作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 自分の生体エネルギーが、月の石に流れ込んでいるのだとわかった。何が起きたのかは分からない。しかし、何かが起きそうな予感がした。 『変……身!』  コデロと同じ変身ポーズを取る。  だが、何かが違った。体中を駆け巡る魔力の質が、レイジングフォームと異質なのである。  レイジング時は、血が沸騰するような痛みがあった。が、今はなんだか、温かい。体中が月の光を浴びているかのような、穏やかさに包まれている。 「なんでしょう? 不思議と力がみなぎってくる感覚があります」  コデロまで、穏やかな声になっていた。 『オレもだ。不思議な感覚だぞ?』  リュートは、変わりゆく自分の手足を見つめる。 『こ、これは!』  コウガの全身が、銀色の姿になっていた。膨大な力が、溢れ出す。 「なんと、コウガにこれだけの力がまだあるなんて! さっきまで、死に体だったのに!?」  生まれ変わったコウガの姿を見て、大怪人が恐怖に怯えている。  そんなにスゴイのだろうか? 試しに、コウガのステータス画面を開く。 『これは、【コウガ:ライジング・フォーム】だと?』  コウガの第二形態だという。レイジングフォームは、怒りに捕らわれている状態で、力は強いが鈍重だそうだ。このフォームはレイジングの腕力に加え、身体も軽くなっているらしい。  だが、この姿には見覚えがある。  リュートが死んだあのとき、コウガはこのフォームだった。  歓喜、興奮するリュートは、叫ぶ。  『レイジングがコデロのコウガなら、こっちはオレのコウガなんだ!』  ライジングフォームの両手を、コウガは握りしめた。 「怒りを超えて、誰かを守るための力に目覚めた、と?」  疑問点をコデロが告げるが、リュートは首を振る。 『分からない。正義感がピークに達したフォームという可能性だってある。とにかく、今は全力を尽くすのみだ!』 「はい。あの化物をやっつけましょう」  コデロも前向きになった。今なら、あの大怪人を倒せる気がする。  「キラッキラになったから、なんだっていうのです? その体中から膨れ上がってくる魔力、すべてワタクシがいただきますわ。そしてワタクシは、王をも超える存在に!」  大怪人が、王笏を振り下ろしてきた。コウガを叩き潰す気だ。 『トゥア!』  ハイキックで、コウガは王笏を押し出す。  丸太のような腕が、吹っ飛んだ。背骨を抱きしめるかのようにへし折れ、あらぬ方向へと曲がる。 「ああああああ、ワタクシの腕があああああ!」  巨大な腕を、いとも容易く砕くとは。 「パワーでは、ありませんね」 『相手の力を利用して、跳ね返したんだ』  ライジングフォームには、レイジングフォームのような腕力はない。だが、相手のパワーを反射する力に長けるようだ。  「まだですわ! これでも喰らいなさい! カオオオオオッ!」  大きく息を吸い込み、怪人は口から火炎を吐き出す。    炎のブレスは、ガレキを溶岩へと変えた。  溶岩は大怪人の足さえ焼くが、怪人は涼しい顔をしている。 『冷凍ガス!』  コウガは両手からガスを発生させ、炎を完全に消し去った。溶岩さえ固めてしまう。 「な、なにいいいい!」  これは勝てないと踏んだのか、怪人は背を向けようとした。  だが、固まった溶岩に足を取られ、バランスを崩す。 「冷凍ガスの威力も増しています」 『魔力も高まっているのか』  レイジングとは逆に、魔法の威力が上昇しているらしい。 『とどめだ! 憤激・改リ・ボルケーノ!』  ベルトから、光子の剣を召喚した。  ジジジと、剣が火花を散らす。 『トゥア!』  憤激・改を上位イノシシ怪人に投げつけた。 「こしゃくな!」  剣を、王笏で弾き返そうとする。  しかし、光の剣は黄爵を真っ二つに切り裂いた。勢いに任せ、上位怪人の胸を貫く。 「ぎゃあああ! なぜぇ!」 『これが闇を断つ光の力だ! いくぞ、トゥア!』  コウガは大地を蹴った。  これまでとは違う。身体が異常に軽い。  大怪人さえ飛び越える勢いだ。  風の魔法で全身を包み込む。上空に火炎の魔法を発動し、爆風を起こした。勢いに任せ、その身を嵐の弾丸と化す。  月光を背に、足刀を突き出した。 『くらえ、【ライジング・キック】!』  光の剣を蹴り込み、上位怪人の胸に突き刺す。  今のコウガは、物理的な攻撃力こそ低かった。  が、魔力によって勢いを上昇させた蹴りは、レイジングキックの数一〇倍の威力を持つ。  脂肪だらけの肉体に、コウガの破壊エネルギーを流し込む。  怪人の全身が、膨らんだりしぼんだりする。コウガの撃ち込んだ魔力が暴走し、巨大な肉体を内部から破壊しているのだ。 「うぎゃああああ! 魔王ヴァージル、デヴィランの王よおおお!」  伯爵夫人の巨体が、コウガのキックを浴びて爆砕した。自分の屋敷さえ粉砕して。 「コウガ、脱出しろ! こっちだ!」  ダニーとアテムの先導で、コウガは建物から逃げ出す。  怪物のアジトだった伯爵の屋敷は、瓦礫の山となった。 『そうらしいな』  ベルトに収まっていた宝玉は、太陽の力を有していた。月の石が太陽の石と反応して、第二の変身を遂げたらしい。  詳しいことは分からないが、コウガは新たな力を手に入れたといえた。 「ドレイク様に聞いてみるか?」  アテムの意見をは一理ある。  伯爵討伐の報告も必要だ。一度は顔を出していいかもしれない。 「とはいえ、コウガについては明るくないようですが?」 「行こう。伯爵をけしかけた奴らがどこにいるか、突き止められると思う」  ダニーの一言により、ドレイク卿と面会することを決めた。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません