作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 AGE.18600(太陽暦2800年)における人間界。文字通り人類が住まう領域であり、西大陸のおよそ3分の2を占める領域だ。  1000年ほど前、「終末戦争」と呼ばれる多種族間星圧戦争にて、星は終末を迎えた。地は裂け、天は割れ、母なる海には生命体の血が流れ出し、ついには波ひとつ起こさぬ無の海へと変貌した。  しかし、その戦争の末に(どうやったかは全く不明だが)人類は勝利した。  …が、魔族の王「魔王」は死んではおらず、西大陸の最西端にて魔界を作り戦力を蓄えていた。魔族は30年前に人間界に攻め入り、人間界の中で結成された軍「人界軍」が応戦を試みたが、すぐに壊滅。  高度な魔術を用いる魔王軍に弓や木製の盾、剣などが敵う筈もなく、人類は苦戦を強いられていた。  そんな中、人類の王ユダレイ・タッカーダル四世は、争いの素となるとして封印していた「魔術」と「ジョブシステム」を解放する。  人界軍の中でも魔術を用いた「魔導大隊」が結成され、人界軍も魔術を使って応戦する事により、魔王軍の一方的な蹂躙にも歯止めが掛かってきた時だった。  魔術が解放された事により、一般市民も魔術に触れる事が出来る様になり、15歳を超えた若者の一部は「勇者」として魔術や剣術などを学び、戦場に赴くようになった。 「…これが、人界の歴史じゃ。…お前も行くのか? あの地獄のような戦地へと」  老人は確かめる様に少年に問う。 「もちろん。俺は昔から、戦う事しか生きる理由が無かったから」  少年は老人との別れを寂しく思いながら、隣にいる老人に笑顔で伝えた。 「それじゃあ、行ってきます」  老人は一度笑顔になった後、少年のこれから歩むであろう道を不安げに見つめながら、少し震えた声で 「死ぬんじゃ、ないぞ」  と呟いた。  それが老人との、俺を育ててくれた恩人、ジャンおじさんとの最後の会話となった。  …なったのなら、よかったものの。 「まずは王都で勇者登録、その後にジョブ決め…うわー、やる事多いなー…」  …と、冒険に行くのが楽しみなのか、つい独り言が出てしまった。  口に出したはいいものの、本当にやる事多いか?とか思いつつ王都へと足を進める。  おじさんは心配してたけど、はっきり言って魔王軍を倒す事なんて今の自分にとっては余裕(だと思う)で、今は魔王軍との交戦による心配よりも、新たな出会いや冒険にワクワクする気持ちの方が強かった。  だからこそなのだろうか、あれだけ長いと思っていた王都への一本道。  ろくに鋪装もされずに、岩がその辺に転がってるような険しい道がまるで無かったかの様に、ただボーッとしながら歩いていただけで王都正門に着いてしまった。  立派な石造りのアーチに、門の先を埋め尽くす人だかり。  四年前にも一度来た事があるが、やはり訪れた感想としては、四年前と同じく、 「すげぇ…」  と口に漏れてしまうほどの凄さだった。  石で敷き詰められたタイル、王都正門からなる道の両脇には、果物屋さんや野菜屋さんでいっぱい。  勇者登録ができるジョブセンターはその一角にポツンと置かれていた。  期待に胸が膨らんで破裂しそうになりながら、ジョブセンターのドアを開ける。  入ってすぐに受付があり、いかにもこういうところに立ってそうでどう見ても受付役のお姉さんがいたので、その人に話を聞く事にした。 「すいませーん、勇者登録をしに来たんですけど…」 「はい、勇者登録ですね?でしたら(ゴソゴソ)こちらにお名前を」  お姉さんが差し出してきてくれたペンを取り、自分の名前を書く。 「白さん、でよろしいですね。それにしても、珍しい名前ですね。日字にちじ一文字の名前なんて」  王都の人は凄いな、異国の文字でも読めるなんて。 「それじゃあジョブ決めをさせてもらいますので、この台に手を置いてください」  言われるがままに手を置く。ついでに、 「ところで、ジョブシステムって何なんですか?」  おじさんも何度か口にはしていたものの、具体的な意味がよく分からなかったので聞いてしまった。 「ジョブシステムというのはその人の魂から、その人に向いた魔術の属性などを調べ、その人に合った役職を紹介するシステムですね」  なるほど、つまり俺に合った魔術の属性が分かるって事か。 「ジョブシステムの結果が出たらお知らせしますので、それまであちらのソファで座って待っていてください」  そう言ってお姉さんが指を指したのは赤くて座り心地の良さそうなソファだった。  ソファに座り、色んなことを妄想してみる。  俺は何が使えるんだろうか。  敵を氷に閉じ込める氷の魔術? それとも敵を紅蓮の業火で焼き尽くす炎の魔術? それとも圧倒的な火力で全てを吹き飛ばす爆発/爆裂魔法?  または……師匠の使っていた「呪術」とか?  何にせよ、今までの人生では刀しか握ってこなかったものだから、どんな魔術や魔法でも使える事自体が楽しみで仕方なかった。  そんな事を考えているうちに、 「ジョブシステムの結果が分かりました」  と、お姉さんに案内されカウンターへと移動する。 「こちらがジョブシステムの結果です」  そう告げられ、お姉さんから茶色のカードを手渡された。 「ジョブシステムで評価するのは三つの項目で、一つ目が魔術/魔法適正属性。二つ目が現在の魔力量。三つ目が潜在能力、つまり魔術や魔力量の伸び代を評価しています。二つ目以降の項目はAランク~Eランクまでで評価しており、AからEに進むごとに評価が下がっていく形となっています」  そう言われて、カードを見てみると、  適正属性:回復魔術  魔力量:C  潜在能力:E  と書かれており。 「嘘だろ…」  まさかの結果に呆然とし、自分の今の感情が声にまで出てしまっていた。 「色々と、凄いですよね…そこまでの人はあまり見かけないくらいには…」  あんなにまで憧れていた魔術を使う自分の姿が音を立てて崩れていく。  っていうか今サラッとひどい事言われた気がする。 「…とりあえず、色々とありがとうございました…」  小さな声で呟いた。 「あ、うん、とりあえず冒険、頑張ってね…」  半笑いでお姉さんが口を開く。  どうしてこうなってしまったんだと。  15歳の少年には似合わないほどうなだれながら、俺はジョブセンターを後にした。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません