付呪師リゼルの魔導具革命
 閑話:一方その頃、魔法大学では2

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「や、どーも学長さん」  早朝、ミューディは学長室を訪れた。  一瞬学長は困惑した様子なるも、すぐにいつもの調子に戻って眉を釣り上げ、怒鳴り声を上げた。 「入室の許可は出していないぞ! ミューディ・クロフォード!」 「おー、うるせー。つか、あんた変わんないね」  前の学長の頃は良かった。  魔導に対しての、理解があったのだ。  魔導師とは、魔法を使う者たちのことでは無い。  魔法に携わる者たちだ、という前学長の言葉は今でも覚えている。  学長は顔を真っ赤にし、猛り狂う。 「卒業を! 取り消されたいのかァ!」 「取り消す、ね……。んじゃ聞きたいんだけどさ。――リゼル・ブラウンに来てたスカウト、なんで潰したん?」  現学長は、徹底した魔法至上主義者だ。  無論、魔法も優秀なミューディは問題なかったが、一部の学生は悲惨な目にあっている。 「な、何を言っているのかわからないな。リゼル? さて思い出せない。誰だったか」 「……ウチが魔法薬の第一研究所に就職決まってるって知ってんよね?」 「……もちろんだとも。で、それがどうした? 私は忙しいのだ。自慢話ならば他でやれ」 「そこの所長さ、すっげ顔広い人でさ」 「他でやれと言った!!」  学長は怒鳴り声を上げ、バチンと魔力を爆ぜさせた。 「ミューディ・クロフォード。少しばかり成績が良いからといって図に乗るんじゃあないぞ」  そのまま右手に強靭な魔力を維持したまま、学長はミューディを威圧するようににらみつける。 「この私にかかれば、お前ごとき小娘の将来など簡単に潰してしまえるということを、忘れるな」 「……リゼルのように?」  学長は鼻で笑う。 「ハッ! 魔法の使えない小僧など、我が[魔法学校]には不要! ここは、魔法を使う者の場である!」  それは、決定的な言葉だった。  ミューディの中にあった深く静かな怒りが、業火となる。 「――じゃあ、リゼルを覚えてるってことで良いんだね」  驚くほど低い声が出て、ミューディは内心驚く。  もうとっくに疑念は確信に変わっている。 「我が[魔法学校]の汚点だよ。前学長が愚かだったのだ。魔法を疎かにし、魔道具の推進などと。今は! 魔法の時代である!」 「アイツはどこ?」 「さあ? だが生きてはいまい」  殺してやる、という言葉が喉元まででかかる。  だがまだだ。  まだ足らない。  ミューディにはやるべきことがある。 「……ウチがこれを告発したらどうする?」 「小娘ごときが何を言うか。名誉ある[魔法学校]学長である私の言葉と、お前の言葉。さあ、みなが信じるのはどちらであろうなあ?」  学長は勝ち誇った笑みを浮かべ、更に言った。 「ところでミューディ・クロフォード。おお! 何ということだ! 腕を怪我してしまったぞお」  学長はこれみよがしに無傷の右腕を見せびらかす。 「学年一位になれなかったことを逆恨みをした二位の生徒が、愚かにも学長に襲いかかったのだ! さあ、これをどうしてくれようか!」  これが、リゼルを潰した者の正体か。  何と醜く、愚かで――。  この程度の男に、リゼルは……。  そこから先の思いは言葉にも思考にもならず、ミューディはただただ虚しくなった。 「これでは、キミも[魔法学校]破門だなぁ?」  もう良い。  これ以上聞いていたくない。  だからミューディは全てを終わりにするため、言った。 [――じゃあ、そういうことみたいなんで……頼みます]  一瞬、学長の顔に困惑の色が宿る。  するととたんに学長室の扉が開かれ、数名の騎士と魔導師が武器を構え入り込んできた。 「な、何だ!? 誰だ! ここをどこだと思っている!!」  学長は狼狽し、喚き散らすも、騎士たちの鎧に刻まれている紋章に気づくと絶句する。 「こ、[黒翼騎士団]――」  最新の武具と最新の魔法と最新の技術を取り入れた、〈帝国〉最強の部隊。  そして、リゼルをスカウトしていた者たち。 「な、何故[黒翼]が出てくる!? く、来るな! 私に触れるな!」  隠密部隊としての側面もある[黒翼]は、堂々と募集などかけない。  秘密裏に接触したり、あるいは他のスカウトに紛れ込ませたり――。  だから、学長は既に、知らず識らずの内に虎の尾を踏んでいたのだろう。  握りつぶしたリゼルへの誘いの中に、彼らからのものがあったのだから――。  ふと、黒衣に身を包んだ魔導師が学長に何かを向けながら言った。 「ご同行願おう」 「ま、待て! それを私に向けるな!」  それ――?  何を言っているのかミューディにはわからない。  だが、学長の怯え方は普通ではない。 「協力の意思は無いと見た!」 「ち、違う! 王子だ! レイヴン王子に繋いでくれ! 私は、彼の――」 「撃つ!」 「よ、よせ! やめろおおおおおお!」  黒衣の魔導師の腕からバチン、とどす黒い何かが爆ぜる。  すると、漆黒の輝きは学長の体にまとわりつくと、学長の体を一枚の黒い帯びのようなものへと変貌させた。  ――レイヴンと、学長は言った。  おそらく、[黒翼騎士団]によって全貌は明らかになるだろう。  そうなった時、果たしてレイヴンは今の身分のままでいられるのか。  そういえば、とミューディは思う。  あれは初めて見る魔道具だが、奇妙な既視感がある。  確か、似たような機能が論文で――。  黒衣の魔導師が、先程まで学長だった黒い帯びを腕に巻きつけていく。  使い方も、ミューディが論文で見たものと同じだ。  騎士の一人が言う。 「協力に感謝する」 「あ、はい、ども……。えっと――」 「まだ何か?」 「いえ。何か今の魔道具って」 「機密である。他言は無用とする」 「え、あ、まあそりゃそうなんですけど……見たことある気がしてて」  騎士が兜の内側から、ぎろりとミューディを見る。 「あ、いや本物じゃなくて、友達、が……何か昔書いてて」  懐かしい勉強の日々。  リゼルをからかったり、教えてもらったり、教えてやったり――。  ふと、それがもう帰ってこないのだと思ったら涙が出そうになる。  騎士が言った。 「リゼル・ブラウン氏の[対魔導師用封印術]の論文は、読ませてもらっている」  それが、答えだった。  同時に彼らからミューディに言える最大限の情報でもあるのだろう。 「そっすか、どうも」  ミューディがペコリとお辞儀をする。  最後に騎士が言った。 「彼の捜索はするが、期待しないでくれ」  返事をすることは、できなかった。  やがて[黒翼騎士団]の全員がいなくなると、ミューディは壁を背にしてへたり込む。  深く深くため息を付き、もうリゼルに会えないと思い知った彼女は、理解する。 「ウチ、あいつのこと好きだったんだ」  と――。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません