作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「でもな、また誰も救えなくなるところだった」 「何をおっしゃいますか。あなたは、立派です」  コデロが言うと、アテムは「ありがとよ」と返した。 「もっと話したいが、子どもたちを帰さないと」  アテムが、子どもたちを乗せた馬車を見に行く。  だが、馬が死んでいる。  ペンギン怪人の攻撃を受けて、身体はズタズタになっていた。 「これじゃ、馬車を引けないな」 息絶えている馬に、小さな少女が歩み寄る。子どもたちが泣き叫んでいる中、彼女だけは怯えていない。背は児童の中で一番小さいのに。 「どうかしたのか、ラキアス様?」  アテムが語りかけている少女は、ラキアスという名を持つらしい。 「おうまさん、かわいそうです」  少女ラキアスは、自分たちを牽引してくれた馬に敬意を払っているらしかった。  優しい子である。貴族とはもっと偉そうにしていると思ったのに。 『景色のいいところに、埋めてあげよう』  リュートが提案し、コデロはコウガとなった。火炎の魔法を放ち、馬を焼く。遺骨を袋に詰めて、近くの河原へ埋めた。  ラキアスは、一輪の花を馬の墓に植える。 「きっと安らかに眠るだろう」 「はい。ありがとうございます。騎士様」  とはいえ、馬がないとなると、馬車を引けない。 「どうします、おやっさん?」 「だったら考えがある」  ダニーは、子どもの馬車をコウガのバイクに繋げる。 「よろしいので? おやっさんの荷台を引けませんが」 「俺は大丈夫だ」  ダニーは荷台の先頭に座った。  バイクと同じエンジン音が鳴る。 「自走できるように、ちょくちょく改造してたろ? ようやく完成した」  天井のない全地形対応車両、いわゆるバギーカー状態になった。  バイクを走らせると、子どもたちも喜んでいる。 『フフッ』  うれしくて、リュートは吹き出してしまった。 「何です?」  自分を笑われたと思ったのか、コデロがムッとした顔になる。 『いや。どうもしない』  リュートは、言及しなかった。  子どもたちを守ったのは、コデロの意志なのだと。  いつものコデロなら、「子どもたちなど放っておけ。まっすぐイスリーブへ向かう」と言うはず。  なのに、そうしなかった。  彼女は自分の憎しみを超越して、子どもたちの命を守ったのだ。  コデロにも正義の血が流れていると、気づけたのは収穫である。 『フフフ』 「気持ち悪いですね。音楽でも流してください。子どもたちが喜びそうなのがいいですね」 『ならば少し古めの特撮ソングを』 「結構です」  秒で断られた。  仕方なく、リュートは子ども向け特撮曲を流す。  後ろでは、子どもたちによる大合唱が始まった。  もっとも、一番声がデカイのはアテムだったのだが。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません