作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

4-1. 建国宣言  それから一カ月、住民は二万人を超え、スラムからだけじゃなく、平民も参加してくれるようになった。特に手に職を持った職人が、アレグリスの先進的な工業にひかれてやってくる人が出てくるようになり、国としての安定感が出始めてきた。  そして今日はアレグリスの設立記念式典の日だ。  スタジアムに全国民を集め、レオが建国を宣言する。  スタジアムに二万人の人たちが集まり、巨大動画スクリーンを背景に設置された特設ステージを見つめていた。  オディーヌがステージに現れ、照明が当たり、巨大スクリーンにその美貌が余すところなく表示された。 「それでは、アレグリス初代国王、レオ=アレグリスの登場です!」    するとスタジアムの上空に巨大な影が走った。何だろうとみんなが見上げるとそれは巨大なドラゴンだった。  巨大な羽根をはばたかせ、厳ついウロコを誇示し、減速しながらステージへと降りてくる。その巨大な鋭い爪と恐ろしいギョロリとした燃えるような瞳に観客席の住民たちは凍り付き、戦慄が走った……。  そのドラゴンの背中に動く小さな人影……レオだった。レオは黒いスーツに身を包みみんなに手を振っている。  ドラゴンがステージの前に着地する。  ズズーン! とスタジアムが揺れた。そして咆哮を一発。  ギュァァァァ!  その恐るべき重低音は住民たちの腹の底に響いた。  レオは、ピョンとステージの上に飛び移り、 「レヴィアありがとう」  そう言ってレヴィアに声をかけると、レヴィアはウインクをする。そして、バサッバサッと巨大な羽根をはばたかせると大きく飛び上がり、一気に青空へと消えていった。  レオはマイクの前に進むと、観客席をぐるっと見回した。自分を信じてやってきてくれた二万人もの住民たち。その光景はレオにとってまるで夢のようで、思わず胸が熱くなる。 「国王、ご挨拶をお願いします」  オディーヌが声をかける。 「みなさん、こんにちは!」  元気よくレオが声をあげた。  ウオォォォォ!  住民たちは可愛いレオの挨拶に歓声で答えた。  レオはそんな住民たちをニッコリと笑いながら見回し、手を大きく振りながら言った。 「みなさん、来てくれてありがとう!」  オォォォォ!  さらにひときわ大きな歓声が巻き起こった。  レオはその歓声を浴びながら、自分のやってきたことは正しかったのだという確信を得て、胸が熱くなった。  そして語りだした。 「僕は何もできないただの子供です。でも、理不尽な苦痛はこの世界からなくしたい、その想いの強さだけは負けません。そして、この想いに賛同してくれた仲間たち、彼らが僕に力をくれました。そして今日、こんなにたくさんの皆さんを迎え、一人の子供の思い付きが現実の国となり、大いなる一歩を踏み出すことができました!」  パチパチパチ!  住民は拍手で応える。  レオは観客席を見回し、大きく息をつくと、ピンと右手を高く掲げ、 「今日、ここに、アレグリス共和国建国を宣言します!」  と叫んだ。  ワァァァァ!  上がる大歓声。そして上空で花火がポン! ポン! と破裂する。  レオは思わず涙をポロリとこぼした。物心ついた頃にはもう朝から晩まで労働を強いられ、理不尽な暴力におびえていた日々を思い出したのだ。自分だけじゃない、道端に餓死した浮浪児が転がされていたのは何度も見た。人権のない社会、それはもう終わりにしなければならない。そしてこれが解決への大いなる一歩なのだと感慨を新たにした。  建国の式典は無事終わり、その後、各部門の担当者から業務内容の紹介と人材募集のプレゼンが行われていった。 4-2. 告げられた真名  控室にレオが戻ってくると、シアンは満面の笑みでレオに駆け寄ってハグをした。 「よくできました。カッコよかったよ」 「ありがとう、シアンのおかげだよ」  レオもうれしそうにシアンを抱きしめた。  二人はしばらくいろいろな出来事を思い出しながら、お互いの体温を感じていた。  すると、シアンはそっと離れ、 「賭けは君の勝ちだ。立派になったね。もう僕の役割も終わりだよ」  そう言ってちょっと寂しそうに微笑んだ。 「えっ……? まだ……、まだだよ。まだ人が来ただけじゃないか!」  レオは終わりを告げるシアンに、不安を覚えて叫ぶ。  シアンはゆっくりと首を振ると、 「僕を待ってる星は百万個もあるんだ……」  そう言って目をつぶった。 「いやだよぉ!」  レオはシアンに抱き着いた。  シアンは愛おしそうにレオの頭をなでると、レヴィアの方を向いて、 「後は任せたよ」  と、静かに言う。  レヴィアは胸に手を当て、 「かしこまりました」  と、言ってうやうやしく頭を下げた。 「えっ! やだやだ! いかないで――――!」 「楽しかったよ。またいつか……、会えるといいね……」  シアンは目に涙を浮かべながら言う。 「ダメダメ! そうだ、お酒飲みに行こうよ! エールを樽でさ!」  レオは必死に引きとめる……。  シアンはゆっくりと首を振ってうつむいた。  そして、静かに耳元で、 「ありがとうレオ。僕の本当の名前は『シアノイド・レクスブルー』。秘密だよ」  そう言うと、レオの頬にチュッとキスをする。  そして、愛おしそうに 「さようなら……」  と言うと、すうっと消えていった。 「えっ!? シアン……。ウソだよね……え……?」  呆然と立ちすくむレオ……。そして、 「うわぁぁぁ! シアン――――!」  そう絶叫すると、ひざから崩れ落ち、涙をポロポロとこぼした。  あの日、短剣を拾ってくれた時からずっと隣にいてくれたシアン。レオにとってもはや家族同然だった。  ブラックホールを操り、ジュルダンをアヒルにして、王宮でケーキをパクつき、一緒に東京を飛び、この街を作ったシアン。そして寝る時もいつも一緒だった。柔らかく温かく……、そして雑な宇宙最強の女の子。 「シアンのバカ――――! うわぁぁぁん!」  レオは号泣する。人目もはばからず、オイオイと泣いた。  成功する事がこんなに悲しい事だなんて……。レオは失われたものの大きさに涙がとめどなく湧いてきた。  レオはひとしきり泣くと、起き上がってレヴィアの方を向き、真っ赤な目で言う。 「なんで引きとめてくれなかったんですか……?」  レヴィアは息を大きく吐くと、レオの目を見て丁寧に言った。 「シアン様の決められたことは絶対じゃ。我のような末端に発言権などない。あのお方はお主らが考えるより、はるかにずーっと偉いお方なのじゃよ」 「そんな話じゃないよ……。一言だけでも……、引きとめて欲しかったのに……」  レオはそうつぶやくとガックリとうなだれ、また泣きじゃくった。  オディーヌはレオにそっと近づき、優しくハグをする。  時折会場からの地響きのような歓声が届く中、控室にはしばらくレオの嗚咽おえつが響いた。 4-3. 原理主義者の暴走  モチベーションの高いスタッフ、住民の献身的な努力のおかげで、アレグリスはどんどん整備が進んでいった。工場も農場も希望者に貸し出し、住民たちが自発的に生産を行うようになっていって経済も自発的に回るようになってきた。  そしてアレグリス産の産品は各国で高い評価を受け、高値で売れるようになってくる。そうなると、移住希望者も増え、さらに生産力は上がっていく。また、アレグリスで新たな命も生まれ始め人口も順調に増えていった。  その日、ヴィクトーは兵器工場の所長を部屋に呼んだ。 「製造は順調かね?」  ヴィクトーは切り出す。 「自動小銃AK47は無事量産に入りました。構造が簡単なので出来もまずまずです」 「それは良かった。で、それを千丁急ぎでお願いしたい」 「え!? 契約では百丁……ですよね?」  驚く所長。 「急遽方針が変わったのだ」  ヴィクトーは力強い目で所長を見すえた。 「えっ!? でも、防衛するのに千丁も要らないのでは……? AK47の性能は驚異的ですよ。百丁もあればどこの国の軍隊も瞬殺できる程かと……」  不安そうな所長。 「心配しなくていい。これは国王陛下のご意向なのだ」 「レオ様の……。そうであれば……問題ないですが……」 「いいかね? アレグリスは人類の未来を担う国だ。万が一にも侵略を受けてはならんのだ。そのためには軍事力だ……わかるね?」 「は、はい……」 「悪いね! 至急増産体制に入ってくれたまえ。それから、グレネードランチャーRPG-7の開発も急いでくれよ」  そう言ってヴィクトーはニヤリと笑い、所長の肩をポンポンと叩いた。 「これはまた……キナ臭いのう……」  パルテノン神殿の下、地下神殿でレヴィアは頬杖をつきながら画面をにらみ、つぶやいた。  レオたちに相談もなく勝手に軍拡を進めるヴィクトー。  不気味な動きはこの後も少しずつ地下で進行していったのだった。         ◇  いよいよ初の選挙の日がやってきた。これで権限を議会へと移譲してレオの仕事は完成となる。  テレビでは候補者の公開討論会が中継され、ウソ発見器のメーターが赤に振れるたびに観衆の笑いが起こってコンテンツとしても面白い仕上がりになっていた。  投票はスマホで行われ、締め切りと同時に結果が公表される。勝ったのはヴィクトーの自由公正党だった。ヴィクトーは自警団の人脈をベースに、国の立ち上げをしっかりと具体化していった点が住民に高く評価されたのだ。また、ウソ無くスパッと断定的に言い切る話術も頼もしいと好感されたようだった。  その夜、国権移譲式典が開かれ、レオから首相であるヴィクトーにドラゴンをかたどった金のプレートが受け渡された。 「ヴィクトー、頼んだよ」  レオはニッコリと笑いながら握手をした。 「国王陛下の理想は必ずやこの私が実現して見せます!」  ヴィクトーは熱い情熱を瞳にたぎらせながら、ガッシリとレオの手を握る。  オディーヌは拍手をしながら感慨深く二人を眺めていた。  レオの掲げた理想の挑戦はついにレオの手を離れ、羽ばたいていく事になる。  もう、レオには実権は無い。ただ、国の象徴として国民に愛される存在になったのだった。 「じゃあ、我もそろそろ行くとするかのう……」 「えっ!? レヴィア様も行っちゃうんですか?」 「もともとどこか一国に肩入れするのは禁忌なんじゃ。シアン様ももうおらんし、これ以上いたら管理局セントラルに怒られるわい」 「せめてレオに挨拶を……」 「湿っぽいのは苦手じゃ。達者でやれよ」  レヴィアはそう言うと空間を切り裂いた。 「あ……。ヴィクトーは何やら企んどるぞ。注意しとけ」  レヴィアは思い出したようにオディーヌに言った。 「え? ウソ発見器では宣誓にウソは見られませんでしたよ」 「逆じゃ、レオの理想に感化され過ぎとる。過ぎた正義は暴走するんじゃ。まぁ、収まるところに収まるしかないじゃろうが……」 「暴走って?」 「ふふっ、お主ならもう分かっておろう。……。では、また縁があったら……な。楽しかったぞ」  そう言うとレヴィアは、空間の裂け目をくぐって自分の神殿へと帰っていった。 4-4. 制圧  その晩、レオは超高層ビルの執務室でぼんやりと夜景を眺めていた。眼下に広がる商業施設やスタジアムは美しくライトアップされ、多くの人が行きかっている。そして工業地帯のプラントたちも元気に稼働しており、煙突の上からは炎が立ち上り揺れていた。  多くの人の笑顔が溢れる素敵な街……、それはレオの理想そのものだった。ついにレオは夢を実現したのだった。  しかし……。  本音を言えばすごく寂しかった。ハチャメチャだけど常に元気をくれたシアン、彼女に翻弄されながらもいろいろ工夫して尽力してくれたレヴィア……。もう、彼らはいないのだ。そして、実権を失ったレオにはもう仕事もない。  理想を突き詰めたら寂しくなってしまった。頭では理解していたものの、胸にポッカリと穴が開いたように何をする気も起らなかった。 「大人ならこういう時にお酒を飲むんだろうな……」  レオはボソっとそう言って目を閉じた。  コンコン!  誰かがドアを叩く。 「はい!」  返事をするとオディーヌが入ってきた。 「レオ、お疲れ様……」  オディーヌは静かに言った。 「終わっちゃったね……」 「この星も消されずに済んだし、大成功だと思うわ」  オディーヌもレオに並んできらびやかな夜景を眺めた。 「そうだね……。でもなんだか寂しくって……」 「私も同じ……。でも慣れなくっちゃ……」  二人はしばらく何も言わず、夜景を見ていた……。 「私も……、もう帰らないといけないわ」 「えっ!? オディーヌも行っちゃうの!?」  驚いてオディーヌを見るレオ。 「だって、私はアレグリスの国民じゃないわ。ここにいる法的根拠がないのよ」 「そ、そんな……」  オディーヌが建国に果たした役割は大きなものだったが、法治国家では例外は許されない。 「引継ぎが終わり次第、ニーザリに帰るわ」  目をつぶってうつむき、そう言った。 「そんなぁ! オディーヌ、行かないで!」  レオはオディーヌの腕をつかみ、泣きそうな顔で叫ぶ。  オディーヌはレオの手にそっと手のひらを重ね、涙を浮かべながら、 「あなたはもう国王なんだから、言葉は選ばないといけないわ……」  そう優しく諭した。 「僕を一人にしないでよぉ!」  レオはオディーヌの腕にしがみついて、ポロポロと涙をこぼす。  オディーヌは何も言わずそっとレオを抱きしめ、可愛いすべすべとしたレオのほっぺたに頬ずりをした。  成功して夢をかなえたはずなのに、全てを失ってしまうレオ。 「いやだよぉ!」  その運命の非情さに打ちひしがれ、レオはいつまでも泣き続けた……。        ◇  翌日、国会が始まると、自由公正党は軍備増強の特別予算案を提出し、即時に全会一致で可決された。  それを聞いてレオは真っ青になる。  アレグリスの憲法では他国への侵略は禁止している。アレグリスの工場で作られている兵器はこの星の兵器に比べて圧倒的に先進的で、侵略など容易たやすかったが、戦争による現状変更をレオが望まなかったため日本の憲法を真似してこのようにしたのだ。  そして、防衛するのであれば、すでに十分すぎるほどの軍事力を保有していた。  それなのに軍拡を推進するという、レオはそこにヴィクトーのおそるべき野心を感じた。  レオはすぐさまヴィクトーを呼ぶ。  ヴィクトーは呼ばれる事が分かっていたかのように、すぐに執務室にやってきた。  そして、部屋をぐるりと見まわして、オディーヌや零を一瞥いちべつするとレオに堂々と言う。 「国王陛下、何かありましたか?」 「なぜ軍拡などするのですか?」  レオは単刀直入に聞いた。 「国王陛下の理想をすべての国に広げ、この世から貧困と奴隷を無くします!」  ヴィクトーは悪びれることもなくそう言い放った。 「侵略戦争はダメだよ! 多くの人が死ぬよ!」 「今、この瞬間も奴隷が過労や暴力で殺されています。彼らを救う事こそが死者を最小限にします!」 「そんなのは詭弁きべんだよ。アレグリスを成功させ、模範となって他国を少しずつ変えていくという話だったじゃないか!」 「そんな方法では何十年もかかります。武力介入すれば一瞬です!」  ヴィクトーはグッと力こぶしを握って言った。 「ダメダメ! 僕がみんなに声をかけてくる!」  レオがそう言って部屋を出ようとした時だった。ヴィクトーはパチンと指を鳴らす。  すると、武装した兵士が十人ほど部屋になだれ込んできた。 「キャ――――!」「うわぁ!」  オディーヌや零はいきなりの展開に悲鳴をあげた。  武装兵たちは銃口をレオたちに向け、執務室を一気に制圧したのだった。 「国王陛下、我々は国民代表です。国民が武力を望んでいるんです。国民主権、この国で一番偉いのは国民だってあなたが決めたんですよ?」  そう言ってヴィクトーはニヤッと笑った。  レオたちは両手を上げ、絶望の中拘束されたのだった。 4-5. 託されたカギ  オフィスビルの地下室に三人は軟禁された。 「とんでもない事になっちゃった……」  レオは頭を抱える。 「レヴィア様の警告を生かせなかった……。ヴィクトーたちはお父様たちを襲うつもりだわ、何とかしないと……」  オディーヌは真っ青になって言った。 「何とかって……何か方法あるの?」 「シアンさんかレヴィアさんを呼べれば解決ですが……」  零はそう言うものの、呼ぶ方法がない現実に肩を落とした。  レオたちはスマホも取り上げられ、外界とは隔絶されてしまっているのだ。 「何か方法ないかなぁ……」  レオが頭を抱えながら言う。  三人は黙り込んだ。  どこかの換気扇のグォーンという鈍い音が、かすかに地下室に響いている……。 「あの……、この世界は幻想だって……言ってましたよね……」  零が歓迎会の時のことを思い出して言った。 「そうね、情報でできてるって……」  オディーヌも思い出して言った。 「シアンは『知れば操作できる』と言ってた……」 「この世界を知る……、一体どうやって?」  零が聞く。 「呼吸がカギだって……言ってたわ」 「呼吸!? 知る事と呼吸と何の関係が?」 「分からないわ、でも肺が唯一動かせる内臓だって……」 「なるほど……、瞑想……かもしれないな」  零は腕組みをして言った。 「瞑想?」  レオが聞く。 「心を落ち着かせると無意識の中が見えてくるんだよ。そこがカギになってるのかもしれない」 「じゃあ、やってみよう!」  三人は零の『瞑想のやり方』の記憶を頼りに椅子に浅く座り、背筋をビンと伸ばしてゆっくり深呼吸を繰り返した……。 「なんかボーっとしてくるけど、世界のことは分からないね……」  レオが言う。  するとオディーヌが変な口調で話し始めた。 「なんじゃお前ら、捕まったのか、しょうがないのう……」 「レ、レヴィア様!? レヴィア様なの?」  レオが驚いて聞く。 「いかにも我じゃ。じゃが……、議会の総意が正義である以上、我も介入はできんぞ」 「そ、そんなぁ……、多くの人が死んじゃうよぉ!」 「それが人々の総意なら止められんのじゃ」 「レヴィア様ひどい!」 「ひどいって言われてものう……」 「瞑想するのは正解ですか?」  零が横から聞く。 「いかにも正解じゃ……。ついでに一つだけヒントをやろう。レオの短剣、それがカギになっとる。上手く使えよ」 「えっ? 短剣!?」  レオは腰のベルトに付けておいた短剣を取り出して眺めた。しかし、それはただの剣だ。瞑想でどう使うのか分からない。 「ねぇ、どうやって使うの?」 「瞑想を極めたら自然と分かるよ。これ以上は言えん。健闘を祈っとるよ」  そう言うとオディーヌはぐったりと倒れた。 「これがカギ……」  父の形見だとママに渡された短剣。まさかそれがこの世界のカギだったとは……。思いもかけなかったことにレオはしばし呆然ぼうぜんとして短剣を眺めていた。  零は、気を失ったオディーヌを丁寧に横たえると、言った。 「レオさん、カギを使いましょう!」 「う、うん……。瞑想してこれを使うとシアンみたいになれる……ってことだよね?」 「そうだと思います。ヴィクトーを止めましょう!」  レオは短剣を握り締め、再度深呼吸を繰り返した。  ス――――、フゥ――――。  ス――――、フゥ――――。  何度か繰り返すものの、雑念が邪魔をして一向に瞑想状態まで行けないレオ。 「ダメです、どうやるんですか?」  レオは泣きそうになって零に聞いた。 「焦らなくていいんです。雑念が湧いてもいいんです。雑念が湧いたら『これは横に置いておこう』って思ってまた深呼吸するといいんです」  零は以前読んだ瞑想のやり方を思い出し、伝える。 「分かったよ!」  レオは再度深呼吸を始めた。  ス――――、フゥ――――。  ヴィクトーの顔がチラついたが、それを横に流し、  ス――――、フゥ――――、と深呼吸を続けた。  やがてフワッと体が浮き、スーッと落ち込んでいく感覚がした。  レオはそのまま深呼吸を続ける……。  どんどん、どんどん、落ちて行く……。  それは今までにレオが感じたことのない感覚だった。  レオは恍惚とした表情でさらに深い所を目指す……。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません