作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「魔力が高ければなおさらいいらしいぜ。自然界とコンタクトを取れるヤツは、感度も高いそうだからな」  兵士たちが、爆笑し出す。  もうこいつらに用はない。今すぐにでも、彼らを始末したかった。だが、ロデントスをおびき寄せねば。 「少々下品ですよ。レディたちには敬意を払いなさい!」  豚のような顔の男が、豪華な服を着て歩いてくる。女性たちの誰よりも背が低い。  取り巻きに、小鬼の戦闘員も連れている。  やはり伯爵は、デヴィランと繋がっているのだ。  こんな姿にさせておいて、敬意を払えとは。どの口が言うか。  異様だったのは、隣に美しい少女を連れいていることである。  夫人だろうか。  淫靡な狂宴に、自分の配偶者を連れてくるなんて。 「どれどれ、どのような少女たちが」  いやらしい目つきをしながら、伯爵はとらわれの少女たちを吟味していく。  だが、コデロの前に立つと、伯爵は立ち止まった。  「なっ、貴様はコウガ!」  伯爵が後ずさる。  どういうわけか、伯爵はコウガの正体を知っていた。  コデロに向けて、戦闘員が槍の先を突き立てる。 「なぜ私の正体を?」 「これで、ご理解いただけるかな?」  伯爵が、顔の前で両手をクロスさせた。  顔が、みるみるイノシシ怪人へと変わっていく。  ドランスフォードを襲い、コウガに初めて土をつけた怪人と同じ姿に。 「お前は!」 「その通り。貴様らの街を襲ったイノシシ怪人【オーク】よ! お前のせいで、吾輩は深い傷を負った!」  服をめくり、イノシシ怪人は胸の傷を露わにする。 「この傷の痛み、貴様の肢体を以て償ってもらう!」  正体を知られたからには、もう手加減しない。 「そうはいきません! ベルト様!」  コデロは腕力だけで、鉄の鎖を引きちぎる。手首のカセも外した。 『承知した!』 「変身!」  変身のポーズを確認し、コウガへと変身する。  同時に、精神もリュートに入れ替わった。 「それが、本当のコウガか! 貴様は殺さぬ! 死ぬまで我がペットにしてくれよう。コウガを抱けるとは、どんな味がするのやら!」  イノシシ怪人が、舌なめずりをして、飛びかかってくる。 『トゥア!』  パンチ一発で、怪人は戦闘員のグループに突っ込んだ。  弱い。いや、コウガが強くなったのだろう。    これまでコウガは、数々の怪人と戦い倒していった。  その戦闘経験により、並の怪人なら圧倒できる力を得たのだ。 「いけ、かかれ!」  怪人の盾になり、戦闘員が襲ってくる。  番兵も戦闘員に変化した。 『フィーンド・バスターッ!』  銃をベルトから召還して、コウガは戦闘員らに撃ち込む。  同時に威力を弱め、女性たちを拘束していた手カセを解き放った。 『逃げるんだ。さあ早く!』  コウガに焚き付けられ、女性たちは一斉に逃げ出す。 「おのれ、けえい!」  怪人は死んだ戦闘員から槍を奪う。  槍先を、コウガに叩き付けた。  だが、コウガには傷一として付かない。 「バカな。これほどまでかコウガ!」 『どうした怪人! 今度はこちらから行くぞ。トゥア!』  コウガはキックを怪人に見舞う。 「ひい!」  戦闘員を犠牲にして、怪人は逃げ惑った。  苦し紛れに襲いかかる戦闘員を、軽くあしらう。 『どうした? 貴様の相手はこのオレだ! 自分で掛かってこい!』  「くそう、コーデリア・ドランスフォードさえ手に入れば、貴様なんぞ!」 『なんだと?』  聞き捨てならない言葉が飛んできた。 『ドランスフォートを襲ったのは、貴様の仕業だったのか!』 「そうよ。魔術の軍事利用阻止をうたうドランスフォードなど、目障りで仕方なかった! だから、ヤツらから魔法技術を奪うつもりだったのだ!」  どうも、ドランスフォードは魔術を使って高度な文明を隠し持っていたらしい。 『あの国から何を吸収しようと?』 「次元転送装置だ!」  魔法という割りには妙にSFじみた単語が、怪人の口から発せられる。 「なんと。次元転送装置ですって?」 『コーデリア、なんだそれは?』 「別の世界を行き来できる装置です。本来は異世界文明人と交流するために開発したのです。が、結社デヴィランの動きを察知して、封印を」  しかし、ドランスフォードは陥落、装置は奪われてしまった。 「だが、それもデヴィランに便乗したまで! 本命は、コーデリア王女の魔力よ!」 『コーデリアの魔力だと?』 「ワシは女を抱くことで、その女が持つ魔力の根源を奪い取ることができる! 我がデヴィランに対抗するコーデリア王女から力さえ奪い取れば、このワシが王になることだって可能。それほどの可能性を、あの女は秘めていたのだ!」  なんというゲスな理由だろう。 「あの麗しい美貌を、是非ともワシの手に!」  ヘンタイじみた欲望のために、コーデリアの祖国は焼かれたのだ。 「ベルト様、交代を」 『うむ』  ここはコデロ……いや、コーデリアに任せた方がいいだろう。 「そんな下らない作戦のために、私の家族は殺されたのですね?」  コーデリアの声を聞いて、怪人が後ずさる。  マスク越しだから、コーデリアの声も澄んでいた。 「お、お前は! いや、あなた様は、コーデリア・ドランスフォード王女!」

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません