作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 庭でアフタヌーンティをもらいながら、イクスは「早くお茶会が終わらないか」と待ちわびていた。退屈で仕方ない。 「わたくしも、冒険がしたいですわ」  今頃コーデリアは、魔物退治に明け暮れていることだろう。  うらやましい。何のしがらみもなく、自由に動けるなんて。  だが、それは家族を失ったからである。  妬むべきではないだろう。  いつもの仮面を顔につけて、旅がしたい。 『仕方ないよ、イクス。こっちはデヴィランの情報を集めないと』  魔族の大半は、貴族だ。  永遠の肉体を得るために、多額のカネを払う。  絶大な力を手に入れ、上位存在に奉仕することを至上の喜びとする。  デヴィランとは、聞けば聞くほどおかしな集団だ。 「こちらには、デヴィランの毒牙にかかった者たちは、いらっしゃらないようですわね」  幸い、近隣を統べるエルフの貴族たちには、デヴィランの手は回っていないと見える。 『改造人間っていうのかな。そういうのは、ボクでも見分けがつくから』 「せっかく、お茶会で魔物が出てきたら颯爽と退治して差し上げますのに」 『まるで、魔物に出てきてほしいようなセリフだね?』 「退屈なんですわ」   ムダ骨なら、さっさと引き上げたいのだが。  一人ごとのようにノーマンと話すと、視線を感じた。  レディたちが、イクスと語らいたそうにこちらを見ている。  気安く話しかけるなオーラを放ち、感じの悪い女を演出した。 『変に思われたかな?』 「奇人変人に見られたほうが、気楽ですわ」  気を取り直して、イクスはお茶に口をつける。 「お茶の代わりはいかがですかな、イクス姫殿下」  一人の給仕が、イクスのカップに紅茶を注ぐ。 「クリスですか」 「帰ってきたぜ。無事によぉ」  給仕の正体は、クリスだった。 「このレンゲめもおります、イクス様」  ケーキの入った皿を持ったレンゲが、メイド姿で現れる。 「久しぶりに、あなたの使用人姿を見ましたわ。レンゲ」 「もったいなきお言葉」  この姿なら、冒険者が混じっていても怪しまれない。  イクスのボディガードにもなる。怪しむものがいたら、「私兵だ」と言えばいい。実に合理的だ。 「して、なにか分かりましたの?」  報告によると、コーデリアは戻ったらしい。  レプレスタの魔法石が、ドランスフォードの城に運ばれていた形跡も見つかったそうだ。 『そうか。ボクのベルトに使われた石は、レプレスタで採掘されたんだね』 「わが国の文明を悪用しようとは、度し難いですわね」  レプレスタの名にかけて、抹殺せねば。 「それと、面白いことが分かったぜ」  聞けば、轍は西の森を抜けた先まで分岐していたという。 「西……アロガント城跡!」  イクスはすぐに理解した。アロガントが関与しているのではないかと。 「姫、危険です」  レンゲは、イクスの思惑に気づいたのだろう。イクスが言い出す前に止める。 『そうだよ。もっと調査が進んでからでないと』  せっかく、目の前に面白そうなことが転がっているのに。お預けを食らった気分になった。 「調査は、こっちで進めておく。あんたはおとなしくしてろ。結婚が控えてるんだ」 「どうでしょうか。破断になりそうな気しかしませんわ」 「何を考えているのかは知らんが、変な気を起こすなよ」  クリスが去り、レンゲも一礼して消えていく。  「お姉さま。やっとお話ができますね」  大勢の中をかき分け、ディアナがイクスの前にやってきた。 「あら、ディアナ。わたくしにとって、癒やしはあなただけですわ」  ティーカップをテーブルに置き、ディアナを抱きしめる。 「段々とお母様に似ていらして」  決して、亡き母の面影があるから、妹を溺愛しているわけではない。  しかし、ディアナを抱きしめているときだけ、イクスは母を思い出せる。 「ディアナ。あなたはわたくしが守ります」 「ご無理なさらないで、お姉さま。わたしはもう、子どもではありません」 「どういうことですの?」 「こちらの話です。ではお姉さま、お父様がお呼びです」  妹は、意味ありげな言葉をつぶやいて、イクスの手を引く。 「ちょうどよいところに来た、イクスよ」  父が、イスリーブとレプレスタの国交を祝う、歓迎の祭典を行うと言い出す。  魔法石も集まった。コーデリアも戻ったという報も聞いている。とはいえ、貴族が集まりすぎている。デディランがことを起こす絶好の機会、とも言えた。 「お父様、危険なのでは? 今朝の襲撃をもうお忘れになりましたの⁉」  貴族に関心はない。  だが、むざむざ無関係の者たちを巻き込むわけには。 「だからこそ完璧に成功させ、我が国の健在をアピールせねばならんのだ」  ワイバーンに魔除けを破壊され、王子を危険に晒した失態を拭おうと、国王は必死のようだ。 「お前の結婚パーティも兼ねるのだぞ。必ず出席せよ」 「冗談ではありませんわ。ワタクシは、まだ嫁に行くと行ったわけではありません!」  イクスはイライラを靴音で表現しながら、会合を後にする。  わずかに、ディアナが悲しげな表情をしているのが見えた。 「そんなに余が好かぬか?」  王子に、背中から呼び止められる。 「ワタクシが何も知らないとでも?」  それだけ言って、イクスは自室へ。 『どういうことだい、イクス?』  ノーマンには、ワケが分かっていないらしい。 「じきに分かりますわ。王子がご滞在なら」  服を脱ぎながら、イクスはつぶやく。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません