作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

『こんな能力があったとは』  どうやらコウガ状態だと、銃弾の威力も倍増するらしい。  ダニーと同種の武器を使っているのに、だ。  おそらく、武装にリソースを割くことで、軽装になる引き換えに威力を上げるのだろう。  コウモリ怪人が、空中へ逃げる。  ここで逃がせば、情報が秘密結社に知られてしまう。ここで仕留めねば。 『くらえ!』  他の怪人たちを、コウガは銃で撃ち抜く。  撃たれた怪人たちは、次々と爆発していった。この銃は、コウガのフィニッシュホールドに匹敵する威力を持っている。これなら。 「このガーゴイル様をここまで追い詰めるとは。だが、これはかわせまい! GYYEEE!」 【ガーゴイル】と名乗ったコウモリ怪人が、奇っ怪なノイズを発動させた。スピーカー状の口から、怪しげな怪音波が。 『むうっ。超音波かっ!』  音に脳内をかきむしられ、コウガは動きを封じられる。  耳を塞いでも、怪音波が頭に鳴り響く。  聴覚の発達したコウガのカブトなら余計に。 「こんちくしょう!」  ダニーが銃を乱射した。  弾丸が、鉄骨に跳ね返る。 「ギャアア! 耳がぁ!」  突如、怪人が苦しみだす。 『そうか、特徴はコウモリと同じなのか。ならば!』  脳の痛みを堪え、コウガはベルトにエネルギーを集中させた。 『ムーン・シャイン!』  宝玉の光を一気に放出し、怪人の目に直接光を浴びせる。 「うぎゃああああ! 目があああ!」 『おやっさん、跳弾を!』 「よしきた!」  ダニーが、わざと銃弾を鉄骨に撃ち込んだ。  銃弾は飛び跳ねて、金属音を奏でる。  目と耳を同時に攻撃され、コウモリ怪人は怯む。  もう不快な音も鳴らさない。 「こ、これはたまらん!」  混乱したコウモリ怪人が、羽を広げて浮遊した。  『とどめだ!』   飛び去ろうとしたコウモリ怪人に、コウガは銃を放つ。  怪人の背中に、弾丸が炸裂した。 「デヴィランの栄光を見られぬまま死ぬとはぁ!」  空を飛んだまま、コウモリ怪人は洞窟を広げるほどに大爆発を起こす。  地鳴りがする。  戦闘員の一人が、瓦礫の下敷きになっていた。  どうやら資料をこれ以上奪われまいと、自爆装置を作動させたらしい。 「洞窟が崩れる。急げ!」  ガレキを避けつつ、コウガたちは脱出した。  洞窟が崩れていく。  それだけで、木々が蘇っていった。  腐った土が活気を取り戻し、キレイな花も咲く。  それだけ、このアジトは急激に森を殺していたのだろう。 「お前さん、すごいな。伝説の戦士、コウガが誕生しただけでも奇跡だってのに」 『コウガとは、いったい何なんだ?』 「それについては、ギルドに戻ってから話そう」  コウガは変身を解除し、コデロへと戻った。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません