作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 国王が王子に詫びを入れ、食事会はお開きとなった。  今より、王は対策本部へ場所を移すそうだ。  食事会の後、急いでコデロは戦装束に着替えた。 「私が様子を見に行きます。イクス、あなたはここの死守を」 「ワタクシも!」  イクスも準備を始めようとしたが、コデロが止める。 「もし魔物だとして、真っ先に狙われるのは、ここでしょう。とにかく、ご家族の安全を確保してください」  ここでヘタにイクスが外出し、エスパーダの正体が発覚したら、コデロも動きづらくなる。 「でも、アファガインの先生がいらっしゃるのでしょ? 黙っておけませんわ!」  イクスはてこでも動かないつもりらしい。 「これは戦争です。ただの殴り込みではありません」 「承知していますわ! でも……」 「あなたは、妹君の側にいてあげなさい!」  コデロは、イクスの胸ぐらをつかんだ。そのままイクスを壁に叩きつける。 「いいですか! 我々は破壊者じゃない! 人々を救うためにあるのです! なのに、あなたは率先して破壊に向かう!」 「そんなこと、わかっていますわ!」 「わかってません!」  コデロは、腕の力をさらに強めた。 「私には、仲間がいます。ベルト様だって力になってくれています。でも妹君には、あなたしかいない! あなたがいなくて、誰が妹君を救うのです⁉」  反論しようとした様子だが、イクスは口ごもる。 「これは、戦士・コデロでも、ヒーロー・コウガとしての言葉でもない。家族を失った、コーデリア・ドランスフォードとしての言葉だと知りなさい」 「わかりましたわ。西の警護を頼みますわ」  コデロは、イクスを放す。 「行って参ります。その代わり、ここをお願いします」  一つため息をついて、部屋のノブに触れた。 『待って、コーデリア』  ノーマンが、妹のコデロを呼び止める。 『イクスはボクに任せてくれ。絶対、ヘタなマネはさせない』 「はい。イクスをお願いしますね。兄上」  優しい顔になって、コデロはノブを回す。  「失礼致します」  部屋をノックする音が。 「その声は、ラキアス姉さまでしょうか?」 「はい。イクス、ここを開けてくださいませ」  ラキアスと、護衛をしているアテムが、部屋の前にいた。 「大きい音がしたもので、何事かと」 「失礼。少々手荒なマネを」  ラキアスは、それ以上詮索しない。部屋を見て、状況を理解してくれたようだ。 「城の安全は、あなたにお任せします。アテム!」  アテムに、コデロは声をかけた。 「よっしゃ任された。ホントはあたいが行きたいんだけどな。あたいの分まで派手にヤっちまえ!」 「承知!」  コデロが出ようとすると、ラキアスが呼び止める。 「ご無事で」 「必ず、すべてカタをつけて戻ります」     ギルドへ顔を出すと、扉が乱暴に開いた。  大勢の冒険者が、外へ出ていく。 「おお、あんたか。ちょうど出向こうとしていたんだ」  クリスとレンゲが、コデロと並走する。 「何事ですか?」 「魔物が襲撃に備えて、西方面に集結してるってウワサだ。冒険者共も息巻いてやがる」  確かに、冒険者たちが向かっているのは、西方だ。  馬で行く者、箱馬車を使う者と、規模は様々だ。 「警備が手薄な、西方面を狙われました」 「レプレスタは西の各国とは、仲が悪いんだ。そこをつつかれた。アファガインがパイプ役だったんだが、そいつらを足止めするとは」  定刻通り、街のガレージへ。 「よく来た。準備万端だ」  コデロもバイクを確認する。 「なんですか、これは? えらくゴツゴツしていますが」 「襲撃に備えた特別仕様だ。考えつく限りの武器を盛ってやったぜ」  ドヤ顔で、ダニーが腰に手を当てた。 『ミサイルの技術なんて、どこで知った?』  サイドに取り付けられた箱型のポッドに、大量の小型ミサイルが当うさいされていた。 「マジックミサイルって魔法があるんだよ」  魔法で作った矢を、相手に飛ばす技があるという。 『本当に、戦争でも行くみたいじゃないか』 「戦争をするんだよ。怪人相手にな。とにかくお前は場を乱せ。で、使えそうな武器があれば教えて欲しい」  今回の作戦は、実験も兼ねているようだ。  標的は怪人だ、何もためらわなくていいと。 「お前さんが先行して、化け物共を始末してくれ。できるだけ強そうなやつを優先して潰すんだ。冒険者共は怒るかもしれんがな」 「心得ています。手柄は、彼らに譲ります」  何も自分たちは、魔物退治で生計を立てようなんて思っていない。 「そうじゃねえよ。奴らだってプロだってんだ」 「魔物相手に、プロも何もありません」  まじめに、コデロは答える。 「彼らは、人を超越しています。悪魔に魂を売ったと言っていいです。そんな怪物など、人間では太刀打ちできません。今はまだ」  そのために、コウガがいる。コウガが必要なのだ。  皮肉めいた笑みを、ダニーが浮かべる。 「大陸破壊砲台でも、積んでやりゃあよかったぜ」 「あるのでしたら、ぜひ」 「ねえよ! 冗談だ! あったところで、予算が飛ぶ!」  おそらく、コデロは本気だ。魔物を殲滅するつもりだろう。 『用意できるなら、しておいてくれ』 「オマエさんもかよ。ベルトでも持て余すぜ!」 『オレに不可能はない。頼む』  「わかったよ。予算は……レプレスタからちょうだいするかね」  イクスなら、いくらでも出すだろう。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません