作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

○ BB級(ダブルバトル)団体戦:毘沙門館VS星王会館・中堅戦 “強襲の巨人” シーム・シュミット スタイル:星王会館空手 パワー型BU-ROAD:キングゴラス スポンサー企業:ハンエー VS “美しすぎる古武道娘” 藤宮ルミ スタイル:古武道藤宮流 スピード型BU-ROAD:旋風猛竜サイクラプター スポンサー企業:シウソニック  巨大モンスターマシン『キングゴラス』。  パワー型BU-ROAD……否超パワー型と言っても差し支えない。  パワー型の機体は強い出力を発揮するため、防具など総重量が重く設計される。  例を挙げると、一般的にアメフトの防具の総重量は6から8㎏。  そして、パワー型BU-ROADの操縦用プロテクターは7から8.5kgほどでありそれほど変わらない。  では、一方のキングゴラスの操縦用プロテクターの総重量はどうだろうか。 「その総重量は16kg!!」  セコンド席に座る中台は自信満々だ。  キングゴラスが規格外の大きさを誇るため、その代償として操縦者の体にかなりの負荷をかける結果となった。  大出力を発動させるために、16kgの重いプロテクターを装着して動き続けなればならないのだ。  一般人ではとても扱えそうにない代物だった。 「“強襲の巨人”でしか扱えないモンスターマシンですね」  同じくセコンド席の角中は静かにそう述べた。  その代償として体に負荷をかける設計がなされているが、それはあくまでも常人での話だ。  規格外の体躯を誇るシームにとって、それは何の足枷にはならない。少々重い程度の感覚だった。 「Mr.バオに代わり、審判は私リリアンが務めさせて頂きます」  次鋒戦の事故により、審判を務めていたMr.バオは負傷退場。  これより中堅戦は女性審判のリリアンが取り仕切ることになった。  リリアン操る純白の審判機は右手を掲げる。 「BU-ROADファイト……開始はじめッ!!」  勢いよく右手を振り下ろす審判機、銅鑼の合図と共にいよいよ中堅戦が始まったのである。 「おなごと試合するのは始めてだべ」  キングゴラスから野太い声が聞こえた。  特に構えずに悠々と旋風猛竜サイクラプターに向かってくる。  迫りくる巨大建造物の如き機体。その威圧感をルミは強く感じていた。 『来る!来る!デッカイヤツがやってくるぞ!?どうする!どうする!?』  煽るかのような実況が聞こえている。ルミは相手を見据え、水流れの構えを取るだけだ。  自分より大きな相手をすることは、小柄な女性であるルミにとっては初めての事ではないのであるが……。 (流石にデカすぎるだろ……ゴラスよりデカいじゃん)  砂武戦で対戦したゴラスは、キングゴラスよりも一回りも二回りも小さかった。  どう崩し、どう攻めるか思案を巡らせていた。この場合、どうするかはだいたいの定石がある。 (足元から崩すか!)  スピード型の機体である旋風猛竜サイクラプターの機動力を活かすことにした。  脚部は股下を攻めて崩す。なるべく遠い間合いを意識し、ヒットアンドウェーの戦法を選択することにした。  左右に、八の字に、あるいはジグザグにステップワークを取る。下段蹴りを中心にした打撃を組み立てていく。 『打つ!打つ!打つ!下段蹴りの雨あられだーっ!!』  ダメージがないことはわかっている。  これだけの巨大マシンだ、旋風猛竜サイクラプターの出力では限界があることは理解していた。  目的は別……下段に攻め立てることで意識を足元に集中させる。 ――ス……  打撃を受け続けるシームはやっと構えを取る。キックボクシングスタイルのアップライト。  大山脈の構えである。 ――ブンッ!  キングゴラスは中段蹴りを繰り出す。  ただその中段蹴りは、小柄な旋風猛竜サイクラプターにとっては上段蹴りに相当する高さだ。 (来たッ!)  コレだ。キングゴラスが動くのを待っていた。  無雑作に繰り出される中段蹴りを踏み台に旋風猛竜サイクラプターが飛び乗る。 『蹴りに飛び乗ったァ?!どういう運動神経してるんだこの娘はーっ!!』  スタジアム内は、ルミの曲芸技サーカスプレイに拍手喝采だ。  人の少ない隅の観客席で、怪しげな覆面男がいた。  彼の名はウラノス……前年度BBBB級クアドラプル超武闘祭のチャンプである。  ウラノスは関心した様子で一言述べる。 「足譚そくたんか……」  一方の旋風猛竜サイクラプター、蹴り足を踏み台に宙に舞った。  スタジアムの照明に当たり輝いて見える。その姿はまるで、かぐや姫天女のようであった。  月光で輝く拳が狙うは頭部。生物であれば司令塔である脳が内蔵される最大の急所である。 「藤宮流……〝兜割かぶとわり〟ッ!!」  握拳あっけんがキングゴラスの頭部に直撃する。  この兜割かぶとわり……藤宮流の鍛練法の一つである。  つまりは試し割り。  戦国時代より藤宮流各士は具足……兜を握拳あっけんで打つことで拳を鍛えていた。  現代において兜はないので、代用として砂を詰めた壺やブロックを打ちつけることで鍛練する。  ルミはその試し割りの技法を、顔面への飛び正拳突きにまで昇華していたのだ。 ――ガゴッ!!  鈍い音がした。鉄が割れるような音がした。  スタジアム内に亀裂した音が鳴り響いたのだ。 『キングゴラスの頭部が割れた――ッ!!』  巨大機体の頭部が割れ、小さな黒煙が上がった。  グラリと揺れる。このままダウンであろうか……。 「巨人はこの程度では倒れない」  控室でどっかりとパイプ椅子に座る信玄はそう語った。  つまりは……。 ――ブン!!  濁りのない、真っすぐで、巨大な右正拳突きが放たれた。 「ッ!?」  つまりは反撃。  キングゴラスシームの攻撃が、旋風猛竜ルミに直撃する。 『旋風猛竜サイクラプターくん、吹っ飛ばされるゥー!!』  遠藤の実況、観客達のどよめきがないまぜになる。  何とか両腕でブロックするものの、ルミの腕に鈍い痛みとしびれ、衝撃が襲っていた。 (バカ力……?!)  今まで経験したこともない圧倒的な力。  力の極限。巨大な機体。ゴラス以上のキング・オブ・モンスター。  巨大怪物の一撃を受けた旋風猛竜サイクラプター。  空中を一回転し、フワリと地面に着地する。 「場外!戻って!!」  審判機からリリアンの声がした。気付くと後数センチで壁に激突しているところだった。  キングゴラスはそれでも油断していない。  大きく構えながら、旋風猛竜サイクラプターが戻るのを待っている。 「頭をブッ叩かれたのは、マスターニシとのスパー以来だべ」  シームは所属していた覇道塾の師匠マスターを口にした。  あまりにも強過ぎる彼……唯一敵わないとしたら覇道塾の創始者である西剛にしたけしだけであった。  だが、既に師はこの世にいない。彼の心にポッカリと穴が開いた。  余りにも強すぎる故にまともに闘える相手がいなくなったからだ。  キックに転向して強者を求めたが、スーパーヘビー級であっても彼と対等に闘える相手はいなかった。  プロモーターや格闘技評論家に言われた言葉が、彼の心を錆びたナイフで突き刺した。 「お前はデカ過ぎて、強過ぎるんだ!」 「彼の試合は本当につまらない。あの体じゃあ何をやっても勝てるんじゃないですかね」  体は生まれ持ったものだ、自分ではどうしようもない。  それに体格だけで勝てるほど格闘技は甘くない。鍛練、工夫でここまでやってきたのだ。  シーム・シュミットという男の努力を誰も認めようとはしなかった。  『デカい』というだけで格闘技界から差別され、迫害された。対戦相手のいない日々……。 「シーム君……是非とも星王会館に協力して欲しい」  そんな時だ。葛城信玄からお呼びがかかったのだ。  星王会館という新興勢力であったが、闘えるのならばどこでも構わない。  星王会館に移籍してからも、団体が開催する大会も総ナメ。  そして、流行りの‟ORGOGLIO”にデビュー。無敗のままBB級ダブルバトルに昇格した。 「最初、おなごと闘うのは気が引けたがやるべ。今までってきた誰よりも強い」  彼は闘える喜びを感じていた。  一方ルミは試合場に戻ると、再びキングゴラスを見上げながら述べた。 「あたしもアンタと闘える喜びを感じているよ」  旋風猛竜サイクラプターは戦闘態勢をとる。  左手は開手で鳩尾をカバーし、右手は握拳で顎をガード。  藤宮流の〝弘真〟と呼ばれる基本構えであった。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません