作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 気がつくと、リュートの周りは炎に包まれている。  だが、ベルトなので熱さは感じない。 『異世界キターッ! などと言っている場合ではないか』  リュートは、少女の真上に召還されていた。  音声は、ベルトから流れているらしい。  コーデリアは、リュートの存在を確認している。  突然現れた謎の物体に、驚いているらしい。 「な、なんだコレは?」  今にもコーデリアに刃を向けようとしていたクモが、後ずさる。 「あなたは?」  瀕死の状態ながら、コーデリアがリュートに話しかけた。  さっきのクモもそうだが、言葉が通じるようで助かる。  女神の能力だろう。 『オレ? オレは、キミに力を貸すためにやってきた、ヒーローだ』 「英雄ですか」 『もっとも、オレは力を貸すだけ。オレの力を使うかどうかは、自分で決めるんだ』  無理矢理融合して、強制的に変身させることだって可能だ。  おそらくは。  そうなれば、「こんなはずではなかった」などと、後々もめるかもしれない。  選択権は、装着者に委ねたかった。 「わたくしに力を貸して下さるのですか?」 『それは、キミ次第だ。しかし、一度契約してしまえば、なにかと不自由が生じるだろう』  コーデリアの顔は、火災で焼けただれていた。  全身も大やけどを負っている。女神の言うとおり、もう助からないかも。 『悪魔と相乗りする勇気、あるかな?』  瀕死のコーデリアに、声をかけてみた。 『おそらくこれが、人生最後の一撃になるかもしれない』  最悪、一生人間には戻れないかも知れないのだ。慎重に聞く。 『それでも、この化物に一太刀浴びせたいと思うなら、キミに力を貸してやろう』  リュートの話を聞きながら、コーデリアは、ゆっくりと立ち上がった。 『もう一度聞こう。悪魔と相乗りする勇気、キミにあるか?』 「あります!」  両の拳を握り、コーデリアは最後の力を振り絞るかのように叫んだ。  声が潰れている。火炎を吸ってノドが焼けているらしい。 「この姫騎士コーデリア・ドランスフォード、敵の手に落ちて慰み者になるくらいなら、悪魔にだってなります!」  緑色に光る瞳に、黒い炎が戻る。  部屋を焼く灼熱より強烈な憎悪が、コーデリアの瞳の中で渦巻いていた。 「だから、力を貸してください!」  ガラガラの声で、コーデリアは叫ぶ。 『よし、オレを掴むんだ!』 「はい!」  コーデリアが、リュートを手に取った。  リュートの魂が宿ったベルトを、コーデリアは腰に治める。  それだけで、ベルトがひとりでにコーデリアの腰に巻き付く。 「叫べ、【変身】と!」  リュートは、古文書に書かれていた変身ポーズを、コーデリアの脳へと送り込む。  勢いよく右手を突き出し、コーデリアはゆっくりと右腕を腰まで戻していく。 「コオオオオ……」  息を吐きながら、ベルトを触る左手を、右から左へスライドさせる。  続いて、天空へと右手を掲げ、空を仰いだ。 「変、身!」  まばゆい光が、コーデリアを包んだ。リュートのときと同じだ。 「こしゃくな、光っているだけではないか! 小娘がぁ!」  クモ怪人が、コーデリアに向けて糸を吐く。 「ふん!」  赤い光に包まれたまま、コーデリアが、怒りの拳を突き立てる。  屈強の兵士すら骨まで砕く糸を、コーデリアが軽々と破壊した。 「ぬお!」  自慢の糸を潰され、クモ怪人が恐れおののく。 「きさま、その身体は!」  パニック状態になった怪人の視線は、コーデリアの右手に注がれていた。  コーデリアの拳から光が晴れる。腕の表面が、赤く黒い装甲に覆われていた。 「やれ、殺せ!」  クモ怪人が、配下の戦闘員に号令をかける。  片手斧を持つ戦闘員が、コーデリアに飛びかかった。  コーデリアは跳躍する。回し蹴りで、戦闘員のアゴを砕く。  その右足にも、赤黒い装甲が。  返す刀で左足を回す。ローリングソバットによって、戦闘員のみぞおちに一撃食らわせる。  赤い装甲は、左足にも。  不思議な現象が起き、コーデリアも動きながら呆然としていた。まるで夢でも見ているかのように。 「バカな、これでもくらえ!」  呆然としているコーデリアの全身に、糸が絡みつく。 「ぬううう、があ!」  気合い一発で、コーデリアは周囲に巻き付いた糸を粉砕した。  衝撃波によって、クモ怪人が吹き飛ばされる。燃えさかる炎に突っ込み、背中を焼く。 「あちゃやちゃちゃ! おのれ」  今度はクモ怪人がヤケドをする番だった。 「そ、その姿は!?」  コーデリアの姿は、赤い騎士に変わっている。  リュートが変身したときと違った。大きな胸があり、体つきは丸みを帯びている。それでも、全身鎧に包まれた姿は、リュートの知る特撮ヒーローを思わせた。  側にあった姿見を見る。  鎧だけではない。仮面も真紅に染まっている。  目線も腰ではない。コーデリアと同じ目線になっていた。 「貴様、その姿はコウガ!」 『コウガ。なるほど、【甲牙コウガ】! コレが、オレの名前か!』  声の主導権が、リュートに切り替わっている。コーデリアの声帯を使っているが、話しているのはリュートだ。  身体の自由も利く。 『コーデリア。しばしキミの身体を借りるぞ』  リュートがしゃべると、ベルト内部の宝玉が赤く点滅する。 「ええ、よろしくて」  脳内で、コーデリアは返事をした。  精神体だと、清んだ声を取り戻せるらしい。 「小娘ではないな。貴様、何者だ!」  クモ怪人が、リュートの気配に気づいたようである。 『オレは……』  ヒーロー名、何にしよう。非常事態だというのに、リュートは一瞬考え込んでしまった。  大きな月が、クモ怪人の真後ろで怪しく輝いている。  凄まじく近い。異様なまでの存在感だ。 『オレは月の影に光る刃。コウガ!』  ポーズまで決めて、コウガは見得を切る。  ヒーロー名は適当だが、これでいいだろう。 「こしゃくな小娘、たがか変身したところで、コウガの力を使いこなせるわけでは!」  クモ怪人が、全身から糸を吐き出す。 『トゥア!』  跳躍して、コウガは糸の攻撃をかわした。  放物線を描き、コウガは怪人を殴りつける。  殴り飛ばされたクモ怪人は、糸を使って天井へ逃げた。息が上がっている。 「この【アラクネ】様をここまで追い詰めるとは! だが!」  クモ怪人の口にある二対のクラッシャーが、大きく膨れあがる。 「コーデリア姫よ、悪いがあなたはオレ様に食われてもらう。コウガなんぞに生まれ変わった、あなたが悪いのだ!」  四本の前足を広げ、クモ怪人が飛び降りてきた。    二本の腕は掴めたが、もう二対の腕でクリンチされそうになる。 「コウガの力、我々【秘密結社デヴィラン】がいただく!」  巨大なアゴが、コウガの喉元へと迫った。 『そうはいかん。トゥア!』  膝蹴りを鳩尾に浴びせ、コウガはクモ怪人の拘束を解く。ドロップキックで後ろへ蹴飛ばした。  クモ怪人は、窓際まで飛ばされる。  糸を吐いて逃亡を図ろうとしたが、わずかに白い液体を吐くだけで、立ち上がることすらできていない。 「ここまでか。ならば、貴様を道連れにしてでも、コウガの復活を止める!」    死の間際にして、このコウガを仕留めようとしている。  そこまで、コウガはこの怪人たちにとって驚異なのか。 「死ねい、コウガ!」  両手を広げ、クモ怪人が襲ってくる。  怪人の胸部が隙だらけだ。イチかバチか。  コウガは、大地を蹴った。 『ムーン・レイジング・キック』  跳躍したコウガは、技名を叫ぶ。  空中で前転し、カラテキックの体勢に。 『おりゃあ!』  コウガはクモ怪人へ跳び蹴りを見舞う。  一撃必殺の蹴りが、クモ怪人の顔面を直撃した。  足の裏がクモ怪人の顔にめり込み、肉体組織の砕ける音が鳴る。勢いはなくならず、一気に窓を突き破った。  クモ怪人は塔の下へ落下し、硬い地表へ激突する。  窓の外から、様子を伺う。  起き上がろうとする怪人。その度に、クモ怪人の身体がひび割れていく。リュートが戦ったときと、同じ現象が起きていた。 「デヴィラン、バンザイ!」  断末魔を叫び、両手を挙げながらクモ怪人は爆砕し、炎を上げる。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません