作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「それよりも、ペガサスは!」  大量に出血し、ペガサスはすでに虫の息である。丸い瞳が、バイクへと注がれた。 「バイクがどうしたのです?」 「あれは、バイクというのだな?」  白き天馬が、言葉を話す。 「わずかながら、我が力を授ける」  天馬は光の粒子となって、バイクへと吸収された。 「どうしてそこまで?」 「敵がもう一体いるからだ。イスリーブの王子が狙われている」  バイクの背部に、輝く白い翼が。羽根の一枚一枚が、機械のパーツを思わせる。 『新しい力が、バイクに備わったな』 「この力を使って、王子を救ってくれ。さらば」  ペガサスの気配が消えた。 『なら急ごう』 「はい。ペガサスの死は、ムダにしません」  レイジングフォームのコウガが、再度変身の構えを取る。 『変身、ライジングフォーム!』  銀色のコウガへと変色した。 「フォームチェンジもなさいますのね」 『そうだ。すまんが先を急ぐ。レプレスタの城で会おう。トゥア!』  アクセルを全開にする。突然、翼が光り輝いた。バイクがふわりと宙に浮かぶ。 「これなら、空の敵にも対処できますね」 『行くぞ。王子が危ない!』  コウガはアクセルをふかすと、バイクがひとりでに前進した。  敵の気配からして、城に近い位置にいる。  下を見ると、馬車が翼竜怪人に追われていた。怪人は、先ほど倒した敵と同タイプのようである。色が違うだけだ。前の敵は緑で、こちらは赤い。  二頭の白馬が、馬車を懸命に引いている。しかし、赤い怪人の吐く火球から逃げるのが精一杯のようだ。  王を守るように、兵隊が矢や魔法で応戦している。しかし、硬い装甲に阻まれていた。傷一つつけられていない。 「あそこです」 『よし、迎え撃つ!』  コウガは、シートの上に立つ。 「なんだ貴様は! 俺の食事をじゃましてんじゃねえ!」  翼竜怪人が、首を大きくのけぞらせた。火球のブレスが来る。 『なんの。冷凍ガス!』  両手をかざし、コウガは冷凍のガスを発射した。火球を撃ち出す直前に口を凍らせる。 「ぐふううう!」  口内で爆発を起こし、怪人の口が黒煙をあげた。 『トドメだ! ライジングキック!』  コウガは空高く舞い上がる。風の力をその身に受けて、速度の上がった前蹴りを打ち込む。 「やりやがったな! だが、俺らのボスはだまっちゃいねえぜ! 覚えてろよおおおおお!」  捨てゼリフを吐いて、翼竜怪人は砕け散った。  バイクに乗り直し、地上へとゆっくり着地する。王子を怖がらせないように、できるだけ遠くで。 「コウガどの、殿下が、あなたにお礼が言いたいと」 「出てきてはなりません!」  王子の側近が近づくのを、コウガは止めた。 「まだ敵が近くに潜んでいるかも」  上空を見上げながら、コウガは未だに警戒を解かない。 「安心なさい。もう敵はいませんわ」  数分後、エスパーダが到着する。 「ならばいいのですが」 「正体を知られてくないのは、分かります」  やはり、エスパーダは察してくれたようだ。 『お城へとお向かいください。まだパトロールせねばなりませんゆえ』  エスパーダの口から、ノーマンの声が発せられる。 「そうですか。ならば」  側近が、馬を動かそうとした。 「いやじゃ!」  だが、王子は馬車の中でグズっている。 「ささ殿下、レプレスタの城へ」 「余は直接、コウガにお礼が言いたい! おろせ!」  どうも、馬車内で問答をしているようだ。 『どうする、コデロ?』  ヘタに正体を明かすと、レプレスタで調査をしづらくなる。 「では、こういたしましょう」  馬車の側に向かい、コウガは側近と話し合う。 「お礼より、報酬をください。このレプレスタに、魔道具マギアを作れる作業場を提供してください。どのみち、我々はその相談に参ったのです。あなたもでしょう?」 「その程度でよろしければ」  側近は、承諾してくれたが。 「顔を見せてはくださらぬのか?」 「お恐れながら王子、私はあまり人前に姿を明かせぬ身でありまして」  コデロは、バイクにまたがる。王子の返事を待たず、エスパーダの元へ。  「エスパーダ、今回は感謝致します」  コウガは、エスパーダに視線を向けた。  しかし、エスパーダは不満そうである。 「エルフの守り神だったペガサスの一頭を、わたくしは死なせてしまいましたわ」 『キミが来なければ、もっと多くの命が失われていただろう』  落ち込むエスパーダを、コデロの兄ノーマンが励ます。 『コーデリア。キミと話がしたい。レプレスタの城について来てくれないか?』  それは、思ってもいないことだった。ミレーヌの購入した店で、寝泊まりをするつもりだったのだが。 「それはナイスアイデアですわ。あなたは、ワタクシの食客ということにいたします。コデロ、でしたわよね?」  ドランスフォード王家の親戚である貴族の娘で、王国壊滅の報告を聞き、このレプレスタまで逃げてきた、という設定になった。 「素晴らしい。我ながらナイスな設定ですわ!」  一人だけ、エスパーダは満足そうだ。 「また、設定ですか」  コデロは肩を落とす。 『めんどくさそうな女だ』 『キミもそう思うかい?』  ノーマンも、苦労しているようだ。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません