作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 適度に広い採石場があったので、特訓を開始する。 『トゥア!』  簡易モードに変身したコウガが、アテムに跳び蹴りを放つ。 「てやっ!」  アテムが斧で、コウガのキックを打ち落とした。  幾度もアテムが振り落とす斧の攻撃を、コウガは素手だけで受け流す。両者とも、相手に致命傷を負わせるレベルの攻防を繰り広げていた。 「すごいね、さすが古の戦士コウガだ。ウワサ以上だよ!」  アテムはコウガの力に打ち震えながらも、自らを奮い立たせている。まるで戦いを楽しんでいるかのよう。  さすが鬼族だ。スパーリング相手として、アテムはちょうどいい。 「こちらも、武器を出していいですか?」  珍しく、コデロが自己主張する。 「構わないよ、来な!」  コウガは、両手持ちの剣で武装した。 「これで打ち合って下さい」 「おうさ、やるよコウガ! 負けたらあんみつを奢ってもらうからな!」 「カレーなら、いくらでも代金を払って差し上げます!」  コウガは、剣で斧に立ちむかう。  鍔迫り合いになって、相手を押す。 「くっ……」  やはり、万全ではなかった。  この程度の仕上がりでは、コーデリアの剣術を存分に振るえない。  もっと強い剣に作り替えなくては。 「どうした、コウガ! あの化け物をやっつけたときのパワーがないぜ!」 「まだです!」  ただ、片手剣で斧に立ち向かうこと自体、無謀だったようだ。 「次は、アテムの武器を調節するぞ」  ダニーの指摘で、アテムは斧を思う存分に振り回す。 「もっと回転させてみろ」 「よし、こうか?」  アテムが、武器をジャグリングのように弄ぶ。 「おお、残像だ!」  斧の後ろを、赤い残像がついてきた。 「いや、それは実体なんだ」 「マジか!」 「いくぞ」  ダニーがゴーレムを召還する。  適度な大きさの岩を、アテムに向けて放り投げた。 「斧の残像で切ってみろ」 「よっしゃ。すりゃあ!」  なんと、赤い残像の方で、スパッと岩が真っ二つに。 「おお、こいつはすげえぜ!」  この技なら、自分の周辺にいる敵を一発で蹴散らせる。  不要な武器を手放したはいいが、少し羨ましい。 「これさえあれば、どんな化物が出てきても勝てそうだ」 「あまり過信しないでくれよ。相手は改造手術を受けて、人知を超えた力を持っている。うかつに手を出さないコトだ」 「心得たよ」  アテムは武器をしまう。本当に大丈夫だろうか。 『ダニー。オレの作った武器も、性能を見てもらえないか』  リュートは、ベルトから折れた両手剣を出す。   ドランスフォードが焼け落ちた日、コウガはコーデリアの愛用していた剣を持ち帰っていた。   折れた剣の修復や魔法要素の再構築には、十日以上を要している。それでも、怪人に通用するとは思えない。 「修復が、終わっていません。刃が欠けたままです」 『待て。魔力を注いでみろ』  半信半疑と言った様子で、コデロは剣に魔力を流し込んだ。  ブン! と激しい音とともに、光の刃が姿を表す。 『光子剣といったな? 具体的にどのような武器なのか、自分なりにイメージしていたんだ』  コデロからは、「刀身に魔力を流すと、光り輝く剣」と教わっていた。  では、魔力そのものを刃にしてみては、もう折れることはないのでは、と考えたのだ。 『あとは実戦に耐えられるかどうかだ。アテム、勝負してもらうが』 「いいさ。楽しみだ!」  その後は夕方まで特訓し、さらなる調節と研究に費やした。 

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません