作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 穴が空いた音楽堂で、コデロはイクスが戻るのを待っている。 「お姉様は、無事でしょうか?」  しゃがみ込んでるディアナが心配そうに、空を見上げていた。  不安がるディアナに、コデロが肩を置く。 「大丈夫です。あなたの姉上が頑丈なのは、あなたもよくご存知のはず」  自分なりに言葉を紡ぎ、コデロはディアナを励ます。 「戻ってきました!」  レンゲが、空を指差した。  青と金の鎧に身を包んだエスパーダが、バイクで降りてくる。バイクの背に、ワイバーンの翼を広げながら。 「あれが戦乙女ラーズグリース女君主ローデスモードか。太古の昔、エルフ初代女王が変身したと言われている」  優雅に空を舞うクレシェンツィオ王子が、アゴに手を当てて感心していた。  だが、エスパーダの様子が妙である。敵を壊滅させた雰囲気ではない。 「コデロ! まだ終わっていませんわ! 変身を!」  エスパーダが、空から叫ぶ。  クイラス要塞の口が、クジラのように開いた。  灰色だった目の光に、血の色が混じる。 『こうなったら、空から直接地上を灰にしてやるよ。かつて世界を滅ぼした力を知りな!』  うめくような声が、空に轟いた。コブラ大怪人の声だ。  クレシェンツィオ王子が、「まずいぞ」とつぶやく。 『ヤツは何をしようとしているんだ?』 「あの要塞は、地上をまるごと吹っ飛ばすブレスを吐ける。あんな攻撃を浴びたら、レプレスタどころかオンディールにまで届くぞ!」  エルフの世界すべてを焼き尽くすつもりか。 「そうはさせません。私はもうコレ以上、大切な誰かがいなくなる世界を見たくない」  コデロが立ち上がった。 「変身!」  一気に、コウガ・シャイニングフォームへと変身する。 『邪魔をするんじゃないよ! いけ、ゴーレムたち!』  街を守っていたゴーレムの動きが止まり、逆に街を襲い始めた。 『これは、いったい?』 『ゴーレムに命令していたピアノが壊れたから、怪人の言うことをダイレクトに浴びせられているんだ!』  ディアナはあくまでも、目覚めさせただけ。  レンゲがいなくても、動かすことはできる。  だが、ゴーレムの統率が取れていない。  味方同士で壊し合っている個体もいた。 『どこまでもうまくいかない。やはり、レネゲイドが裏切ったことが尾を引いているか。でもね、アタシだってエルフ王家の血筋なんだ! 最後まであがいてみせる!』  恐ろしい執念だ。  憎悪が、あの要塞を形作っているのではなかろうか。 「ここは私におまかせを!」  マイクすらない状態で、レンゲが歌い出す。  レンゲの歌を聞いたゴーレムたちが、おとなしくなる。 『レネゲイド、またしてもアタシの邪魔を!』 「もうあなたは、母ではない! 復讐に囚われた鬼です!」 『脳改造さえできれば、アンタだってデヴィランの理想を理解できたものを!』  頭をいじくってようやく会得できる理論など、思想とは呼ばない。 『こっちだって、もうアンタを娘とは思っていないさ! やれゴーレム! その女を踏み潰しちまいな!』  ゴーレムの一体が、レンゲに向けて足を上げた。  レンゲが、ゴーレムに向けて歌を放つ。しかし、通用しない。 「歌の力が、足りない⁉」 『危ない!』  間一髪のところで、コウガがキックでゴーレムを破壊した。  しかし、レンゲたちを大量のゴーレムが取り囲む。  こんなときに、クレシェンツィオがいない。  どこへ行ったのか。  と思っていたら、舞台袖から現れた。アテムを伴って。 「よしアテム、下ろすぞ。せーの!」  アテムとクレシェンツィオが、予備のピアノを講堂から引っ張ってきた。アテムは包帯まみれだが、まだ目は死んでいない。 「すまんがお嬢ちゃん、もうひと仕事頼むぜ。お姉様のためによ!」  音楽堂のステージに置いたピアノを、クレシェンツィオがディアナに差し出す。 「はい!」  意を決意し、ディアナも演奏を始める。 「おいアテム、こっちに来てくれ!」 「あいよ!」  呼ばれたアテムが、クレシェンツィオと背中合わせになった。 「オレとお前さんで、二人を守るぞ!」 「お安い御用さ。コウガ、エスパーダ。世界は任せたよ!」  この二人がいるなら、ディアナたちは大丈夫だろう。 「ベルト様、今のうちにバイクを!」 「おう。ペガサスロード!」  コウガはペガサスロードを召喚し、上空へ飛んだ。要塞の正面に。 『改めて見ると、デカイな』 「まったく攻め込む余地は、なさそうです」  攻めあぐねているコウガに向けて、クイラス要塞が牙を剥く。 『我がブレス、とくと味わうがいいさ!』  マグマのような熱量が、口内に充填された。 「ベルト様、上昇を!」 『よし!』  コウガは、ペガサスの翼をはためかせる。  同時にイクスも、ワイバーンの羽根を起動させた。  血の色をしたブレスが放出され、空の青を切り裂く。 「くうう!」  ペガサスロードが、爆風に飲み込まれた。  ブレスから強引に距離を取り、どうにかバランスを取り戻す。 「吹き飛ばされそうですわ!」  ワイバーンの羽根は、今にも溶け落ちそうだ。  ブレスが収まる。  その瞬間、稲光のような現象が。  激しい振動が起き、二台のバイクは強風に煽られた。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません