作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

――親父、ゲームオーバーだぜ。 (またこの声だ!) ――もう50過ぎの年寄りだ。無理するな。 (俺がガキに負けるわけがねェ!) ――あんたは欲深過ぎた。 (星王の輝きは消させねェ!!) ――つーかさ……俺の話を聞いてる? (まただ!!) ――死んだ倅の話を無視するほど耄碌もうろくはしてねェはずだぞ。 (また、この幻聴だ!!) ――これは幻聴じゃない。俺の声が聞こえるってことはつまり……。 (俺は認めん!星王を……空手を生産的なものに!!) ――夜は明け……あんたは目を醒ますだろう。 (黙れ!!) ――そこには朝はなくアカツキが見える。そして、暁が沈んだ時はまた夜が来る。 (言ってる意味が分からねェぞ暁!!) ――やっと俺の名前を呼んでくれたかい。 (死んだ人間が話しかけてくるんじゃねぇ!!) ――ハハ……親父よォ。死んだ人間の声がする時、何を意味するか知ってるかい? (……ッ?!) ――それはつまりだな……。 ・ ・ ・ ――もうすぐ永遠の夜が来るんだよ。  それは幻聴か、それとも本当に死者の声なのか。  耳に聞こえて来るのは確かに息子、葛城暁のものであった。  全ては一瞬のことであったが、リアルな体験だった。  ふと気付くと、信玄は自分の体勢が崩れていることに気付く。 「ウオオオッ?!」  バランスを取りなおそうと手足をバタバタする。  その動きはまるで陸上された魚のようであった。 『崩れます!乱れます!!アストロ風林火山!!』  実況の遠藤の言葉がスタジアムに木霊した。 ――ガギャッ!!  大きな金属音がスタジアムに鳴り響いた。  美しいまでに基本的な正拳突きが胸に直撃していた。 「グホ……ッ?!」 ――ワアアアアアッ!!  続いては観客達の歓声が聞こえて来た。  スタジアム内の者達全ての声が響いている。  まるで一流打者がホームランを打った時のような歓声であった。 『教科書通りの正拳突きで飛ばされたぞ――ッ!!』  突きで吹き飛ばされるアストロ風林火山。  だが、まだKOまでのダメージには至っていない。 「俺が……この俺がッ!!」  信玄は歯を噛みしめながら思う。  ――俺が謙信のようなボンクラに負けるはずがないと。  星王会館が負けるわけにはいかないと。 「星王の巨星が崩れるわけにはいかん!!」  ドンと足を踏みしめ体勢を整えた。  空手は立ち技の格闘技だ。  寝てしまえば持ち味が発揮できない。 『ど、土俵際で!首の皮一枚で踏み留まった!!』   信玄は遠藤の声を耳にしながら思った。  そうだ、星王会館の巨星がここで打ち砕かれてはならぬものか。  次に来る技は何だ。  正拳突きか?  それとも上段蹴りか?  もしくは前蹴りか?  いや……裏をかいて寝技に持ち込もうとするかもしれない。  これまでの格闘経験と研究の成果を総決算する。  次に謙信操る毘沙門ウォリアーがする技は……。 ――ダッ!  機械音がする。  入場時と一緒だ毘沙門ウォリアーが駆けて来た。  それは駿馬のように、流星のように、閃光のようにだ。 「このオンボロ空手屋が!時代遅れのニセ総裁が調子に乗るンじゃねェ!!」  アストロ風林火山は構えた。  それはこれまでのような、達磨の如き丸い構えではない。  順手は下段、引手は顎を守る構え。 「――『運慶の構え』か」  信玄の構えを見て述べるとは黒澤である。  あの姿勢は仁王禅時代に覚えた構え。  躱してよし、受けてよし、捌いてよし。  攻防一体の仁王禅流であるが、この型は『主守従攻』の反撃重視の姿勢。 (来いやアアアアア!!)  早く次の攻撃を繰り出せ、と言わんばかりに信玄は待ち構えている。 「最初に覚えた型は身に染みついているものだな」  黒澤はそれを見て、鼻で笑うように述べた。  ここへ来て信玄が選んだ構えは、己が踏み台とした流儀のものであった。  そう……信玄が最初に覚えた武道、格闘技の技を自然に出していたのだ。 (突き蹴り……それとも体当たりか、投げか、関節か!!)  モニター画面に映る毘沙門ウォリアーの姿がだんだんと大きくなる。 (全て対応可能!!)  自信満々の信玄。  謙信のひよっこ空手、付け焼き刃のグランドテクニック。  自分ならば全て対応することは可能だ。  先程は少し調子が悪かっただけ。今の俺なら大丈夫だ。 ――そういう驕りがアンタの弱点だ。 「なッ?!」  暁の声がまた聞こえて来た。  今度は大きくハッキリと聞こえた。 「暁ゥウウウッ?!」  一瞬……。  一瞬だが脳裏に暁の顔が浮かんだ。  悪魔のような笑みだった。  〝竜骨突アルゴ・パキケ!!〟  謙信はそう叫び飛び込んだ!  勇気ある跳躍だ。  その跳躍は前へ……前へと!! ――ガゴォン!!  先程の正拳突きよりも大きな金属音が鳴り響いた。  まるで雷鳴の如き一撃であった。  謙信が繰り出した技は……。 『ず、頭突きだアアアアアッ!!』  そう頭突き。  錘頭竜の如き、強烈な頭突きだ。  地味な技。  泥臭い技。  決してカッコよくはない。 ――それでよいのじゃ。  不思議と毘沙門の声が謙信の耳元に聞こえた。 (じ、爺ちゃん?!)  打撃系らしい突きや蹴りではない。  空手らしい空手ではない……?  否、断じて否!! ――空手とは五体これ凶器とする。  また謙信の耳元に偉大な祖父の声が聞こえた。 ――よくぞ選んだ、よくぞ繰り出した。 「お、俺……」 ――よくぞ謙信空手を生み出した!! 「勝ったのか?!」 ――見事なり謙信! 「WINNER!岡本謙信!!」 ――毘沙門館は爆発爆発じゃあアアアアア!!  謙信はモニター画面を見て気付いた。  アストロ風林火山が大の字に倒れていたのだ。  全体重が乗った頭突きが炸裂したのだ。  アストロ風林火山の顔面は陥没している。  ――ヘッド機体損傷率100%のKO勝利であった。 「押オオオォォォッ忍スススㇲㇲㇲッ!!」  南天の夜空に向けて十字を切る謙信。  毘沙門のニセモノがホンモノになった瞬間だ。  巨星を打ち砕き、新星は輝きを放っていたのだ。  信玄が欲していた星の輝きは毘沙門館へと移る。  そう――これにて星毘戦争は終結したのである。 ○ BB級ダブルバトル団体戦:毘沙門館VS星王会館・大将戦 “星王の巨星” 葛城信玄 スタイル:星王会館空手 バランス型BU-ROAD(スピード寄り):ノーマルレッド・アストロ風林火山 スポンサー企業:ハンエー VS “毘沙門館の若き総裁” 岡本謙信 スタイル:毘沙門館空手 バランス型BU-ROAD(パワー寄り):ノーマルブラック・毘沙門ウォリアー スポンサー企業:ASUMA 勝者:『岡本謙信』

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません