作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「ごめんなさい。父ってば、お母さんが亡くなってから、ずっとこんな感じで」  ミレーヌが詫びながら、両手を合わせた。 「いいえ、お気になさらず」  カレーさえ美味ければ、特に問題はない。 「もう、お父さん! この人たちは、わたしをモンスターから助けてくれたのよ!」  ミレーヌが、今度は腰に手を当てて父をなじった。 「そうかい。そいつは悪かったな」  彼の態度は、心からは詫びている姿勢ではない。が、人並みの礼儀は弁えているようだ。 「すごかったんだから、一〇匹いたモンスターを一瞬でやっつけたうんだもん! それも素手で!」 「バカ言うな」と、男性は鼻で笑った。 「徒手空拳でモンスターを倒せるやつなんて、モンクのマスタークラスくらいだ。そんなやつがこんな田舎町に」 「ホントだってば! コデロちゃんが『へんしーん!』って叫んだら、身体がビカビカって光って、ヨロイを着た戦士になって、パンチキック一撃で、モンスターが爆発したんだから!」  男性の顔色が、ミレーヌの発言で変わる。 「ミレーヌ、誇張しすぎです」 「コデロちゃんの話を信じない、お父さんが悪い!」  頬を膨らませて、ミレーヌは後ろを向いた。 「今の話、本当なんだろうな?」  ダニーの鋭い視線が、コデロを射貫く。 「どうやら、ただの冒険者ではないようだ」  酒瓶を置いて、コデロはミレーヌの父と向き合う。 「あんた名前は?」 「コデロ・シャインサウザンド」 「俺はダニーってんだ。ダニー・バンナ」 「ダニー・バンナ。するとあなたが!」  コデロは、ダニーが何者か知っているようだ。 「俺が誰だか分かるのか?」  ダニーが、重い腰を上げた。 「ドランスフォードの魔術協会を追われた、異端児としてなら」  コデロが言うと、ダニーは「よく知ってるじゃねえか」と笑う。 『コデロ、彼は何者なんだ?』 「二〇年前、ドランスフォードの魔術学校に講師として在籍していたと」  コデロが生まれる前だったので、語り草になっている程度だが、相当に腕の立つ科学者だったとか。 「だが、オレがドランスフォードにいたのは随分と前だ。それも、魔術学校の関係者しか知らん情報を、どうして一介の旅人風情が知っているのか……実に興味深いな」 「お父さん!」 「ミレーヌは引っ込んでろ! 魔物かも知れんからな。あるいは、どこかの国から来たスパイか……」  ダニーが腰のホルスターに手を当てる。  鈍色に光る銃が納められていた。 「そんな。コデロはそんな子じゃないわ!」  カウンターから出て、ミレーヌがコデロをかばう。 「分からねえだろ!」  たとえダニーに怒鳴られても、コデロの前に立ったままミレーヌは引き下がらない。   ダニーがコデロに詰め寄ろうとした、そのときである。  突然、カフェの扉が開いた。息を荒らげて、冒険者が駆け込んでくる。冒険者は、非対日を流していて、腕も負傷していた。 「バケモンだ!」  しきりに、窓の外を指さす。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません