零れた欠片が埋まる時
プロローグ ~知られざる邂逅(前編)

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 両親の通夜で、市営住宅の集会所に設けられた白を基調とした簡素な祭壇を見やりながら、その間近に制服姿で正座していた清香さやかは呆然と今の状況について考えていた。 (どうしてこんな事になってるの? 今朝までは二人とも、普通に笑ってくれていたのに……)  中段に並べて飾られている両親の遺影を見ても、居眠り運転のトラックに突っ込まれて両親が呆気なくこの世を去ってしまった事が未だに理解できていない清香を、隣に座る喪主で、年の離れた兄、清人きよとが低い声で促す。 「清香、ご挨拶しなさい」  その声で俯いていた彼女が顔を上げると、旧知の人物が顔を揃えて弔問にやって来ていた。 「柏木さん、倉田さん、松原さん。本日はお忙しいところ足を運んで頂き、ありがとうございます」  清人が礼儀正しくが頭を下げる前で、父親の幼馴染として時折顔を見せていた初老の男性達が、沈痛な面持ちで声をかけてくる。 「何を言ってるんだね、水臭いぞ清人君」 「そうだぞ? しかし連絡を受けて、何か我々でできる事があればと思って取り急ぎ駆けつけてみたが、この短時間で君が万事整えていた様で安心した」 「私達としては寂しいが、二人とも安心しているだろう」 「いえ、ここの自治会の方やご近所の方にお世話して頂きました。私一人ではとても……。今後何か手に余る事がありましたら、その時はご助力をお願いします」  再度神妙に頭を下げた清人に対し、三人は涙ぐみながらも力強く頷いた。 「それは勿論だとも。遠慮なんかしないで、幾らでも頼って来なさい」 「まだ清香ちゃんも、中学に上がったばかりだしな。あまり気を落とすんじゃないよ?」 「何か困った事があったら、すぐにおじさん達に言うんだよ?」  引き続き自分にかけられた声が引き金になったのか、ここにきて漸く清香の目にじんわりと涙が浮かんでくる。 「雄一郎おじさん、和威おじさん、義則おじさん、ありがとう、ございま、す……」  そんな清香の様子を見た面々は、黙って一人は頭を撫で、一人は軽く肩を叩き、一人は膝の上で固く握りしめた彼女の手を優しく握ってから下がって行った。そして彼らが集会場の片隅で、何やら手伝いの女性達と話し始めたのを涙で潤んだ目で眺めていると、突然隣の清人が立ち上がった。 「どうしたの? お兄ちゃん」  すると清人は険しい顔つきで、出入り口に向かって足早に歩き出した。 「ちょっとだけ離れる。ここを頼む」 「え!? ちょっと! お兄ちゃん!?」  一人にされて一気に心細くなったものの、同じ団地の知り合いが挨拶に来た為、自分まで席を立つ真似はできず、そのまま座ってお礼を言いながら頭を下げた。そしてその人物が去ると同時に、同じ棟で家族ぐるみの付き合いをしている女性が、割烹着姿で背後からにじり寄って声をかけてくる。 「清香ちゃん、ちょっと良い?」 「はい、なんでしょうか」  するとその女性は割烹着のポケットから素早く白い封筒を取り出し、後ろに向き直った清香の手に握らせた。 「凄い仕立ての良いスーツを来た三人の方に、『葬儀では現金が手元に無いと何かと不自由です。私達からだと清人君は遠慮して受け取らないと思いますので、貴女達から後で彼に渡して頂けませんか?』って押し切られて、取り敢えず預かっちゃったんだけど……」  困ったように囁かれ、こっそり渡された封筒の厚みに彼らの思いやりを実感して、清香はいよいよ号泣しそうになった。 「ありがとうございます。あとからお兄ちゃんに渡して、おじさん達にはお礼をちゃんと言いますから」  それを聞いて、相手は如何にも安堵した表情を見せた。 「良かったわ。おばさん安心しちゃった。だって佐竹さんの所はご夫婦どちらも親戚付き合いが無いって伺ってたから、急に兄妹二人だけになってしまって団地の皆で心配していたのよ。勿論、清人君はもう成人して自活しているから大丈夫だとは思うけど、やっぱり頼りになる親戚の方が居れば安心でしょう? 優しい伯父さん達で良かったわね」 「……いえ、あの方達は父の幼馴染で仲良くして頂いただけで、親戚じゃないんです」 「え? あ、そうだったの?」 「父は確かに天涯孤独ですが、母には親兄弟が居るらしいですね」 「らしいですねって……。清香ちゃん? その人達に連絡は取ったの? それらしい方はまだお見えになっていないみたいだけど……」  何故か急に俯き、暗い声で呻くように告げた清香に、若干たじろぎながらも相手は控え目に問い質した。しかしそこで、いきなり清香が激昂した。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません