作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「店舗はどこです?」 「あそこよ」  交差点の角というシチュエーションを、ミレーヌは手に入れていた。  ミレーヌの店を開店する準備を、アテムに手伝わせた。  しばらくして、フーゴの喫茶店と同じ風な店ができあがる。 「さっそくカレーをいただきます」 「はいどうぞ」  示し合わせたかのように、ミレーヌがカレーをテーブルへ。 「アテムだっけ、あなたは何がいい? 手伝ってくれたからサービスするわよ。コーヒーもどうぞ」 「そうだな、あんみつってあるかい?」  メニューを見て、アテムは即座に答えた。 「はい。あんみつ」  アテムの前に、甘味が置かれる。  白玉だんごとホイップクリーム、カットフルーツの上に、砂糖を溶かした黒い蜜がかかっていた。いかにも純喫茶で出てきそうな、生クリームとフルーツたっぷりのあんみつである。 「わーい、いっただっきまーす! うーん、これこれ!」  子どものように、アテムがはしゃぐ。 「一仕事終えた後ってのは、甘いモンだよなぁ。さすが、ここの看板メニューだけあるぜっ」  口調はオッサンだが、表情はまるで童女である。この巨体で甘党とは。人は見かけによらない。 「何を言うのです? カレーライスこそ至高です。ここの看板メニューはカレーで決まりかと思いますが?」  なぜか、コデロがカレー皿をアテムに指し示す。 「労働後にオール炭水化物なんて、舌がお子様すぎるだろ。汗をかいたらあんみつが一番だ」 「あなたに言われたくありませんね。白玉も小麦粉。立派な炭水化物でしょうが! カレーは完全食です」 「白玉あんみつだ!」 「カレーライスです!」  何を張り合っているのだろう。  これが女子会というモノか?   二人がなぜ言い合いになっているのか、リュートには理解できない。 「アハハ、二人とも面白い!」  ミレーヌに笑われ、コデロもアテムもケンカを止めた。  二人に、ミレーヌはコーヒーのおかわりを出す。 「ありがとうございます。素晴らしいお店を借りられましたね?」 「いいえ。買ったのよ」  なんでも、超破格の値段で売られていたという。 「こじんまりして、丁度いいわ。立地は申し分ないし」  でも、とミレーヌは虚空を見上げる。 「商業ギルドの人に、苦い顔をされたの。前の店も食事処だったんだけど」 「それがどうして?」  こんな好条件の店など、誰も手放さないはずだが。 「買い手が、次々と行方不明になったんですって。前の前の店主も」  役所も動いたらしいが、解決しなかったという。どうやら、いわゆる曰く付き物件というヤツだったらしい。床下も調べてみたが、何も出ないらしい。 「ベルト様。もしかすると」 『ああ。どうも胡散臭い』  リュートは、嫌な予感がしてならなかった。 「怪しいですね。少し調べてみましょう。アテム、手伝ってくれますか? 報酬はこちらで」  アテムが受け取るはずだった金貨を、コデロはアテムに突き返す。 「そんなのお安いご用さ。任せておくれ」

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません