作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 練習試合も2試合が終了。  秒殺で仕留めたルミをメンバーが出迎える。 「強いね藤宮さんは」  蒼は笑って出迎えるも、ルミは皮肉たっぷりだ。 「アンタみたいに遊ばないからね」  試合を終え伊藤は腕組みしながら述べる。 「次は誰が出るんだ?」  残るは謙信、伊藤、アルーガの三人。  サッと伊藤の一歩前に出る男がいた。 「俺が出てもいいか」  アルギルダス・モリカ――毘沙門館所属。  リトアニア出身の二十歳である。 「別にいいが」  伊藤が頷くと、アルーガはニッと笑った。  これまで、あまり目立たない彼であったが饒舌な口調となる。 「やっとだな……俺の業前を見せてやろう」  そんなアルーガを見て、ルミは彼の肩をポンと叩く。 「エラくおしゃべりなったな。コミュ障と思って心配してたんだぞ」 「仲良しクラブが嫌いなだけだ」 「そう言うな。仲間じゃないか」 「俺はお前と違って、遊び感覚で参加してるんじゃないんだよ」  フレンドリーな態度であったが、アルーガはルミの手を跳ねのける。  そして、一人黙々とメットとプロテクターを装着し始めた。 「……感じ悪いな」  ルミは眉をしかめながらそう言った。  彼のことは嫌いではない。むしろ淡々と職人風な感じがして好きなタイプだ。  しかし何であろうか、この違和感は。  ルミは彼からような想いを汲み取った。 「ところで館長。アルーガ君のことは?」 「実は俺、彼のこと全然知らないんだよね」 「知らないって……同じ毘沙門館ですよね?」 「少しは知ってるよ。でもそんなに印象に残ってないんだよ」  蒼は尋ねるが、館長でありながら彼の存在をあまり知らないと言う。  世界選手権に出場していたのは知っていたが、目立った存在ではなかった。  最高成績は3位入賞まで。欧州の修斗大会も見たことがない。  そんな彼が何故選抜メンバーに選ばれたのであろうか。 ・ ・ ・ 「シュッ!」  甲斐軍団の中堅は空手家の阿部晩成あべばんせい。  ASUMAには、打撃対策用スパーリングパートナーとして雇われている。  空手道つわもの塾所属。段位は5段で指導員も務める。  三十路半ばであるが、フルコン空手の第一線で活躍している。 「シッ!!」  ワンツーローの対角線での攻撃を意識したシャドーだ。  軽く汗が流れ、体が温まってきている。 「次は外国人のあんちゃんが相手たい」 「知ってるよ」  阿部はタオルで汗を拭う。 「毘沙門館の大会で対戦したからね」 「勝敗は?」 「俺が勝った」  友好団体の枠で他流派ながら毘沙門館世界選手権に出場。  2年前に出場した大会では、2回戦で対戦している。  身長182㎝あり体格的には自分が圧倒的に優位。  試合は終始自分が押して判定勝ちをものにした。 「外国人だからパワーはある、がだ」  阿部は操縦用のメットを被りながらそう言った。  甲斐は怪訝な顔をする。 「毘沙門館の選抜メンバーとして起用されてるばい」 「人材不足だからね。世界選手権でも自流派の出場が少なすぎて、他流派に出場を懇願するくらいだ」  阿部は手足にプロテクターをはめながら余裕の表情だ。  星王会館が独立して以降、国内外で毘沙門館から分裂独立が後を絶たない。  世界選手権といえど、友好団体として他流派の出場が多かった。  入賞者もほぼ他流派の人間だ。阿部もその一人で、無差別級で優勝を果たした実績を持つ。 「スパーではゲオルグとらされているんだ。それに比べれば全然怖くない」 ○ 練習試合:毘沙門館選抜VS甲斐軍団・中堅戦 “里都亜尼亜リトアニアの魔拳士” アルギルダス・モリカ スタイル:毘沙門館空手 バランス型BU-ROAD:ノーマルグリーン スポンサー企業:フリー VS “無敵の侵略者” 阿部晩成 スタイル:空手道兵塾 バランス型BU-ROAD:ノーマルイエロー スポンサー企業:ASUMA 「久しぶりだな」 「……誰だ?」 「世界選手権で対戦したじゃないか。阿部だよ」 「……覚えてないな」 「生意気だね。こりゃ指導が必要だ」 ――ブー!  中堅戦の開始。毘沙門館世界選手権の再現である。  謙信は相手が阿部であることを知り、気まずい表情だ。 「3年前の世界選手権で優勝しちゃった人じゃないか」 「強いのか?」  ルミに尋ねられ、謙信はバツが悪そうな表情だ。 「毘沙門館以外のフルコンやキックの試合にも出場し優勝多数。そこでついた仇名が『無敵の侵略者』さ。若い頃はタイ、ロシアに行って試合もしたらしい。まさかASUMAに雇われているなんて知らなかったよ」 「ふーん」  一方の試合は、阿部のノーマルイエローが猛波状攻撃をかけていた。  フルコン空手のように、胴体部や下半身へ突き蹴りの嵐を加えている。 「世界選手権ではもう少し積極的だっただろうが」  ボディへの連打。顔面への上段蹴り、左右の下段蹴り。  リズミカルに攻撃を加えている。一発一発が重い。  アルーガは防戦一方。何とかブロックしながら凌いでいた。 「やられっぱなしじゃねーか!」  ルミは試合を見て拳に力が入る。  フルコン空手の試合を見ているようでモヤモヤした。 「顔面殴れよ!」  そう言った瞬間だ。 ――ガコッ!  顔面を殴られたのはノーマルグリーンだった。  ルミは呆れた表情になる。 「お、おい!!」  顔面にパンチが入ったか……。  否……伊藤はルミに言った。 「見ろ顔面に当る方向に首を回転させている」 「あっ……」  阿部の顔面パンチに合わせて、僅かに首を反対方向へと受け流している。  アルーガが操るノーマルグリーンはそのまま腕を取る。脇固めの体勢だ。 ――バキャ!  パンチの勢いに任せて腕をもぎ取る。 「うぎゃ―――?!」  実際に腕が折られていないが、リアルな痛みが右腕に伝わる。  ≪右腕機体損傷率100%≫  阿部のモニターに表示される。これでもう右腕は使えない。 ――バキ!!  もぎ取ったノーマルイエローの腕を投げ捨て、アルーガはそのまま顔面を蹴る。  ≪ヘッド機体損傷率40%≫  流石に、これではKOとまでにはならない。 ――ガコッ!!  続いて右ローキックだ。小柄なアルーガであるが威力はバズーカ並み。  まともに受けたノーマルイエローはくの字に曲がる。  ≪右脚部機体損傷率30%≫ ――ドカッ!!  左のボディブローが入った。臓器がある腹部にダメージが伝わる。  ≪腹部機体損傷率32%≫ ――バコッ!!  ≪頸部機体損傷率11%≫  ノーマルグリーンは手刀を頸動脈に打ち込む。  阿部の脳への血流が一瞬止まる。即ちノーマルイエローの動きが停止した。 「……終わりだ」 「ッ?!」  残酷までの徹底的な攻めであった。容赦がない。  そのままアルーガは密着し、ノーマルイエローの顔面を手で抱えてパンチを打ち込んだ。  引き寄せる力と押し込むパンチでのサンドイッチだ。 ――ゴキャ……  衝突する勢いでノーマルイエローの顔面は陥没。  阿部を遠い世界へと誘ってしまったのは言うまでもない。  ≪ヘッド機体損傷率100%≫  ≪阿部晩成……KO!!≫ ○ 練習試合:毘沙門館選抜VS甲斐軍団・中堅戦 “里都亜尼亜リトアニアの魔拳士” アルギルダス・モリカ スタイル:毘沙門館空手 バランス型BU-ROAD:ノーマルグリーン スポンサー企業:フリー VS “無敵の侵略者” 阿部晩成 スタイル:空手道兵塾 バランス型BU-ROAD:ノーマルイエロー スポンサー企業:ASUMA 勝者:『アルギルダス・モリカ』 「高橋先生。彼を抜擢した理由……ご理解して頂けましたか?」 「うむ……」  山村の言葉を聞き、夏樹は黙って頷いた。  アルーガの流儀は試合用の技ではない。端的に表現すると〝潰す〟ものだ。  彼はフルコンの試合では敢えてセーブしている。生身の競技では使えない。  しかし、その戦闘スタイルは潰し合いを主とするBU-ROADバトル向けとも言えるだろう。 「毘沙門館でもリトアニアの小さな支部道場出身のようだが……」  アルーガの資料を見ながら夏樹は問いかけた。   破壊の技法を身に付けていたからだ。  競技空手とは相反するものを何故身に付けていたのか疑問だった。 「それは彼がプロの機闘士マシンバトラーを目指しているからですよ。そのためにを磨いていたようです」 「プロを目指していた?」 「でも小柄な体躯がネックでね。彼を獲得するスポンサー企業はなかなか……我が社でも彼を獲得するか検討中です」  168㎝……外国人にしてはかなり小柄だ。体力勝負ではかなり不利である。  ルミや昴も女性で小柄だが例外である。やはり小柄な選手の採用は見送られる。  彼は体躯のハンデがあり、数々の機闘士マシンバトラーのセレクションに参加するも不合格になってきた。  今回の団体戦はASUMAと本契約を結ぶためのチャンスなのだ。 「何故そこまでして、プロの機闘士マシンバトラーに拘るのだ」  夏樹の問いかけに山村は静かに答えた。 「お金のためです」  彼の目的はお金。実にシンプルでわかりやすい答えであった。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません