作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

――主人公 ○ 藤宮ルミ 年齢:20歳 灰黒色の髪を後ろに結び、凛とした佇まいをしている。 戦国時代から続く藤宮流の現宗家。 各種格闘技の大会へと参加を申し込むが〝女性〟であるが故に断れ続けられる。 そんな中、彼女は‟ORGOGLIO”の存在を知ることになる。 ――シウソニック ○ 紫雲蓮也 年齢:30歳 電子機器メーカー『シウソニック』3代目社長。 髪型は、中央に向かいトサカのように尖らせた個性的なヘアスタイル。 社長に就任したのは2年前。 赤字経営が続くシウソニックを立て直そうと奮闘。 自社の宣伝と開発力・品質をPRするために、ORGOGLIO参入を決意する。 ○ 芥生カミラ 年齢:25歳 才色兼備の女性。日米のハーフ。 数ヶ月前に秘書として入社したばかり。 その前はアメリカの某企業に勤務していた。 現在は彼女のゴリ押しで、ルミのマネージャーを務める。 CIA級の調査能力・情報収集能力を持ち謎が多い。 ○ 宇井健一 年齢:24歳 入社2年目の若手社員。 地元の工業大学を卒業後、縁故採用で入社。 商品開発部にいたが、ORGOGLIO事業部に異動する。 ○ 野室陽彩 年齢:28歳 ORGOGLIO事業部長。メカ開発・整備も担当する。 元々商品開発部で製品開発・研究を担当していた。 鈴草と揉めて大阪の地方工場に左遷される。 二原の助言と援助で工場勤務の傍ら、大学院で機械工学やロボット工学を学ぶ。 ボソボソ言って、言葉が聞き取りにくい時がある。 ○ 紫雲辰之助 年齢:72歳(享年) シウソニックの創業者。 カリスマの経営者として一代で会社を上場企業へと押し上げる。 ……が後継者選びに失敗している。 好きな食べ物はカレーパン。 ○ 紫雲邦雄 年齢:55歳 シウソニック2代目社長。辰之助の長男。 誠実で真面目な性格なのであるが、ボンボン育ちということもあり 辰之助の死後、信頼していた部下に裏切られ続けて人間不信となり失踪してしまう。 ○ 鈴草魂 年齢:47歳 商品開発部顧問。 数々のヒット商品を開発してきた実績を持つが今は昔。 過去の栄光に拘りアイデアはいいのだが、どこかズレておりトンデモ商品の企画開発を進める。 シウソニック没落の遠因になっているが、本人は自覚していない。 最終的に商品開発部・関西支部担当補佐へと異動降格させられる。 座右の銘は『草魂・雑草魂』 ○ 阿波田幸秀 年齢:27歳 営業部部長。W大卒。 トレンディ部長として女性社員から人気がある。 実力はあるのだが、女性にだらしなくサボり癖がある。 鈴草とは違う種類のセクハラ・パワハラを行っている。 最終的に上層部の怒りを買い、神奈川支部部長補佐に異動降格させられる。 ○ 日野軽樹 年齢:28歳 商品開発部所属。野室は同期。 妻と息子がいる。若くして頭がピッカリとハゲ上がっている。 本人によると、鈴草のパワハラの影響とのこと。 野室に3万円ほど借金している。 ○ 太田愛良 年齢:23歳 本社営業部所属。入社1年目の若手社員。 祖母がロシア人のクォーター。営業部のアイドル。 変わった性格で、世間で言われるイケメンをダサいと本気で思っている。 好きな男性のタイプは、俳優の近藤洋介のような人。 ○ 二原勇 年齢:55歳 シウソニックの幹部役員。 長年、蓮也の祖父である紫雲辰之助の元で懐刀として従事する。 辰之助死後、シウソニック内部のお家騒動での後処理に奔走。 まともに経営に携われたのは、蓮也が就任してからである。 ○ 関俊三 年齢:52歳 シウソニックの幹部役員。 若い頃は血気盛んな性格で、先陣を切って外資企業等との交渉をしていた。 今は好々爺とした雰囲気を持つが怒らせると怖い。 趣味は喫茶店巡り。座右の銘は『人生5勝5敗』 ○ 井土正博 年齢:48歳 シウソニックの幹部役員。 母子家庭で家計を支えるために高校を中退して入社。 当時ベンチャー企業だったシウソニックで18歳で管理職になる。 好物はうどん。 ○ 鹿島隆夫 年齢:47歳 シウソニックの幹部役員。 愛称は『鹿島大明神』『お鹿島さん』 若い頃は英語や中国語、フランス語が堪能で海外事業部で活躍。 外国人社員のプライドを傷つけずに的確に業務指示を与えていた。 グループ各社、子会社が独立買収の影響により、海外事業部が縮小したことを嘆いている。 ――ASUMA ○ 飛鳥馬小夜子 年齢:25歳 世界最大大手の総合スポーツ用品メーカー『ASUMA』のCEO。 若干25歳にして一流企業を率いている才色兼備の女性。 髪型はパーマがかったロングヘアでスラリとした体型。 一瞬見たら女優かモデルか間違われるような容姿をしている。 大衆雑誌でも〝今一番輝く企業家〟として特集されたことが何度かある。 彼女の一方的な思いが強いが、蓮也のことを高校生の時から慕っている。 原因は不明だが、彼自身忘れるほど些細な出来事だった模様。 ○ 飛鳥馬不二男 年齢:78歳 ASUMAの創業主でグループの名誉会長を務める。 大のスポーツ好き。 ORGOGLIO最大のスポンサーとして支援し、WOAの理事も務めている。 表舞台にはあまり出てこないが、裏で孫の小夜子をサポートしている黒幕的存在。 学生時代は野球部に所属。好きな食べ物はあんパン。 ○ 山村慈念 年齢:28歳 ORGOGLIO事業部の最高責任者でスカウト部門を統括する男。 普段は能面のような顔をしているが、仕事になると笑みを浮かべている。 捉えどころのない雲のような性格で、CEOである小夜子を煙に巻くことも。 ――機闘士マシンバトラー ○ ゲオルグ・オットー 年齢:25歳 元不動流の〝虎〟と呼ばれた実力者。 両親はドイツ人で、仕事の関係で日本に住むようになった。 ある事件により格闘的な強さを求めるようになる。 無許可で各種格闘技の大会へと出場し破門処分が下される。 破門後は海外へと渡り、非合法の格闘試合に参加し続ける。 豪州の賭け試合、つまりピットファイトで飛鳥馬不二男と出会いスカウトされる。 ○ 間宮蒼 年齢:23歳 元不動流の〝龍〟と呼ばれた実力者。 ゲオルグとは対照的に細身の体をしているが、鉄の鞭のようなしなやかな体をしている。 間宮姓を名乗っているが、戸籍上の苗字は別とのこと。 ゲオルグと同じく、ある事件がきっかけで不動流を離れる。 妹と暮らしており、彼女の面倒を見るため試合にはあまり出ていない。 ○ 田澤至 年齢:32歳 ネット上でのハンドルネームは〝タザワー〟総合格闘家。 人気動画チャンネル『MMA TAZAWA ∀』の動画配信者WowTuber。 有名武道家・格闘家に動画上で挑戦状を叩きつけ、一方的に道場破りや勝負を仕掛ける所謂“炎上芸”を売りにしている。 ○ ヴィート・ムッソ 年齢:24歳 イタリアの剣術家。ナイト・デュエルのチャンピオン。 BB級ダブルバトルまでスピード出世した期待の新星であったがケガで引退。 ナイト・デュエルと呼ばれる剣術特化の競技に転向。チャンピオンまで上りつめる。 好物はピザ。 ○ カーリー・ヴェルマ 年齢:25歳 オーストリア出身の格闘家。ルミのデビュー戦の相手。 髪型はGIカットをしており、筋骨隆々で逞しい肉体をしている。 地元ウィーンのカンフー道場で学んだのが、格闘キャリアのスタート。 それ以外に柔道やキックも学んでおり、欧州のキックボクシング大会では優勝準優勝多数。 普段はサングラスをかけており、本人はシュ○ルツェネッガーを意識している。 ○ 甲斐貢 年齢:28歳 ‟福岡の暴れ熊”の異名を持つ格闘家。 體術泥舟會に所属。とんこつスープのような濃い顔をしている。 大学時代はレスリング・フリースタイルの九州大会で優勝するほどの実力者。 レスリング出身ではあるが、プロに転向してからは打撃を好んで使用する。 実家は中華料理屋を経営。 ちなみに両親は北海道出身で、彼の博多弁がところどころおかしいのはそのため。 ――ORGOGLIO関係者 ○ ヴィクター・リュウ 年齢:不明 BU-ROADの開発者であり、ORGOGLIOの創設者。 その存在は謎に包まれている。 ○ ルンバルト・タニヤマ 年齢:45歳 WOAの協会員。日伊のハーフ。 WOAに入るまでは、総合格闘技のイベントプロデュースやマッチメイクをしていた。 口癖は『んあ〜』『危ない、危ない』『効いてる、効いてる』。 ――その他 ○ 鬼塚英緑 年齢:52歳 不動流の宗家で道場主。伝統と格式を重んじている。 門弟は型稽古に終始するため、実力に疑問符がある者が多い。 ちなみに彼自身はそれ相応に強い。 彼が不在の際にノバターに道場荒らしをされた。 息子と娘がいる。 ○ 西木金鉄 年齢:55歳 焼き肉店「牛華族」の店長。 失踪した蓮也の父である邦雄とは、中学・高校時代の同級生。 店のオリジナルTシャツをネット販売しているが、売り上げはイマイチ。 口癖は『ちょこちょこ』 ○ 黒澤大吾 年齢:31歳 飛鳥馬不二男の部下。 20代の頃は強さを求めた格闘家であった。 格闘技を引退したとはいえ修練は続けている。 ○ 片桐結月 年齢:21歳 飛鳥馬不二男の元で働く使用人。 若くして夢心流居合剣法・免許皆伝の実力を持つ。 涼やかな印象がある大和撫子。 ○ アンナ・ジェラン 年齢:18歳 レオポルド・ジェランの一人娘。 碧眼で髪はブラウン。清楚な雰囲気がある。 一見するとか弱い印象があるが、行動力があり芯は強い。 趣味は料理だがあまり美味しくない。 ○ レオポルド・ジェラン 年齢:45歳 ナイト・デュエルのオーナー。 ORGOGLIO創成期に活躍した機闘士で剣闘試合を専門にしていた。 マウロ・ムッソの一戦と剣闘試合が廃れたこともあり引退する。 現役時代は『ナポレオン・マスク』のリングネームだった。 ○ マウロ・ムッソ 年齢:36歳(享年) ヴィート・ムッソの父親。 異名は‟イタリアの人間風車”得意技は後ろ回し蹴り。 機闘士になる前は空手やキックの大会、アマの修斗大会で活躍。 時々プロレスのリングにも上がり、生計を立てていた。 レオポルド・ジェランとの一戦で、剣に対して素手で挑む無謀を犯し事故死する。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません