作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 トドメを刺そうとしたとき、デヴィランの戦闘員たちが行く手を阻む。 「やっと応援が来たお! さっさとオイラを援護するおっ!」  どうやら、ナメクジ怪人がけしかけたらしい。怪人が号令を掛けた。  威力を弱め、戦闘員を蹴散らす。 「街がパニックになってるぜ、コウガ!」  ダニーたちが、銃で加勢してくれた。 「コウガ! 街にもデヴィランの野郎たちが!」  アテムが先頭に立ち、斧で戦闘員を切りつけている。 「まずはお前たちからだお!」  一番弱そうなミレーヌに、ナメクジ怪人は照準を合わせた。猛烈な速度で粘液を伸ばす。ネバネバがヘビのように、ミレーヌへと迫った。 「そうはいかないよ! 【オービット・アックス】!」  かけ声とともに、三角形に連なった斧が飛んできた。斧はブーメランの様に旋回し、怪人の粘液攻撃を弾く。 「手間を掛けます、アテム!」 「ここはアタイに任せてやっちまいな、コウガ」  戻ってきた斧を掴み、アテムが戦闘員たちに立ち向かった。まさに鬼神のような働きである。の思った鬼族は嵐となって、戦闘員たちなどものともしない。 「おのれ、お前らもおいらの邪魔をするのかお!」 『お前のような悪党を、見過ごすわけにはいかん!』 「ええい、これなら、どうだお!」  ナメクジ怪人は、全身を床に染みこませた。これでは、どこに潜んでいるのか分からない。 『ぬお!』  脇腹に一撃を食らって、コウガはよろめいた。  見えないところから、パンチだけが飛んでくる。    反撃を試みたら、腕は地面に染みこんでしまう。 「どうだお? 見えない敵には、攻撃できないおっ! 百列パーンチ!」  床や壁から無数の腕が、コウガの四肢を掴む。 「いかに強くても、身動きが取れなくなったら終わりだお。他の女みたいにドロドロ溶かす前に、色々イタズラするお!」 『フフフ……』  まだ、ナメクジ怪人は状況を理解できていないようだ。 「どうしたお? くすぐったいのかお?」 『罠にかかったのはお前の方だ。ナメクジ怪人。冷凍ガス!』  コウガは、両手から冷凍のガスを放った。  壁や地表全てにガスをまき散らし、怪人の逃げ場を奪う。  コウガは油断したフリをして、怪人の攻撃を誘ったのだった。 「ぐおおお、寒いお! 凍るお!」  ナメクジ怪人が、パキパキに凍り付く。  氷となった怪人の腕をへし折り、コウガは自由の身となる。 「おおお、その発想はなかった件!」  反面、ナメクジ怪人は地面から正体を現した。壁に潜る作戦を放棄したらしい。 「とどめだ!」  拳銃を納め、コウガは大剣を召喚した。  コーデリア王女の秘剣である。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません