作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 フーゴの街は、大きな風車が特徴的な、小さい街である。  小規模と言っても、経済は成り立っており、活気に満ちていた。工芸品など、農業以外の産業も盛んである。   身を寄せさせてもらったのは、『純喫茶 ロッコ』という店だ。 「おかわりを」  空になった皿を、コデロがミレーヌに差し出す。 「いくらでも食べてね」 「世話になります。おいしいですね、このカレーという料理は」  コデロは、もう五杯も「カレーライス」をおかわりした。  まさか、異世界でカレーライスを食べられるとは。  リュートが異世界に来て、この事態にもっとも驚いた。  味も食感もすべて、地球で食べる料理に限りなく近い。  カレーに合わせているのか、米が固めなのも最高だ。  ベルトなので、リュートに寝食の必要はない。  が、コデロが回復する度に、リュートも機能がアップデートされていく。  またコンディションの方も、コデロの感情に左右されるらしい。  コデロには、いい気分になってもらった方がいいようである。 『カレーと言えば戦隊もの、というイメージは、もう古い。というかカレー好きのイエローは二人くらいしかいないんだ』  単体ヒーローものでも、カレー屋は頻繁に出てくるのだ。  アジトがカレー屋の戦隊があるくらいだし。 「戦隊……よく分かりませんね」  コデロが首をかしげる。 『いや、こちらの話だ』  いかん。思わず一人語りしてしまった。この世界の住人に話しても仕方ないのに。 「遠慮しないでね。たくさんあるから」  ミレーヌが、木の尺で鉄製の鍋をかき混ぜる。 「ごちそうになります」  まるで何日も食べていない感覚での、まともな食事だ。胃が膨れていくことが、こんなにも幸せだとは。  一〇杯を平らげ、満たされたコデロは神に感謝する。  一一杯目の前に、小休止を挟む。 「食後のコーヒーもどうぞ」 「いただきます」  コーヒーの味は、喫茶店で出てくる味に近かった。  もはやプロ級である。なのに、流行っていなかった。 「みんな珍しがってね。普段食べているものと違うから、戸惑っていて。食べていってくれるのは観光客くらいね。旅の土産話に、冒険者がちょこっと食べていくくらいなのよ」  コーヒーは、みんな楽しんでくれるらしいが。 「おう、客か」  酒瓶を手にした中年の男性が、コデロに鋭い視線を向ける。 「お父さん、また昼間からお酒飲んでるの? もう、お父さんの淹れるコーヒーは最高なのに」 「るっせえ。俺はもう、コーヒーは淹れないんだよ」  うなだれながら、カウンターに腰掛けた。 「金はあるんだろうな?」 「お父さん!」  心配そうな顔になりながらも、ミレーヌは父を怒る。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません