作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 さらってきた女性を乗せた大型馬車が、街に入ってきた。検問を圧力で突破し、ロデントスの屋敷へと向かっている。周囲に護衛が複数、併走して馬車を囲む。  これだけ見え見えの誘拐事件を、イスリーブはよく見逃していたモノだ。それだけ、ロデントスの力は強いのだろう。  ロデントスは始末するべきなのでは、と、リュートは思い始めていた。  アサシンなどの冒険者と連携し、馬車を止める作戦に入る。全員が、アテムの知り合いだ。 『あれぇ~』  ボロをまとったコデロが、馬車の前に飛び出した。  自分でも下手な演技だと思う。  慌てた御者が、馬車を急停止させる。 「邪魔だ! ひき殺されたいか!」  苛立つ御者が馬車を降りて、コデロの髪を掴む。 「どくのは、そっちです」  エルボーを一発見舞い、御者を昏倒させた。  アサシンたちが、馬車を囲む戦闘員を排除する。  安全を確認した後、シーフを呼ぶ。  シーフと共に、馬車のホロ内部に入った。長方形の牢が複数あり、女が数人ずつ押し込められている。  助けが来て安心したのか、女たちがわめく。 「静かに!」  アテムが一括し、女たちに言い聞かせる。 「いいか、鍵を開けたら黙って出るんだ。騒いだら連中に気づかれて、また牢屋へ逆戻りだから。いいね?」  コワモテのアテムが、騒ぐ女たちを脅して黙らせた。  シーフが牢のカギを開ける。 「役所は開けてもらっている。助けを呼びに行くんだ」  蜘蛛の子を散らすように、女たちは役所の方へ。 「お次は?」  アテムが問いかけると、ダニーは首を振る。 「こいつらを役所に突き出してくれ。ロデントスの屋敷へは、俺たちだけで行く」  みすぼらしく見せるため、ダニーはコデロの顔に泥を塗りたくった。自分にも。 「マジで言ってんのか? 敵の本拠地に二人だけで向かうなんてさ。死ぬぜあんたら」 「大まじめさ。相手は怪人なんだ。お前らが束になったって敵わん」  ダニーが御者に化けて、作戦が決行された。 「一時間で決着を付けます。それでも連絡がなければ、我々は死んだと思ってください」  女たちを拘束していた手かせを、コデロは自らはめる。  牢に入り、シーフに改めて錠をしてもらう。 「心得た。一時間後に役場のヤツらと共に突撃する」 「お願いします。では、おやっさん」  ダニーが、馬に鞭を打つ。  しとしとと、雨が降っていた。ホロを雨粒が叩く。  牢屋越しに、ロデントスの屋敷が見えてきた。  外見こそ普通に貴族風の家だが、異様な気配が漂っている。  壁を覆うツタすら、今にもヘビのように動きそうだ。 「女を連れてきた」  門番に、ダニーは呼びかける。 「一人だけか?」 「みんな抵抗したんで、殺してしまったぜ」  ダニーが口をつり上げた。 「貴様、伯爵様は数も要求なさるのだぞ」 「知るかってんだ。その代わり、とびきりの上物を連れてきたぜ」  確認のため、門番がホロの向こう側へ。  オリ越しに伝わるいやらしい視線に、コデロは耐える。 「ほほう。確かに」  コデロの美貌に、門番はアゴをさすりながらうなずいた。 「コイツさえいれば、伯爵様もさぞお喜びになるだろう」  下卑た笑いをダニーが浮かべる。思いのほか、様になっていた。 「地下へ連れて行け」 「あーん、どっちだったけな?」  道をしらないダニーは、バカのフリをしてすっとぼける。 「地下への道を忘れたのか?」 「ここんところ、物忘れがひどくてな」 「しょうがねえな」  門番の案内で、地下室の入り口へ向かう。  地下通路を降りると、番兵らしき男が木の椅子に座っていた。  コデロに気付き、顔だけをこちらへ向ける。 「案内人は?」 「金の交渉へ」 「こっちだ」  立ち上がった番兵が、コデロを誘導した。  案内されたのは、陳列台だ。女性たちが手首を鎖で繋がれ、並ばされている。二〇人近くいるだろうか。人種もエルフやドワーフなど、様々だ。暗いので、もっといるかもしれない。だが、彼女たちから浮かぶ表情は、一様に絶望だけ。  コデロは吐き気がしそうになる。リュートも同じ気持ちだ。 「ええい、こっから出さぬか!」  ドワーフの少女が、力を振り絞って暴れ出した。 「うるせえ、おとなしくしろ!」 「がはっ!」  みぞおちに棒を叩き込まれ、ドワーフは咳き込む。ドワーフが、一般人に打ちのめされただけでおとなしくなった。よほどヒドい扱いを受けたのか。あるいは、弱らされているのかもしれない。  彼女たちと同じように、コデロも端の位置に立たされる。鎖で両手を持ち上げられて。  服の裾がめくれ、サラシがほどける。ベルト痕が剥き出しになった。 「おい、このやろう、淫紋があるぜ」  コデロのベルト痕を見て、兵士がニヤニヤと笑う。 「へへっ、マジだぜ。ゲヒヒ。前の飼い主に仕込まれたんだろうよ」 「けどよぉ、処女じゃないと価値が低い」 「なあに。これだけベッピンなら、ロデントス様もお喜びになるだろうさ」  作業員たちが、下卑た笑いを浮かべる。 「ロデントス伯爵が、この外道な行いを主導なさっているのですね?」 「そうだぜ。お前さんたちは、伯爵様に見初められたんだ」  言質を取った。これでロデントスは黒だ。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません