作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 コデロたちは、鉱山の上空を飛ぶ。 「何かが暴れています!」 『怪人じゃないか!』  表で、怪人がエルフたちを襲っていた。  全身がピンク色で、蛇腹状のヨロイで武装している。  ろくろ首のような伸縮自在の首を持つ。  目や鼻はなく、顔の構造は口だけである。  ミミズの怪人らしい。  口しかない顔が膨らみ、アゴが大きく開く。  円形の口に、ギザギザの歯が並んでいる。  怪人のノドが、ボコリと不自然に膨らんだ。  エルフに向けて、口から粘着質の毒液を吐いた。  逃走経路に粘液が落下し、ポイントをどろどろに溶かす。  またも、ミミズ怪人のノドがボコリとうねった。 『いかん! フィーンドバスターッ!』  コウガは、ミミズ怪人に銃を放つ。 「ぬお!」  ミミズ怪人の、首の軌道が狂った。   エルフのそばにあった岩が、毒液を浴びてドロドロに溶けていく。 『早く逃げるんだ!』  コウガは援護射撃を繰り返し、エルフたちが一目散に逃げていった。  「ボクの食事を邪魔するやつは誰だ⁉」 『そこまでだ、ミミズ怪人!』 「なんだと、【ワーム】をミミズ呼ばわりとは! 解せぬ!」  ワームの口が、コウガをロックオンした。 『毒液が来るぞ!』 「ライジングフォームで!」  コウガの身体が、銀色に変色する。 『任せろ。冷凍ガス!』  敵が吐き出す粘液を、ガスで次々と凍らせた。 『自分の粘液を浴びてしまえ、怪人め。フィーンドバスターッ!』  凍った粘液を、コウガは光線で粉々に砕く。  粘液の雨が、怪人に降り注ぐ。 「ぎゃああ!」  ミミズ怪人のヨロイが、溶解性の雨を浴びて煙を上げた。 「こしゃくな、これでどうだ!」  怪人の首が、バイクの車輪に取り付く。  直後、コウガはバイクをベルトに収納した。  バランスを失い、ミミズ怪人は転倒する。 『コウガ・ライジングキック!』   風の魔法を使って、コウガはキックを見舞う。 「まずい!」  なんと、ミミズ怪人が地中へと潜って逃げてしまった。  キックが地面に着弾する。  激しい爆風が轟く。  だが、怪人を撃退した気配はない。どこへ逃げた? 「後ろだ! 七時の方向!」  クリスが、的確に相手の位置を示す。 「きええええ!」  コウガの死角に、怪人が首だけを出した。大きな口を開けて、コウガを飲み込むつもりだ。 『フィーンドバスターッ!』  怪人の口をめがけて、光線を打ち込む。 「ぐおおお! ボクの完璧な作戦が!」  またしても、怪人は地中深く潜る。 「逃しません!」  レンゲが、地面に剣を突き立てた。 「超音波!」  刃を指で弾き、レンゲは音波を発生させる。 「三時の方向、組み付いてくるぞ!」  クリスの合図で、コウガは蹴りの姿勢をとった。 『今度こそ。ライジングキック!』  地面から怪人が飛び出すタイミングで、コウガは一撃を喰らわせる。 「ぐほお! デヴィランは不滅ぅ!」  背中が大きく膨らみ、ミミズ怪人は爆砕した。 「お見事でした」 「やったぜ。魔物を軽々とブチのめす戦乙女がいるってのは、本当だったんだな」  エルフの冒険者二人が、コウガの活躍をたたえてくれる。 『オレの名はコウガという。二人がいなかったら、もっと苦戦していた。感謝する』 「お見事でした。ありがとうございます、お二方」  コウガが礼を言うと、二人の勇敢な戦士は照れ始めた。 「いやぁ。たいしたことはしてねえって」 「あれは、エルフの伝統的な戦い方です。特別強いわけでは」  鉱山の安全を確保し、魔法石を運び出そうとしたときだ。 「やはりだ。魔法石の数が少ない」  鉱夫たちが、掘った土を手で掴みながら騒いでいる。 『何があった?』 「あのミミズ野郎! ここで採掘できる魔法石を、どこかへ持ち去ったらしい」  現状を確認し、クリスが舌打ちをした。 「とはいえ、魔除けには申し分ない。急いで持ち帰ろうぜ」  あの怪人は、怪しまれないように魔力石を程々の数を持ち逃げしていたらしい。その現場を鉱夫に目撃され、口封じのために殺そうとしたようだ。 『こんな事態は、毎回あったのか?』  魔法石採掘の作業を見守りながら、コウガはクリスに確認をとった。 「ここ数ヶ月、同じようなことがあったようだ。魔力石が、ほとんどが持ち去られている。それも、純度の高いやつばかりだ」  小さくても純度が高ければ、魔力石を媒介として高度な魔法を放てるという。  純度の高い魔力石と聞いて、コウガはもしやと考えた。 「ベルト様、時期がエスパーダのベルト製造期間と合致します。もしかすると」 『ここの魔法石が、エスパーダに用いられた可能性があると』  リュートとコデロが意見交換していた時である。 「コウガ!」  洞窟の最奥部を探索していたレンゲが、こっちに向かってきた。需要な手がかりを見つけたらしい。 「この奥に、大きな洞穴ができていたそうです」  レンゲに案内されたのは、人が体を縮めてようやく入れるような場所だった。 『オレが行ってみよう』  コウガは両手から風魔法を放ち、穴を崩さないように広げていく。 「何か見えますか、コウガ?」 『深いな。何も見えん』  コウガのセンサーを持ってしても、穴の奥を確認できない。  魔法石強奪が発覚しないように、怪人はかなり入り組んだ道を進んでいたようだ。 『ダメだ。レンゲ、さっきの超音波とやらを出してみてくれ』  ミミズの人間離れした進路を追跡するのは、あきらめた。  洞窟の深さを、音で確かめる作戦に移行する。 「分かりました」  超音波で、洞窟の全体像を予測してみた。  穴を無視して、音が逃げていく方角へ突き進む。 『出口だ!』  地上へ出ると、そこは深い森の中である。随分と、鉱山から離れた場所だ。  後から来たレンゲたちが、コウガと合流した。 「お疲れさまでした、コウガ。野営の跡がありますね」  轍がある。ここから、どこかへ鉱石を運んだのだろう。 「この進路は、ドランスフォードです!」  位置的に、ドランスフォードへ運び込まれた可能性が高くなった。  やはり、エスパーダのベルトを作るためだったらしい。  だが、ミミズ怪人は未だ活動していた。轍の軌道も変わっている。  となると、まだ実験は続いているかも知れない。 「轍の跡は、オレたちが追跡しておくぜ」 「事後調査はこちらでするので、コウガはレプレスタへ。石を運ぶ鉱夫たちの安全を」  後のことは、二人に頼んだ。 『心得た。協力に感謝する』  冒険者二人と別れ、レプレスタへ先行する。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません