作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 BB級ダブルバトルの初戦を勝利で飾った。  幸先の良い旋風猛竜サイクラプターの勝利と言える。  控室でルミはメットやプロテクターを外し汗を拭う。  笑顔なのは野室である。開発した機体の初勝利だからだ。  ルミにドリンク渡しながら尋ねた。 「勝利の感想は?」 「あんまり格闘技してる感じがしないんだけど」 「これからの試合は格闘能力だけじゃ限界がある。まだまだお楽しみ機能はあるからね」 「ふーん……そうですか」  一方の蓮也は興奮した様子だ。 「この勝利はデカいぞ。なんせハンエーに勝ったことは大きい!!」 「あたしの勝利より、ハンエーを打ち負かしたことが嬉しそうだな……」  まるで蓮也は、嫌いなチームに勝った時のファンのように大喜びだ。  そんな蓮也を尻目にカミラ達が控室まで来た。 「おめでとう。まずは初勝利ね」 「ざっとこんなもんさ」  ルミはドリンクを飲みながら答えた。  カミラの横には何故かいさみがいる。彼女もまた大喜びだ。 「強いね!流石はルミちゃんだね!!」 「えっ……」    おかしい、何故かいさみがいる。彼女はシウソニックの関係者ではない。 「何でいさみさんが……」  ルミの疑問は当然である。いさみの隣にいる宇井がドヤ顔でこう言った。 「僕の彼女ですからね」 「ケンちゃん照れるってば」  なんといさみは、宇井の彼女だという。  蓮也は信じられないような表情だ。 「ウソだろ」  蓮也達がドン引きしながら二人のイチャつく光景を見ていた。  一方のルミは無表情で二人を見ていた。 「彼女とな……」  今更ながら宇井がいさみと交際していることを知った。  そういえば、毘沙門館メンバーに何故か混ざっていた。  面倒だったので訊かなかったがこれで合点がいく、そういうことだったのだと。   「……というか彼女連れてくるなよ」  そして、ルミはドリンクを飲み終えると静かに呟くのであった。 ・ ・ ・  試合は終わった。スタジアムの外はすっかりと夜で人の姿はない。  星王会館の角中翼は一人ベンチに座り、携帯機で録画した映像を見ていた。  今後対戦するであろう、旋風猛竜サイクラプターの対策を練るためだ。  そんなところに一人の男が話しかけてきた。 「研究熱心ですね」 「謙信君……いや今は館長が正しいかな」  その男は毘沙門館の現館長である岡本謙信であった。 「久しぶりですね、昴君は元気ですか?」 「ええ……まあね」  二人はお互いを知るもののよそよそしい。  角中は毘沙門館に所属していたが、今は星王会館の所属で信玄の右腕として手腕を揮っている。 「裏切者の私に何用ですか?」 「裏切者だなんてそんな……」  謙信は俯きながらポツリと言った。  毘沙門館に戻って来て欲しい気持ちがあったのだ。 「少なくとも伊藤さんはそう思っていますよ」 「お、俺が何とかするよ!」 「君は優しすぎます。それでは一流にはなれませんよ」  角中はメガネをクイと上げると、携帯機をポケットに直し立ち上がった。 「角中さん戻って来てくれよ、高橋先生もいるしさ」 「謙信君……高橋先生は私を憎んでいます」 「へっ……」  高橋とは角中の師匠である高橋夏樹、昴の父親である。  そんな夏樹が自分を、角中翼を憎んでいるという。 「私は先生から、昴君を奪ってしまいましたからね」  それだけ述べると、振り返りもせず足早に去って行った。  謙信は暗い影のある角中の背中を静かに見るしかなかった。  一方の角中は夜の道を一人歩く。辺りは真っ暗で人の姿はない。 (早く帰らないとな……)  角中の足取りは何故か異常に速い。最近ある事件が起こっているのだ。  『星王狩り』  ……と呼ばれているものだ。  星王会館の幹部連中やトップクラスの選手が、仮面の男に襲撃されているという。  この間も林清十郎という、B級シングルバトルにデビューしたばかりの機闘士マシンバトラーが襲われた。  襲撃された時に足を折られたらしく、今季絶望。  林の話では襲撃者は全身黒ずくめ、顔には黒い仮面を付けており不気味な様相を呈しているという。  身長は高くもなく低くもない、男か女なのかもわからない。ただ、強いそれだけだ。  そして星王会館の幹部会では、その襲撃者をこう呼ぶことにした。 ――スターハンターと……。 「昴も襲われなければよいのですが」  メガネが電信柱の防犯灯に反射しキラリと光る。 ――ガサッ……  その時だ、足音が聞こえた。 「誰だッ!!」  振り向くと黒いフードを被った全身黒ずくめの怪人がいた。  顔は服と同じ黒いアノニマスマスクを被っている。  その怪人こそ……。 「あなたがスターハンターさんですか?」  角中の問いかけに対し、黒ずくめの怪人は無言だ。  ポケットに手を入れたままジリジリと間合いを詰める。 「……来るか」  角中は静かに構えた。  相手がどういった戦法をとるかわからないが、攻撃すればある程度解る。  これまで積み上げてきた闘いの経験と研究成果がある。  出方さえ解れば正体を知るヒントになるかもしれないと。 ――シュッ!!  前蹴り。  前蹴りが顔面へと飛んできた。  早くて鞭のようにしなる良い蹴りだ。相手は打撃系の格闘家であろうか。 「むっ……!!」  間一髪で蹴りを躱すが、前蹴りは変化して掛け蹴りへと変化する。  相当のテクニシャンだ。 ――パシッ!!  角中のメガネが飛んだ。 (今の変則的な蹴り……空手かテコンドーの経験者か)  器用な変則蹴りを披露した黒ずくめの怪人、だが打撃系と判断するには早計である。  襲撃された選手は足を折られたのだ。  これはフェイクで、本当は柔道か柔術などの組み技系の選手かもしれない。  角中は冷静になり、後ろへと後退した。  その姿を見た黒ずくめの怪人は、ポケットから手を出した。 「そ、その構えは!?」  スターハンターは半身の構えをとった。  手は開手で急所が点在するセンターラインを守っている。その構えには確かに見覚えがあった。 「円の組手……高橋門下の方ですか?」  その構えカタチは、師であった高橋夏樹が提唱する『円の組手』の構えであった。  時代と共に試合競技では不利とされ、廃れていった構えであった。 ――ブン!!  黒ずくめの怪人は、猫のように素早く攻撃を仕掛ける。  ワンツーから入り身してのアッパー、死角に回りながらの突きや蹴りを次々と放つ。  角中は捌いたり、ガードしたりすることで攻撃を防いでいく。 ――パシ……  流れるような動きの中で角中の手首が掴まれた。  ブンと小手返しをされたのだ。余りにも華麗な技前であった。 「くっ……!!」  角中は地面へと叩きつけられた。 ――グギ……  スターハンターは手首を極められたまま寝技へと以降する。  そのまま腕ひしぎ十字固めの体勢へとなった。 ――ギギギ…… 「ぐうッ?!」  肉が引きちぎれ、骨がミシミシという音と共に激痛が襲った。  コーチ業に専念するばかり、対人戦の実力が落ちてしまったことを痛感していた。  激痛の中でも角中は相手を的確に分析している。  なるほど相手は関節技も使うのか。それも柔術系の技術だ。 ――ミシミシ……  骨の軋む音がどんどん大きくなってきた。  激痛の中でも角中は疑問に思った。高橋空手や関節技を使うにしても相手は誰なのだ。  星王会館にどういった恨みを持つのだろうと思った。  名前を売りたいのであれば、このような通り魔のマネをしなくても幾らでもやりようはある。 ――ボグンッ!! 「……ッ!?」  腕が折られた。激痛が腕から全身に伝わる。 ――ハァハァ……。  スターハンターは息が上がっている。  腕は落ちたとはいえ、相手をてこずらせたということだろうか。  そのまま、黒ずくめの怪人は闇夜の中に消えて行った。 「強い……只者ではない」  角中は左手を抑えながら立ち上がった。額からは脂汗が流れている。  そのまま激痛に耐え電信柱にもたれかけ、通信携帯機を取り出した。 『師範どうしたんですか、こんな夜更けに』  声の主は昴である。 「気をつけて下さい、スターハンターに」 『どうしたんですか!?』 「あいつは強い……あなたでも苦戦するかもしれません」 『師範……翼さん!今どこにいるんですか!?』 「当分の間、あなたへの指導は口頭でのものになりそうです。ははっ……」 『翼さん何があったんですか…!?』  謎の怪人スターハンター。  こうして、また一つの星を狩るのであった。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません