うたへうたえ
2-C 『便せんが裏紙となりくずかごへ紙飛行機にならないままで』

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 練習を終えて。 「駅まで行こっか」  歌奈がみなを引き連れてスタジオを出ると、風が強くいた。はるが「さみーーー」と声を上げる。 「スタジオ、なかなかないからなあ。駅の辺りは先客がいること多いし」 「ちょっと遠いのが難点だよねえ。歌奈、一応年明けに利用できそうなとこ、ピックアップしとく」 「あん、助かる……!」  だん使う路線ではなく、その手前にあるふみきり。先に向かったあんはるわたりかけたところで、しやだんが下り始めた。 「っち、ストップ」 「う、うん」 ――二人きり。  意識してしまうと、かたがこわばる。それでも、あんが『わざとこの道を選んだんだ』と、今月に入ってからのこのルートの『秘密』を教えてくれた。とっくに、この気持ちがばれていることは知っている。このふみきりの向こうにあるコロッケ屋で、『はるへのけが増えた』とあんが苦笑いしていたのには、つられて笑ってしまったが。 「あの、そういえば、なんだけど」 「うん?」 「年末年始で、作詞してくる」  電車が通りかかる。『すぐにしやだんは上がるだろう』と、歌奈は親指を立てて『OK』のサイン。その間に、『どうしても書きたい歌詞があって』というの言葉は届いていなかったが。  しやだんが上がると、歌奈が前へ出た。その背中しに、あんが小さく『だいじようそう?』と指で輪っかを作ると、ずかしそうにそう返した。  冬休みに入ってしばらく。作詞の作業はていたいしていた。 「書きたいフレーズは出来てるのに、後が思いつかない……」  歌奈に聞くのは、何を書こうとしてるかバレたくない。あんはこのことを相談したときに『言葉選びはアドバイスできるけど』とやんわり断られてしまった。 「どうしよう……」  その時。 「しーちゃん、入っていい?」  ノックの直後に聞こえた声。いつしゆんよぎって、けようかと思っていた人。 「つかさお姉ちゃん……いいよ」 「おじやします」  司が中学生になってからは、冬休みにしんせき一同で集まるとき、両親が祖父母の家で、つかさの家にまることになっていた。だから、来るのは分かっていたけれど。  その人は、目立つ方ではなかったけれど、れいな人だ。 「歌奈ちゃんから聞いたよ、私の代わりにバンドに入ったって」 ――胸がざわざわする。もちろん、悪気はないはずだけど。 「『星の忘れ物』いてさ……その、歌奈ちゃんへのおびじゃないけど、しーちゃんに合わせた作詞法を伝授しようと思って」 「えっ、別に……いや、その。ちょっと思ってたから、つかさお姉ちゃんがいいなら……」  きっと、つかさも、おもかべたフレーズと同じところをおもかべたのだろう。 ――夢の中の忘れ物を あなたの中のキラキラを ――分けてほしいの あこがれだから ――大切だから 「しーちゃん?」 「あっ、うん」  ぼーっとしていたに、つかさが続ける。 「その作詞法だけど……しーちゃんの得意な『短歌』を生かそう」

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません