作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「たしか、クリスとレンゲでしたね」 「覚えていてくれたか」 「イクスの知り合いなら、忘れません」  エスパーダの本名を知って、レンゲが反応した。 「イクス様をご存知でしたか」 「あなたは?」 「私は、幼少期のイクス様をお世話しておりました」  冒険者になる前、レンゲはイクスの家庭教師だったらしい。 「主に剣術を、では?」  レンゲが、息を呑んだ。 「よくご存知で」 「彼女は、腕の筋肉のつき方が独特です」  重い装備で固める剣士は、全体的に筋肉質だ。    しかしイクスは細身で、圧縮されつつバネのある肉付きをしていた。パワーより、スピードを優先しているような。 『あれは、居合道だな』 「よくご存知ですね」    リュートの反応に、レンゲは驚きの顔を見せる。 「東洋でしか知られていない特殊な剣術ですのに」  コデロは、自身の身の上を語った。リュートのことも隠さず。 「こういった事情がありまして」 「なるほど。よく分かりました。その地球とやらにも、同様の技があるのですね」 「で、あなたはイクスの武術指南を」 「はい。弓を引き絞るかのような動きが必要なのです」  レンゲは、イクスに剣術と弓を教えていたという。 「待っている時間に耐えきれず、弓は早々と辞めてしまいましたが、剣は波長が合ったようでして」  今や、イクスの腕はレンゲを遥かに超えてしまった。  一方、クリスはあまりイクスを知らないらしい。 「オレは昔、ローグだったんだ。いわゆるコソ泥さ」  悪徳金持ちを相手に、盗人をしていたという。人は殺さず、女は襲わず、子どもや年寄りは泣かさず、を貫いてきた。 『いわゆる義賊か』 「そんなキレイなもんじゃねえって」  だが、とある王族のお城でドジを踏んでしまう。 「兵隊に囲まれたところを、エスパーダに助けられたのさ」  それ以来、エスパーダに忠誠を誓っている。 「今回はレプレスタからのお触れですが、エスパーダからの依頼といっていいでしょう」  レンゲの報告に寄ると、魔力石を採掘する洞窟は近い。だが、魔物が増えすぎて入れないという。 「でよぉ。オレたち戦闘要員で現場に向かおうってわけ」 「危険な任務です。やりますか」  コデロは、うなずく。 「もちろん。参加致します」 「よしきた。ついてきな。道案内してやる」  手続きを済ませ、洞窟へと続くルートに向かう。 「結構、遠いですよね。どうやって行くのです?」  普通に歩けば、丸一日掛かりそうだ。 「こうやって行くのさ」  クリスが、輪っか状にした指を口に当てて、笛を吹く。  どこからともなく現れたのは、二頭のペガサスだ。 「エルフとペガサスに交流があるというのは、本当なのですね」 「もはや、欠かせぬ存在です」  レンゲとクリスが、ペガサスに乗り込む。 「オレたちは、これに乗っていく。あんたは確か、バイクって早い乗り物があるんだよな?」 「はい。これで行きます」  コデロは、ベルトに手をかざす。  何もなかった地面が光って、羽の生えたバイクが現れた。 「ふへー。ペガサスの羽が生えてやがる」 「死んだペガサスの命を感じます。コデロさんを信頼なさっているような印象を受けますね」  コデロが事情を説明すると、二人は納得する。 「ワイバーンとの戦いで死んだペガサスが、力をくれました」 「厄介なヤロウだぜ。ワイバーンのヤツめ」  コウガがすべて倒したので、空の危険はないだろうとのことだ。 「ですが、この翼さえあれば、敵の本拠地へもひとっ飛びでは?」 「そうでもないんだ。できたら、とっくに乗り込んでる」  どうも、事情はそんな都合よくはいかないらしい。  このペガサスさえあれば、島の向こうにあるという敵のアジトまで飛べると思っていたが。 「ペガサスにも限界がある。途中で湖の水を飲まさねえと」 「ガス欠になると?」 「そうなんだ。あんたの翼だって、例外じゃないかもな」  コウガの魔力だけでは、向こう岸にはたどり着けない。  さらなる作戦が必要だという。 「ワイバーンを殺ったから、向こうだって手はないはずだ。何か仕掛てくるかもな」 「とにかく、今は鉱山へ急ぎましょう」  急かされたコデロは、バイクで鉱山まで飛ばす。 『イクスはどうして、ペガサスに乗らないんだ?』  そういえば、イクスが駆けつけたときには、普通の馬に乗っていた。 「ペガサスを使えば、自分がエスパーダとバラすようなものだ」 「なので、イクス嬢は市販の馬を利用しています。足がつかないように」  彼女専用の足さえあれば、いいということか。 『もう一台、バイクがあればいいのか』 「また、あなたは。ですが、あの子なら考えかねませんね」  呆れつつも、イクスの行動パターンを読んで、コデロは納得する。 「見えてきたぞ。あれが魔王石の鉱山だ」  虹色に光る鉱山が、見えてきた。近くにペガサスとバイクを下ろす。 「様子を見てくるから、あんたらは引き上げてくれ」 「一日待って口笛がならなかったら、自力でギルドへ」  クリスとレンゲ両名は、ペガサスにそう告げた。 「言葉が通じるのは、いいですね」 「エルフの言葉だけだがな」  頭で翻訳できるように伝えれば、人間でもペガサスの言葉を把握できるらしいが。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません