IQ200!? アインちゃん☆ みんなは幼女の不思議に答えられるかな?
0
0
ラノストユーザー デビュー
現代ファンタジー 全1話 完結済み 第一回 夜見ベルノ小説大賞応募作
ねぇ、お星さま? アイン、わからないことがあるの? *** と~ても、お利口な5歳の幼女、アインちゃんは世界の不思議が気になって仕方がありません。 だって彼女はIQが200もあるのです! そんなアインちゃんは、世界の疑問が気になって仕方がありません。 アインちゃんが暮らす雪の降る町で、なんと、サンタ・クロースさんが来てくれました。 サンタさんはアインちゃんに何が欲しいか聞きます。 「さぁ! お嬢ちゃんの欲しい物は何だい? 大きな袋から欲しい物を出してあげよう」 でもアインちゃんは……。 「アイン、プレゼントはいらないの」  サンタさんは首を傾げます。 「おや、珍しい子だねぇ。じゃ、何が欲しいんだい?」 「サンタさん。アインの不思議に答えてほしいの?」 みんなはアインちゃんの疑問に答えられるかな? 少し不思議なブラックコメディ。

作品をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません