作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 受験勉強を頑張った甲斐があって、私は市内でも有数の高校に進学した。  女子高校だから、バカな男たちはいない。  これで安心して勉強できる。  もう男なんて絶対いるもんか。  覚悟を決めたかった。  ママからもらったパールのイヤリング。  それをお店で加工してもらって、ピアスにした。  左耳に穴をあけて、塞ぐ。  どこかで聞いたことがある。同性愛者の人はこんなことするって。  でも、私は同性愛者じゃない。  このピアスは一生シングルっていう決意だ。  高校に入学すると、成績は常に上位。  だけど、ピアスをつけているから、授業中にいつも注意される。  そして毎日バカみたいに反省文を書かせられる。  くだらない。  こんなことで私の決意を曲げられるわけないじゃない。  ある日、担任の先生が産休に入って、代わりの教師が赴任してきた。 「げっ、男だ」  思わず声に出しちゃった。  若い男の教師で、ニコニコ笑って教壇に立つ。  女しかいない高校だったから、たちまち人気者になった。  端正な顔立ちしてたし、身長も高いし、明るい性格だし。  でも、私はそのセンセイを見る度に吐き気を感じた。  アイツを思い出す。  センセイの担当している授業は美術。  その日も私は適当に絵を描く。  みんなが一生懸命描いている絵を、センセイはひとりひとり優しくアドバイスしていた。 (うわっ、私のところには近づかないでほしい)  さっさと授業が終わらないかなと思ったその時だった。  センセイが声をかけてきた。 「あれ……君の耳」  また怒られるのか、そう思ってため息をつく。 「そのピアス、いいね」 「え……」 「君のだろ? パールがキレイでいいね。どこで買ったの?」 「こ、これはママからもらって……」  予想と違った質問をされて、ついつい答えちゃった。 「そっかぁ! いい趣味してるね、お母さん」  センセイは太陽のように眩しく笑って見せる。  私は動揺を隠せなかった。 「あの、センセイ。私を怒らないんですか?」 「え、なんで?」 「だって……校則違反だから」 「それで? なんで僕が君をそれぐらいのことで、怒らないといけないの?」 「そ、それは……」  言葉に詰まる。 (なにこの人、バカじゃない) 「服装とか身なりぐらいで、僕は生徒を怒ったりしないよ。例えば、君が犯罪や死に関わることがあれば、別だけどね」  そう言うセンセイの瞳は、キラキラと輝いてた。  まるで真珠のよう。  悪い人ではない。むしろ、善人に近い。  でも、思った。  この人もいざ女の裸とか見たら、アイツみたいに自制がきかなくなるただのオス。  それに、汚れを知らない一般人だ。  私とは住む世界が違う。  イライラしながら帰宅した。  自分の部屋に入って、机の引き出しからカッターを取り出す。  私は‟あれ以来”むしゃくしゃすると、自分の左腕を切る……という行為を繰り返した。  別に死のうとか思ってない。  ただ安心する。  刃が肌に触れると、一本の線が浮かんできて、そのあと、プツプツと血の球が浮かび上がってくる。 (あったかい)  するとリラックスできる。  もちろん、ママとパパには内緒でやってる。  だから、年中長袖を着てる。  美術の時間、イライラしながら絵を描いていた。  制服の袖がめくれていたのに気がつかなくて、センセイに呼び止められる。 (またこいつか……)  舌打ちすると、彼が言う。 「ねぇ、神崎かんざきさんだったよね? その腕、どうしたの?」 「あ……」  昨日、切った生傷が露わになっていた。  咄嗟に反対の手で隠そうとしたけど、センセイがそれを止める。 「ねぇ。これ自分でやったの?」  じっと私の顔を見つめる。  黙って頷く。 「そっか……放課後、職員室に来て」 (ヤバい、ママとパパにバレる)  言われた通り、職員室に来ると、センセイは書類に目を通していた。 「あの、センセイ……」 「ん、神崎さんか。あのね、さっきの傷、ご両親は知っているの?」 「知り……ません」 「うーん。じゃあこれを知っている大人は、僕だけかい?」 「そうです……」  しばらく沈黙が続く。 「どれぐらいやってるの?」 「一年、ぐらい……」 「なら相当な数の傷があるよね」  袖で見えない私の腕を指差す。 「……」 「それ、僕がお医者さんに言ったらダメかな?」 「ぜ、絶対にダメです! 誰にも知られたくない!」 「そうか、参ったな……君のそれは、命に関わる行為だからね」 (別にアンタに頼んでなんかない!)  しばらくセンセイは腕を組んで、考えこむ。 「あのさ、今日も帰ってするかもしれないんだよね?」 「わか、りません……」 「ならこうしよう。これ、僕の電話番号」  センセイはそう言うと机の上にあったメモ帳に、数字を書きなぐる。  そして、私にそれを差し出す。 「あの……どういうことですか?」 「もしまた切りたくなったら、電話して」 「え?」 「まあいいから、早く帰りなさい」  センセイの考えがさっぱりわからなかった。  動揺していた私は、帰ってすぐに机の引き出しからカッターを取り出す。  傷だらけの左腕に刃を向けたその時だった。  ぐしゃぐしゃになったメモ紙が視界に入る。 『もしまた切りたくなったら、電話して』  どうせ何もできないくせに、威張りやがって。  でも、また明日学校で問い詰められるのも面倒だ。  一回だけ電話して、出なかったら、こんな紙捨ててやる。  そう思って、試しに電話をかけてみた。  すると、ベルの音が一回鳴るか鳴らないぐらいのスピードで相手が出る。 『もしもし、神崎さん? 切りそうなの?』 「あ、ハイ……」  出ると思わなかったから、ビックリした。 『待ってて。すぐに行くから』 「え?」    数分後、窓の外から聞きなれないバイクのエンジン音が鳴り響く。  カーテンを開けると、赤いヘルメットをかぶったセンセイがいた。  手を振っている。  私はパジャマを着ていたのだけど、驚きのあまり、すぐに家から出る。 「はぁはぁ……センセイ。どうしたんですか?」 「どうしたって。君の切る行為を止めに来たんじゃないか」 「止める?」 (なにを言ってるんだ。この人) 「ほら、これ頭に被って」  そう言うとセンセイは、同じ色のヘルメットを私に手渡す。 「はぁ……」  言われるがまま、ヘルメットを被ると、後部座席に促される。  センセイがハンドルを回すと、「しっかり僕につかまってね」と言った。 「あ、あの……」  私の声はエンジンの爆音でかき消され、気がつけば、道路を走っていた。  センセイが連れて行ってくれたのは、近くの海岸だった。  そこで、ようやくバイクから降りる。  夕陽が落ちかけていて、暗くなりだした。  よく考えると、パジャマだったから寒い。 「ほら、これ着なよ」  そう言って、ジャンパーを着せてくれた。  二人でしばらく海を眺めていた。  ただ、波の音を聞いて、潮風を肌で受けて、海の匂いをかぐ。  たったそれだけなのに、心が安らぐ。  終始センセイは黙って海を見つめていた。  しばらくして、私の方から口を開いた。 「もう……大丈夫です」 「わかった。帰ろう」  センセイは、特になにもしないし、言わない。  ただ私のことを見守っていてくれる……そんな優しさだけは伝わる。  その後も、私はカッターを手にするたびに電話をかけた。  センセイは決まって数分で、窓の向こう側に現れる。  ピザの宅配よりも早くて笑っちゃう。  そして、二人で夜の海を眺める。    それが毎日、毎週、何カ月も続いた。  センセイは嫌がる素振りも見せず、ただ私を助けるために来てくれる。  優しい人。  バイクで走っている時、センセイの背中に身体を寄せて見た。  ドキドキ……。  センセイに聞こえるぐらい私の胸は高鳴っている。    私、‟先生”が好き。  そう思っちゃった。    それに気がついた時、私は自分を呪った。  汚れきった私なんかじゃ、先生には不釣り合いだ。  帰ってベットに身を放り投げると、涙が流れた。  きっと私が彼に想いを伝えたら、先生は笑ってこう言うのだろう。 『ありがとう。気持ちだけ受けとっておくね』と。  先生は良い人だから、そう言うに違いない。  思い切って先生に告白しようと何度も考えた。  でも、できない。  教師と生徒との間柄じゃなくなるのが怖くて。  私が告白して振られたとしても、先生は優しいままだと思うけど。私が無理。  そんな矢先、クラスの女子が教室で、先生に質問していた。 「先生ってさ。教師と生徒との恋ってあり?」  すると先生は、見たこともないぐらい顔を真っ赤にして怒っていた。 「君たち、僕をそんな目で見ていたの? 心外だな。僕が君たちにそういう感情を持った時、僕は教師をやめるよ!」  私はそれを聞いて『やっぱり』と一人静かに笑った。  そう。先生は私たちを女として見てない。  ただの子供、生徒として見ているんだ。  だから、だから……。  私はもう、切ることをやめた。  あの人をもう苦しませたくない。  電話で呼び出すなんて、卑怯な真似したくない。  卒業するまで、彼と正々堂々と向き合いたい。  この好きという気持ちは、そっと胸にしまって。  私は左耳につけていたピアスを外した。  開いていた穴は、気がつくと塞がっていた。  でも、それで良いと思う。  またピアスをしたくなったら、今度は両耳あけようと思う。  あっという間に卒業式を迎えた。  先生は旅立つ私たちを見て、いっぱい涙を流してくれた。  私は勇気を振り絞って、先生に声をかける。 「あの、先生っ!」 「神崎さん、今日までよくがんばったね」  先生は目を腫らせていたが、ニコニコ笑っている。 「これ。良かったら受け取ってください」  白い小さな箱を差し出す。 「僕に? なにかな」  箱を開けると、中には私が以前つけていたパールのピアス……だったものが入っている。  ピアスを加工して、ネクタイピンにしたのだ。 「あ、これって、神崎さんのピアスだったやつじゃないか! こんな大事なもの、僕にいいの?」 「いいんです。先生にはもっと大事なものを頂いたので」 「ん、なんのこと?」 「ふふふっ」  やっぱり、私のことなんて、ちっともわかってないじゃない。  あなたに埋めてもらった胸の穴。  私だけがもらえた、あったかいプレゼント。  今後、私が先生以上の男性に会えるかはわからない。  誰かを好きになることもないかもしれない。  でも、先生からもらった優しい気持ちは、ちゃんと返したい。  今度は、私が教師になって。  胸に傷を抱えた子供を見たら、先生に教えてもらった優しさで、包んであげたい。      了  

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません