地面にバラバラと転がした。 「わぁ! すごい!」  レオは喜んでブロックを見ながらイメージを膨らませていく。 「この長細いのは何?」  オディーヌがシアンに聞く。 「これはオフィスビルだね。僕たちの事務所や会議場とかも中に作ろうかなって」 「ずいぶん……、高いビルですね」 「二百階建てだよ」  シアンはニコニコして言う。 「シアン様、それはさすがに……」  レヴィアは渋い顔をして言った。 「君はガハハハ! って言ってなさい」  シアンはレヴィアをにらむ。 「……。ガハハハ……」  レヴィアはうなだれながら言った。  この後、倉庫や工場などのブロックも並べていった。        ◇  ブロックを並べ終わると、シアンは満足そうに街並みを眺め、 「それでは動かしてみるよ~」  と、言って両手を地面に向けた。  すると、プロジェクションマッピングのように地面に映像が投影される。それは自動車が走り、人が動いているシミュレーション画像だった。人はタワマンからたくさん湧き出して、それぞれショッピングモールやオフィスビルに行き、また、バスに乗って工場の方へ移動していく。 「わぁ! すごい!」  レオはキラキラした目で人の動きを追った。 「あれ? ここで人がたまっちゃったわ」  商業地への太い道で、渡ることができずに多くの人がたまってしまっている。 「横断歩道では数万人はさばけんのじゃな」  レヴィアが言う。 「じゃあ、立体交差だな」  そう言ってシアンは板を商業地域の道の上にかぶせる。  すると人の流れも車の流れもスムーズになった。 「この板は何ですか?」  オディーヌが聞く。 「ここは二階の高さがずーっと続く通路だよ。下には道がそのまま通ってるんだ」 「バッチリだね」  レオはうれしそうに言った。 3-5. チートな風力発電 「ずいぶんとコンパクトな街になりましたなぁ……」  レヴィアが腕組みしながら街を眺める。 「タワマンに詰め込んじゃったからね」  シアンが言う。  確かに住宅地がタワマン二十本で終わってしまっているので、都市の主要機能は一キロ四方にほとんど入ってしまっている。 「これ……、上手くいきますか?」  レヴィアは首をかしげながら聞いた。 「さぁ? やってみよう!」  シアンはそう言うと両手をバッとあげた。  すると、一行の周りのあちこちから轟音が上がり、タワマンがニ十本、ニョキニョキと下から生えてきた。 「へっ!?」「すごーい!」「うわぁぁ!」  驚く三人。  生えてきたタワマンはきっちり五十階、青空にどこまでも高く伸び、威容を放ちながらみんなを囲んだ。各階には丁寧に作られたベランダがあり、オレンジ色を基調としたタイル張りでスタイリッシュなデザインが見事だった。大きな窓ガラスが陽の光を反射しその存在感を際立たせる。 「空からも見てみよう!」  シアンはそう言うと、レオとオディーヌを両脇に抱えてツーっと飛んだ。タワマンの間をすり抜けながら徐々に高度を上げていく。 「うわぁ~」「見事ね……」  二人とも先進的なビルの作り、デザインにとりことなる。  角部屋は全面ガラス張りで中の様子が少し見える。中にはすでに家具が配置されており、すぐにでも住み始められそうだ。  どんどんと高度を上げていくと、さっき置いたブロック通りの配置になっているのが分かる。だだっ広い平原に建つニ十本のタワマン。それはさっきまで何もなかった原野をあっという間に先進都市へと変えてしまった。 「これが……僕の国……?」  レオがつぶやく。 「どう? 気に入った?」  シアンがニコニコしながら聞く。 「うん! 最高! 僕は丸太小屋を、みんなで作っていくのかと思ってたんだ」 「ははは、いまから丸太小屋四万戸に変える?」 「いや、これがいいよ。新しい国なんだもん、こうでなくっちゃ!」  レオはうれしそうに答える。 「確かにこれ見たらみんな驚くわ。新しい事をやろうとしていることがビシビシ伝わってくるし、とてもいいかも……」  オディーヌは瞳をキラキラさせながら言った。  二人ともタワマンの威容に感動しながら、しばらく林立するタワマン群を見入っていた。       ◇ 「もう住めるの?」  地上に戻ってきたレオはタワマンを見上げながら聞いた。 「住めちゃうんだなこれが」  うれしそうにシアンは言った。 「いやいや、電力無かったら住めませんよ。上下水道も……」  突っ込むレヴィア。 「レヴィアは細かいなぁ……」  シアンはそう言いながら、海の沖の方に両手を向けて何かつぶやいた。  すると、上空はるか彼方から何かが下りてくる。 「あれは何?」  レオは海の方を見あげ、手で日差しをよけながら聞く。 「風車……なの?」  オディーヌは不思議そうに言う。 「そう、風力発電だよ」  そう言いながらシアンは三本羽根の風車を次々と十本、沖に建てた。 「ちょっと……、大きくないですか?」  レヴィアが不思議そうに聞く。 「高さ一キロメートル、一本で百MWの発電量だよ。」  シアンはドヤ顔でいう。 「一キロ!? 技術的にそんなもの作れるんですか?」 「物理攻撃無効属性つけたから、台風来ても大丈夫だよ」  ニコニコしながらそう言うシアン。 「……。チートだ……。ガハハハ……」  思わず天をあおぐレヴィア。  続いてシアンは、ツーっと飛びあがって道の予定地の上へ行くと、エイッ! と言って両手を道に沿って振り下ろした。すると、ズーン! という地響きが起こり、人が入れるくらいの大きな溝が何キロにもわたって一直線に通った。続いて赤い魔方陣を展開すると、溝へ向けて鮮烈な熱線を照射しはじめる。 「きゃははは!」  うれしそうな声が響き渡り、溝からはジュボボボボ! という土が溶ける音と共に焼け焦げた臭いが漂ってくる。 「これは……何?」  レオが怪訝けげんそうな顔をしてレヴィアに聞く。 「共同溝じゃな、電気、水道、光ファイバーなどを通すんじゃろう」  シアンは飛び回りながら次々と道に溝を掘っては熱線で固めていく。  しかし、主要幹線道路だけでも数百キロメートルに及ぶ。それは大変な作業だった。  三人は超人的なシアンの工事を眺めていた。 「これが出来たらあそこに住めるんですか?」  オディーヌはレヴィアに聞く。 「浄水場と下水処理場と、後は風車からの電気の配線じゃなぁ」  レヴィアがそう答えると、シアンがツーっと飛んできて言った。 「じゃあ、それ、レヴィアよろしく!」 「えっ!? 規格とかは?」 「適当に決めて。日本クオリティでよろしく! きゃははは!」  そう言ってまた飛び立っていった。  唖然あぜんとするレヴィア……。  しかし、シアンばかりに活躍させてもいられない。ドラゴンとしての誇りもあるのだ。子供たちにいい所を見せておかねば。 「ぬーん、浄水場……十万人分じゃろ? どのくらいのサイズじゃ? 一人毎日二百リットルとして……、商業施設が……、うーん……」  レヴィアはぶつぶつとそうつぶやきながら、『脚の湖』の方へと飛んで行った。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません