うたへうたえ
1-A'『空掴み言葉にならぬ心臓の音は扉をノックするよう』

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「というわけで、ちゃんでーす!」 「よ、よろしくお願いします」  ファミレスで他のメンバーと顔合わせすることになった。  あんが『ぱちぱちぱちー』とはくしゆすると、その向かいにすわはるも親指を立ててぶんぶんとる。 「私はあん、キーボード担当。ライブハウスとかの予約とか、事務的なこともやってる。見た目のわりに出来る子だよ!」 「自分で言うか! 実際そうだからだいじようだけど! んで、わたしははる。ドラム担当!」  一通り自己しようかいを終えると、ぱんっ、と歌奈が手を合わせる。 「――はいっ、じゃあ、ちゃんの慣れもあるだろうし、いったん解散で。次は水曜日に練習ね」 「はあい」 「はーい」  そういいつつ、せっかくたのんだフライドポテトがもったいないので、少しほおばってから帰ることにした四人。  そのちゆうに通知音がしたあと、歌奈がかない顔をしていた。 「……歌奈、いつたんスマホせとけば?」 「ん……」  あとの二人は事情を知っているようで、あんはてきぱきと歌奈のほうへ、ポテトを取り分けたり、ドリンクバーの飲み物をけたりしていた。  何が何だかわからないも、下手に事情をさぐるわけにもいかないので、大人しくしていた。そのそでを、くいくい、と引っ張ってきたのはあんだった。 「ちゃん、『ゆみ つかさせんぱいって……ちゃんの……」 「あ……従姉いとこ、です」 「やっぱりー……この子、ちゃんをさそってから気づいたみたいでさあ」 「あーごめん、わかったわかったから」  その話題で盛り上がりかけたところで、歌奈が制止した。苦い思い出なのか、何度かうなりながらテーブルにしている。 「……先にベースのめんわたしておくよ」  あんからわたされたのは二曲のがくタブ譜――がく上にフレット番号を示したもの――もていねいまれていて、から見てもみがしやすい。 「歌奈もマメだもんね。演奏でやりたいことがちゃんと書いてあるし、一応フルスコアもあるよ」 「へえ……」  その横ではるが歌奈の指をいじって遊んでいた。 「あ、えっと……」  何かを言おうとして、『余計なことを言いそう』と自ら止めた。  いとこが話にからんでいるからだろうか、心がざわざわして落ち着かない。どうも少し強くなっている。 ――これは、どんな気持ちなんだろう。  言葉をんで、もう一度のどうるおすことにした。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません