作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 特別ゲストを連れて、妖精族の祖先が住む世界樹へ。  いざという時の相談役として、ラキアスと護衛のアテムも連れている。  自然全体が、まるで生きているかのような息吹を感じた。それでいて、不気味さは感じない。  世界樹も、大きいというより「太い」印象を受ける。世界を支えているかのような雄大さを感じた。葉の部分は濃い霧に包まれ、全体像が伺えない。 「ようこそ、妖精族の森へ」  対話に現れたのは、イクスを大人しくしたような女性と、女性と見間違えるほど美しい男性だった。 「私はレプレスタ第一王女です。父がお世話になっております」 「夫です。妖精王とのコンタクト、我々が取り持ちましょう」  レプレスタが引退するまで、エルフの森を二人で監督しているという。 「ラキアス、こちらのご婦人は?」 「レプレスタの食客として来てくださった、コデロ・シャインサウザンド様です。人呼んで、コウガと」  イクスの友人で、今は素性を隠してデヴィランと戦闘しているとも、ラキアスは付け加えた。 「なんと、伝説の戦乙女、コウガですと! その節はよくぞエルフの里とレプレスタを守ってくださいました!」  二人が、頭を下げる。  コウガとして紹介されたときは、困惑した。  が、こうでも言わなければ、コデロは部外者として排斥されていただろう。  「して、あなた方は?」  第一王女は、ゲスト二名に視線を移した。 「吾輩は、イスリーブ領内・武器技術コンサルタントの、ノア・ハイデンであります。今日はよろしく頼みますぞ」 「研究代表の、ダニー・バンナだ。よろしくな」  二人に連れられ、コデロは王のもとへ。  話し合いの場は、お茶会の庭を思わせる場所である。 「よくぞ、いらっしゃいました。私が現在のエルフ王です」  エルフの女王は、背の高い女性だった。  木のように細いが、目が力強く、強い意志を感じる。  第一王女たちが、持ち場を去った。 「あなたが、コウガですか。お話は、ラキアスを通じて伺っております」 「ラキアス様が?」 「すぐにここへ来て、色々と話してくれました」  エルフ女王が言うと、ラキアスがウフフと笑う。  コウガにもっとも入れ込んでいるのは、ラキアスだ。うれしくて報告したのだろう。 「ベルト様、あなたの存在も」 『オレのことも知っているのか』  リュートの存在さえ、エルフ王女は知っていた。なら、話は早い。 「本当は、レプレスタ王やイスリーブ王子とも対面せねばならないのでしょう。けれど、この地を離れられず」 「と、おっしゃいますと?」 「不穏な影が、世界樹を通じて伝わってきました。おそらく、デヴィランの」  倒すべき敵組織の名が出た。 「デヴィランをご存知なのですか?」 「はあ。エルフとデヴィランは、昔から戦っております」  魔法石は、デヴィランを倒すために開発されたらしい。 「こちらへ」と、女王と共に世界樹の根本へと向かう。 「大したおもてなしは、できませんが」  言って、女王は世界樹にはめ込まれた杖を取り出す。先端の宝玉は、コウガのベルトを構成するオーブによく似ていた。 「では、このベッドに。横になってくださいませ」  女王に促され、コデロはベッドで仰向けに。 「妙なことは、しないでしょうね?」 「ご安心を。随分とベルトが傷んでいるようなので」  女王が宝玉を、コウガのベルトに当てる。 「エルフの持つ力の一端を、あなたに」  熱が、杖を通して伝わってきた。容量が上がっていくような感触に。  ベルトにも、変化が生じた。一見するとわからない細かな傷やヒビが、杖からの魔力によって解消されていく。心なしか、色も明るくなったような。 『何をやっているのだ?』 「コウガの戦闘効率を、最適化しています。あなたの世界だと【レストア】とか【オーバーホール】とかいうのでしょうね。ベルト様、とやら?」  劣化・故障した部品の全面修理を「レストア」、航空機用語で「分解・清掃の過程」を、「オーバーホール」という。 『オレがベルトと呼ばれていると、よく知っていたな?』 「コデロ様の意思が、ベルトを通じて流れ込んできました」  となれば、戦闘データも抜き取られていると見ていいだろう。仕方ない。周してくれているのだ。 「あなた方が使用していたのは、老朽化したベルトです』  長年地球に放置されていたため、知らぬ間に痛みが生じていたらしい。  ずっと魔力が沿っ削ぎこまれていたなかったせいで、魔力の流れも悪くなっていた。  それでも十分強かったのだが。 「そのため、コデロ様のレベルにコウガがついていけなくなっていました。それだけ、コデロ様の能力が増しているのです。それこそ、超人レベルで」  イマイチ調子が悪かったのは、ベルトのせいだったのか。  女王いわく、コウガはずっと「不完全な状態」で戦っていたそうだ。  おまけに激闘に次ぐ激闘で、ベルトが限界を迎えていたという。 『うむ。ますます強くなっているんだ。コデロは』 「いいえ。あなたもですよ。ベルト様」  予想だにしなかった言葉が、エルフ王女から出てきた。 『オレが?』

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません