作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「潰すだって……?」 「そうだ……お前は知ってはいけないことを知った」  蒼は青鬼の如き表情である。  もう一人の師である毘沙門直伝の天地上下の構え。  それはまさしく龍の顎の如き構え。  敵を噛み砕かんとする攻防一体の構えである。 「誰から聞いたのかな」 「お前が知ってどうする」 「ハハ……そうだったね」  対する北辰珠郎。操縦者は高橋昴は侮蔑の嗤いを浮かべる。  毘沙門館より独自の技術体系を作り上げた伝説の空手家、高橋夏樹の子息。  ただそこには高橋空手独自の半身、円の組手ではない。  左構えという個性はあれど、教科書通り、外連味のない組手構えである。 「えーっと……柚木綾那さんだっけか。彼女と知り合いらしいね」 「……」  昴の問いかけに蒼は無言。  本当の答えを知っていて敢えて柚木綾那の名を出したのだ。  無言で徐々に間合いを詰める朧童子に対し、構えたままの北辰珠郎。  繰り広げられる両者の会話。  スタジアムの観客達はさっぱりわからないでいる。 「ユギアヤナ?誰だよ」 「ほら週刊誌にすっぱ抜かれてた」  『柚木綾那』という噂の人物の実名が出た。 「大丈夫?」 「い、いえ……何でもありません。試合を見ましょう」  試合を見守る柚木の顔は青ざめた。  カミラは『ユギ』という名前と彼女の態度から察した。  しかし、これ以上の深入りはしない。入ってはいけない領域というものはある。  その領域に無暗に入れば傷つくのは柚木だけではない、間宮蒼もそのうちの一人だからだ。 (ユギアヤナさん……蒼さんを幸せにしてあげてね)  さて試合へと場面を戻す。  タブー、深淵へと入り込んだ昴。  その表情は彼女らしからぬ陰湿な笑みを浮かべていた。 「フフッ……そうじゃなかったね」 「キサマッ!」  目に輝きを失う昴。目を濁らせる蒼。  両者は心に漆黒の炎を燃やしていた。  昴は口角が上がる。本題へと移ろうとしていた。 「汚された君の妹――」 「それ以上しゃべるなッ!」 ――ガギィ!  朧童子と北辰珠郎……。  両者は打ち合っていた。  それは流儀も、男も女も関係なく……。 ――ガギィ!  憎しみと……。 ――ガギィ!  憎しみが交差していた。 『試合早々からの打ち合いだッ!』  互いに打ち合っていた。  拳で蹴りで、時には肘や膝を用いる。  毘沙門館対星王会館、両団体長年の遺恨、積年のわだかまり……それらを解消、発散するための団体戦であるとの認識がある。  ただ、この度の副将戦は全く違う。  両者に経緯の違いはあれど、相手を憎んでいた。  それは最愛の人を傷つけた、傷つけられそうになることへの怒りだ。  あるいは守ろうとするために起きた感情。    愛……。  我々は愛を絶対、至高のものと考えがちである。  キリストは『汝の隣人を愛せ』と言った。  孔子の説いた『仁』もまた愛であり、テレビは『愛は地球を救う』と喧伝する。  しかし、仏教用語で愛の性質は異なる。  釈尊は言った『愛は苦である』と。愛執、愛着……愛から苦しみが生まれると考えた。  そもそも、仏教での愛は欲望の充足を求める『渇愛』という意味に近い。  汚され、声を奪われた妹を、もう誰からも傷つかせまいと誓った蒼。  父親からの異質で歪んだ教育により、男性からの愛情を求めていた昴。  蒼は〝愛〟に拘っていた。昴は〝愛〟に飢えていた。  愛執と愛着との死闘……両者は愛のために闘っていた。 「間宮蒼、鬼子を倒せ」  毘沙門館側に陣取り、娘の闘いを見ながら父、夏樹は一人そう呟く。  鬼子……自らの子に対して、そのように表現した。  それは彼自身が父として、男として娘に裏切られた憎しみがあった。  自分勝手な思いである、我儘な思いである、独善的な思いである。  女に生まれた昴に男を渇望し、男のように育て、空手一筋という建前の中、空手人形として育てた。  それは父親の彼が昴に対する一つの虐待、サディスティックな感情がどこかにあったからだ。  根本の原因は昴が女として生まれたからではない。  顔が妻に似ていたからである。  妻は生前、よく浮気をしていた。  ある時は同門の門下生と、またある時は自分の弟子と、時には有名スポーツ選手と。  その原因は夏樹が真面目過ぎて、結婚後に男の魅力が半減し、空手以外に能のないバカだったからである。  夏樹は妻の浮気を、その都度許してきた。  そして、昴が生まれたが『本当に自分の子供であるのか』疑いを持つようになる。 「倒せ、必ず倒すのだ」  成長する度に妻の面影を残す昴。  抑えていた怒りと憎しみの感情が、妻の死を契機に一気に爆発した。  だがマイナスの感情が生まれながらも、妻や子に対する愛情は星屑のようには残してある。  しかし……その輝きは、昴が弟子である角中の元へと行った時に消えてしまった……。 ――昴ッ!お前もかッ!! 「私の作った星を消してくれッ!!」 「せ、先生?」  憤怒の表情と共に涙を流す夏樹。  隣りに座る小夜子はその表情に動揺し困惑していた。 ・ ・ ・ ――金属音が流星の如く鳴り響く。  打つ打つ打つ……  打つ打つ打つ打つ……  打つ打つ打つ打つ打つ……  打つ打つ打つ!  打つ打つ打つ打つ!  打つ打つ打つ打つ打つ!  打つ打つ打つ!!  打つ打つ打つ打つ!!  打つ打つ打つ打つ打つ!!  両機は打ち合っていた。  火花と金属の破片と飛び散る。  機体の機能を使わず、精練な技、身に付けた妙技。  これら一切を不純物と見なしたような殴り合いを演じる。  観客達はその光景を若干引いた目で見ていた。  そこに爽やかさも、美しさも存在しない。生の感情とぶつかりがあるからだ。 「死イィ――ッ!!」  打ち合いする最中、北辰珠郎は妖刀の如き足刀を顔面へと放つ。  それは最高のタイミング、最速の間合いから居合的な足刀。  蒼は最愛の人を守るため、最低限度の練習と試合しかしていない。  本来であれば武の才能、技量的に蒼が優位に立つ。  が、試合経験度と豊富な練習量では昴が上回っていた。  また、普段であれば涼やかで柔らかな組手をする蒼が、感情的なあまり精彩を欠いている。  普段の持ち味が完全に消えてしまっていた。  その差が徐々にではあるが、両者の差を時間ごとに徐々に開き始めていた。 ――ザギィ!≪ヘッド機体損傷率49%≫  『顔面にまともに足刀が入った!』  足刀が朧童子の顔面に入り、僅かであるが亀裂が真一文字に入る。 「つァッ!!」 ――バギ!≪左大腿部機体損傷率29%≫ 『今度は下段の足刀!二段蹴りだァ――ッ!!』  昴の北辰珠郎は矢継ぎ早に足刀を朧童子の右大腿部に打ち込んだ。 「くう!!」  押された蒼は体勢を少し崩されるも、構えを取りなおした。  岡本毘沙門直伝の天地上下の構えではあるが……。 ――鬼を解放するんです。  蒼は試合前に山村に言われた言葉を思い出した。  これは試合前の会話だ。 「岡本先生が教えた空手はメッキです。本来のあなたの流儀は不動流……不動流を使わなければあの昴という子に勝てません」 「どういう意味だ?」 「感情を剥き出すに人に勝つのは難しい。このままではあなたは負けます。もし負けてしまえば、あの子は試合後にあることないこと言うかもしれません……自分の師匠、いや最愛の人を傷つけられましたからね」 「……」  蒼は黒い何かが生まれたのを感じた。  それが一体何なのか、人や環境によって生まれ出たものか。  それとも元々備えていた負の感情か……蒼は分からなかった。 ――ニッ……。  山村はそれに気付いたのか、大袈裟な身振り手振りで告げる。 「感情には感情で!怒りには怒りで!炎をより強い炎で焼くのです!!」 ――妹を誰にも傷つかせない……!! 『おーっと!構えが変わったぞ?!』  朧童子の構えが変わる。  天地上下の構えより、両脇を絞め、握拳をもって両手甲を相手に見せる。  ボクシングでいうところの『ピーカブースタイル』に似た形をしていた。 「あ、あれは……『朱雀門の構え』?!」  そう述べるは師であり、父である鬼塚英緑であった。  父は気付いた、息子が心に飼う鬼を解放させたことを……。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません