僕はアサシンちゃんに狙われたい。
0
1
異世界ファンタジー 全3話 完結済み 第一回 夜見ベルノ小説大賞応募作
異世界ナロピアンのゾリゲン王国領土内の街。 ここに蔦に覆われた屋敷があり、そこには一人の魔術師が住んでいる。 名前はフリッツ・パウルゼン。黄朽葉色の髪を持つ彼は少々変わった性格をしていた。 人間が手を出してはならない闇属性の魔法を研究していたのだ。 闇属性の魔法は魔族が使う禁断の呪文――それに手を出すフリッツは危険人物。 そんな彼が暗殺されるターゲットにされるのは言うまでもない。 「死んでもらうぞ――フリッツ・パウルゼン」 ある晩、女暗殺者に寝込みを襲われる。 とうとう闇ギルドから刺客が来たのだ。 「今日がお前の命日だ」 今まさにフリッツの命が絶たれようとしていた。 【PR】 おかしな魔術師と女暗殺者の短編ダークコメディ。 テーマは『情念の危険性』 一方的な人の想いほど恐ろしいものはない。

作品をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません