作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 都心から外れた下町にあるネットカフェ『シードラゴン』ここがルミの住居だ。  彼女は上京後、各地のネットカフェを転々としていた。お金がなくなれば、適当なバイトや派遣の仕事を見つけては日銭を稼ぐ。この店のインターネットを利用し、各武道・格闘技大会の情報収集をしていたのだ。  だが長期滞在は出来ない。あまりにも長くいると追い出される。しかし、ここシードラゴンは違っていた。オーナーがルミのことが気になったのか、長期滞在を許可したのだ。  ルミはデビュー以降、連戦連勝。次の試合で勝てば5勝目だ。  ORGOGLIOの規定では、BB級ダブルバトルへの昇格条件は10戦中に6勝以上の勝ち越しが必要。つまり昇格まで後1勝である。  彼女の活躍はB級シングルバトルであるものも、少数の雑誌・スポーツ紙といったマスコミ関係各社が注目され始めていた。  女性の機闘士マシンバトラーが、ここまで圧倒的な強さで連勝した前例はない。  だが試合が終わると、彼女は毎回のように消えるように去っていった。  カミラは先日、ここシードラゴンにルミが滞在していることを知った。 ――トントン 「ドアを開けて下さい」  ルミは店の鍵付きの個室にこもっていた。彼女は引きこもり状態のようだ。部屋の中にいるルミはパソコン画面に向かっている。何やら動画をずっと見ているようだ。ドア越しにカミラは語りかける。 「部屋の中で今何をしているの?」 「動画視聴」  どうやら何かの動画を視聴しているようだ。そんなルミをカミラは心配する。 「女の子が一人こんなところにいて大丈夫なの。トレーニングは?お風呂は?食事は?」 「うるさいね。ほっといてくれよ」 「そうは言ってもね。マネージャーとして、あなたの体調管理も仕事なの」  会社が用意したマンションであれば快適に暮らすことが出来る。また健康機器を販売するので提携するジムで、トレーナーや管理栄養士の指導による科学的で最新鋭のトレーニングをすることが出来るからだ。 「私達が紹介するトレーナーや管理栄養士の指導を受けた方が、効率的だと思うのだけれど」 「そんなもんはいらん」  唯我独尊的な性格は調査する中で承知はしていた、がここまでとは思わなかった。  そこへ良いタイミングに蓮也がやってくる。 「ここかルミの居場所は。まず会社への挨拶と工場にだな……」  蓮也の声がした時、ガチャリとドアが開いた。ルミの姿と言えば、髪は後ろで結んではいるが寝ぐせがついていた。服装はタンクトップを着ており、ズボンは安物のジーンズである。 「よう。いいタイミングに来たな」 「なんつう格好だよ」  彼女のだらしのない恰好を見て、蓮也は父親のように注意する。だがルミはその言葉を聞き流し蓮也達を部屋に招き入れる。 「入りなよ。面白いものがあるよ」  そう言うとルミは、パソコン前にある椅子にどっかりと座る。彼女はパソコンのマウス操作する。部屋の中は簡素であった。部屋には大きめのスポーツバッグしか置いていない。パソコンデスクには、通信携帯機やノート、武道関連の本が数冊積まれているだけである。 「なんだよ面白いものって」  蓮也とカミラは招かれるまま部屋へと入っていった。  彼女が操作するパソコンの画面には動画が表示されている。WowTubeだ。  動画の題名は【シウソニックをぶっ潰す!タザワーが告白します☆彡】 「シ、シウソニックをぶっ潰す?!」  蓮也は動画の題名を見て驚いた。画面には格闘家タザワーが映っている。  元々シウソニックはタザワーの噂を聞きつけ、高齢ではあるものの実力者である彼を専属機闘士マシンバトラーの契約をする予定だった。 「動画を再生するよ」  ルミはそう言うと、動画再生のボタンをクリックする。そこに映るタザワーはホワイトボードの前に立っていた。  以前会った時とは違い、髪は茶髪であるものの短く整えておりスーツを着ている。 「シウソニックを……ぶっ潰すーっ!」  意味はよくわからないが、シウソニックを潰すと言っている。 「SNSで流された俺が女性にボコられる動画ですが告白します。全部ヤラセです」  タザワーは焼き肉店「牛華族」でルミに投げ飛ばされ顔面にグーパンチされたシーン。  その時にいた客に動画撮影されており、SNS上で拡散されていた。  その女性とルミが同一人物ではないかと言われ騒がれ始めていた。 「登録チャンネル者数は減り、動画再生数も落ちて広告収入は減ってしまいました」  彼は格闘家ではあるものの、殆どの収入をWowTubeの動画広告収入に頼っていた。収入が減ったために蓮也達のことを恨んでいた。一方的な逆恨みである。  タザワーは動画の中でホワイトボードに何やら書き始めた。そこにはシウソニックの社名、蓮也やルミの名前があった。そして、二人の個人名の間には相合傘を描写する。 「この二人は愛人関係です」 「はァ?!」  蓮也は驚いた。タザワーは突然根拠のないデタラメを言い始めたからだ。 「コイツらは共謀して俺をハメました。シウソニックは元々俺と契約する予定だったんですが、一方的に契約の破棄を迫ったんです。そう愛人であるこの女をデビューさせるために――」 「な、何を言ってるんだ」  真実は逆だ。タザワーが一方的にシウソニックとの契約を破棄したのだ。 「俺はシウソニックを許すことができません。何としてでも復讐がしたい!そんな時にASUMAは、俺と契約を結んでくれました。感謝しています。まだ茶髪は残ってますけど、今はバッサリ切り込んでみそぎをしました。シウソニックの連中と戦うためです。俺と勝負しやがれ藤宮ルミ!」  タザワーは画面に向かって指をさしたところで動画は終了した。 「はい。おしまい」 「こんなデタラメ誰が信じるんだ!」  あまりにも出鱈目を述べるタザワーに蓮也は怒り心頭だ。  そんな蓮也をチラリと見てルミは言った。 「でも世の中ってのは不思議なモンだ」  ルミは画面をスクロールする。蓮也達にコメント欄を見せるためだ。 『動画コメント欄』 あんな会社潰れちまえ! 今までの試合も八百長じゃないの。 シウソニックの製品は買わないことにします。 「何が正しいよりも……何が面白いかだね」  何が〝正しい〟より何が〝面白い〟か…ネット空間の闇の部分である。真実の検証よりも人々は〝楽しさ〟〝面白さ〟を選ぶ時があるのだ。 「な、なんじゃこりゃ。こんなデタラメ信じるのか」 「これは明らかな名誉棄損ね。弁護士を通じて告発しましょう」 「いや……ちょっと待った」  彼女なりに何か考えがあるようだ。WowTubeが表示されているタブを閉じる。  そのタイミングであるサイトが表示された。  ORGOGLIO公式サイトだ。どうやら試合が組まれているようだった。 「真実は試合にあることを見せようじゃないか」 ・ ・ ・  同時刻、都内のASUMAトレーニングルームでは一人の男がスパーリングをしていた。  ノーマルインディゴ……藍色の機体だ。ノーマルグリーンにタックルを決めていた。 「よっしゃオラ!」  素早くマウントポジションへと移っていた。  マウントポジションとは『上の選手が下の選手の胴体に正対し馬乗りになっている状態』のことである。  総合格闘技MMAでの必勝ポジションだ。 「オラッオラッオラッ!!」  荒っぽくノーマルインディゴはそのままノーマルグリーンを殴り続ける。  ノーマルグリーンは殴られ続けるだけだ。そのままグッタリと動かなくなった。 「そこまで!機体が壊れてしまうわ」 「やり過ぎちゃいました」  タザワーは練習試合を行っていた。モニターに映る女性は飛鳥馬小夜子あすまさよこ。  世界最大大手の総合スポーツ用品メーカーASUMAのCEOつまり経営トップだ。  才色兼備の女性である。髪型はパーマがかったロングヘアでスラリとした体型。  一瞬見たら女優かモデルか間違われるような容姿だ。大衆雑誌でも〝今一番輝く企業家〟として特集されたことが何度もある。 「話を聞くと古武道の研究して対策しているみたいね」 「一応ね。SNSを駆使し同志の協力を得て対策をとってますよ」  タザワーは右手人差し指を立て、指を軽く前後に振りながらドヤ顔で言った。 「まァ古武道なんて型だけっスけどね。同志達は真剣に学んでるようだけど」 「同志?」 「あの女に敗れたカーリーと甲斐っスよ。あいつら古武道家まで招集して指導を受けているみたいっス」  タザワーはSNSで接触を試みて、彼らに藤宮ルミと対戦した印象を聞いた。彼らもリベンジしたい思いもあり協力している。  彼らの提案で古武道家から技を学んでその対策を行っている、がタザワー自身は乗り気ではなかった。  せいぜい学んだ技は小手返しのみだ。彼らと無意味にケンカしないために適当な対応をしている。 「勝算は?」 「200%ありますね!」  タザワーの目が血走っていた。鼻も若干であるが変形している。  動画を晒され、チャンネルの登録者数も激減したのだ。 「それは頼もしいわ。期待しているわよ」 「シウソニックをぶっ潰すーっ!!」  タザワーは腕を振り上げてポーズをとる。その動きに合わせてノーマルインディゴもポーズをとった。  一方、小夜子はある写真をずっと見ていた。その写真は紫雲蓮也であった。 (ああ……蓮也さん)  彼女は蓮也に恋をしていた。初対面の時の小夜子は16歳の高校生で、あるパーティーで出会ったのが最初だ。それ以来ずっと恋焦がれた相手だ。 (蓮也さんの周りをうろつく、小娘は絶対に潰さなきゃね)

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません