もしも願いが叶うなら:第1部
———ある日にて。〜望郷〜

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 …ある日、彼らは天を仰いだ。  人殺しの少年は、自らのやった事を悔いながら。  朧げな頭で、「それは悪い事だ」と自覚しながら、空に浮かぶ星々を仰いだ。  金髪の少女は、眼前にて起こった惨状を信じられずに、ただただ絶望を感じたまま、空に浮かぶ……月を眺めた。  戦うことしか教わらなかった少年は、自分のただ一人の仇敵を探しながら、月を眺めた。  才能のかけらもない少年は、ただただ打ちひしがれながら、苦し紛れに月を眺めた。  未だ戻らぬ主の帰りを待つ天使は、天涯を信じて月を仰いだ。  排斥された獣人の少女は、自らの運命を呪いながら、それでもと抗い月を眺めた。  ただただ生きていただけのドワーフの少年は、特に意味もなく、ただただ衝動的に……月を眺めた。  最終兵器は、自分がアイするべき運命の人を信じて、月ではなく空に浮かぶ星々を眺めた。  師匠はただ、「予言」を信じ、空を仰いだ。  アイに溺れ、世界を呪った撃墜の王はただ一人。  ずっと昔に置いてきてしまった全てを悔やみながら、空に瞬く星々を眺め、消失した。  魔族の王は、ずっと昔に置いてきた感情に呆れながらも、空に瞬く月を眺めながら、この世界を祝福した。  舞い降りた天使は、遥か遠くに未だ有る、モノクロの 楽園天涯を仰ぎ続けた。  ———また、ある日。  人殺しの少年は、果てしなく遠い 故郷楽園を眺めながら。  しかしてそれは、自分が手に入れるものではないと、自らの運命を拒否する。  その末路はどこか虚しく、悲惨なものであったが。  少年はそれでもいいと、自らの宿命を受け入れた。  ……まだまだ、ずっと先の、とある日の話だが。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません