作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「武器をベルトに当ててみろ。入るはずだ」 「こうですか?」  コウガのベルトに、武器類を当ててみた。  武装が、ベルトに収納されていく。 「やはりだ。コウガのベルトは、武器類を魔術信号化して収納できるらしい」  すごい機能だ。ほぼアイテムボックスではないか。 「片っ端から武器を入れていけ。えっと、リュートだったか、お前さんが武器を取捨選択しな」  言われたとおり、コデロは部屋中の設計図や武器防具などをベルトに収めていく。  ベルト内にいるリュートの目の前に、様々なアイテム類が表示された。  この全てを選別しろという。  無茶だと思ったが、今のリュートは生命体ではない。電気信号に近かった。 「そのベルトには、アイテム同士を融合させる能力がある。やってみろ」  妙なことをダニーが言うので、早速試してみた。 『この宝石、銃のジェネレーターに使えないだろうか?』  黄色い宝石を、銃の側面にセットする。  銃の形状と名称が変化した。小型化し、【フィーンドバスター】という名称がつく。 『銃は、これでいいか。あとは近接用の剣が欲しいな』  ちょうど、ショートソードが二振り余っていた。  ジェネレーター用の魔法石と合成して、魔力の籠もった短剣を作り出す。 『うむ。高速攻撃用のダブルブレードが完成したぞ』  だが、剣と言えばと、リュートは一振りの剣の存在を思い出す。 『この折れた剣なんだが、修復できそうな人間を知っているか?』  ドランスフォードの剣を出して、ダニーに見せた。コデロの大事な剣だ。 「これは聖剣ボルケーノ。我がドランスフォード家に伝わる魔法金属を使って鍛えた、光子剣です」 【憤激ボルケーノ】、か。  まさに、今のコデロを象徴するかのような武器名だ。  コデロによると、コーデリアであった当時、お抱えのドワーフによって、製造されたオーダーメイドものだという。 「この剣で、私は何体もの魔物を撃退してきました。怪人には手も足も出ませんでしたが」  剣は、根元から折られていた。  コデロの鉄の意志を砕くかのように。  その無念は、計り知れないだろう。 「分かるぜ、怪人が急に強くなったからな」  ダニーも同意する。  正直なところ、リュートはこの武器を持て余していた。活かす方法が見当たらないのだ。ヘタに改良しようモノなら、コデロが怒り出すかもと思って。 「難しいな。一から作り直すにしても、時間が掛かるぜ」  急ぐことはないだろう。しかし、コデロの所持品である以上、できればちゃんと修理してやりたい。 「私にはお構いなく。新しい武器の素材になさっても」  だが、返ってきたのは意外な言葉だった。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません