作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 再生怪人の脅威は去った。  だが、アロガント城内まで追い詰められ、コウガは死闘を演じている。バイクの弾薬も尽きて、魔力も残り少ない。 「そろそろ奥の手とやらを見せていただかないと、持ちません!」  壁を使ったパルクールを駆使し、コデロは不満を漏らす。 『持ちこたえてくれ! もうすぐだ』  大勢の戦闘員に、囲まれる。 「ここまでだ。最期だよ、コウガ!」  勝ち誇ったように、コブラ大怪人が指示を出す。  できれば、体力を温存したかった。しかし、こうなれば全力で。  次の瞬間、戦闘員たちが魔法矢の雨によって全滅する。 「なんと⁉」  多数の冒険者が、魔道具マギアで武装して戦闘員を撃退した。中には、簡略版のコウガを思わせる集団が。 「お待ちどうさん」  機械のヨロイじみた武装をしたクリスが、光線銃型のショットガンで戦闘員を蹴散らす。クリスの隣には、同じようなヨロイを着たレンゲが。 「すぐさま、反撃いたします」  矢も何もない弓を、レンゲが放った。  戦闘員の操る戦車が、振動のような攻撃でひび割れる。  レンゲの攻撃は、超音波らしかった。  男女混合なので、戦乙女とは言い難い。 「助けに来たぜ!」  冒険者を従えているのは、ダニーだけじゃない。 「このノア・ハイデン! ただの科学者と思っていたら痛い目を見るぞ!」  後方で指示を出しているのは、ノア・ハイデンだ。彼女は専用車両の天井にあぐらをかき、魔法石が先端についたワイヤーで武装していた。  魔法石は優先式ラジコンのように浮遊し、迫りくる戦闘員に魔法石から火球を浴びせる。  ファンタジー世界で、自律兵器を見られるとは。 「お待たせした。【アインヘリアル】の調節に手間取ってね」  専用車両の天井から、ノアはコードを引っ張り出す。 「この車両は、魔力石のタンクになっている。使うといい」 「ありがとうございます」  ベルトにコードを取り付けて、コウガは魔力を補充してもらった。 『あやうく、パワー切れを起こすところだった』  「カレーもあればよかったのですが、贅沢は言えません」  空腹なのだ。コデロはため息をつく。  さすがに、血や武器が飛び交う戦場に、ミレーヌは連れてこられない。 「数分もあれば、万全の体制が整う。それまで持たせよう」 『そうさせてもらう』  コウガは立て膝をついた。  戦うことはできる。  しかし、今の魔力ではシャイニングフォームには変身できない。  力を使いすぎた。 「ベルト様。まさか、コウガを量産するとは思いませんでした」 「吾輩も、そんな提案をされるとは思っていなかったよ」  コデロが眠っている間に、リュートがテレパシーでノアに伝言を頼んだのである。  コウガとはいわずとも、近しい存在を開発してくれないか、と。 「どうして、私に相談もなく!」 『キミは反対するだろ?』 「もちろんです」  コデロは、何事も自分で決着をつけたがった。自分の仇であるという理由もある。だが、誰も危険な目に遭わせたがらない。相手を気遣い過ぎなのだ。  イクスとのケンカを見て、リュートは確信した。 『オレたちはもう、一人で戦っているわけじゃない。今や、デヴィランは世界の敵。キミ一人で全部背負う必要はないんだ』  エスパーダという心強い味方もいる。  コデロは、もっと他人を信用すべきだ。 「ラキアスから、テレパシーで通信があった。アテムも無事、【ランドグリーズ】への変身を遂げたらしい」 『オレも確認した。ノーマンから連絡があったよ』  レプレスタも襲われ、エスパーダが撃退したらしい。 「あなたは、兄とも連絡を取り合っていたのですね?」 『オレとノーマンだけでな。文章だけのやり取りだが』  細かい調整段階となり、互いにメッセージを送信し合って、計画を練っていた。アドバイスなどをもらいながら。 「それで、完成したらお披露目と」 『うむ。前段階で知られれると、止められる可能性があったからな』  慎重に、事は進めた。  コデロの就寝中しか、リュートは行動しなかったのである。  今回の作戦で、全貌を明らかにした。  なにも、フェアプレーを気取りたかったわけではない。    不意打ちは、冒険者に任せようと思ったのだ。  冒険者も生活が掛かっている。  コウガだけが活躍すれば、冒険者などいらなくなってしまう。 「なるほど、自身が囮になろうと」 『そういうわけだ』  ダニーの腕を、疑っているワケでもない。  彼はよく仕事をしてくれた。  コウガといえど、この数を相手にはできないと思ったのである。 「決して、ベルト様が高台の上で目立ちたい、という目的ではなかったわけですね?」  まったくリュートを信用していない口ぶりだ。 『おいおい、オレをなんだと思ってるんだ?』 「ただの英雄ヒーローマニアとしか」  否定できない自分が悔しい。  「ベルト殿だけを責めるな。吾輩も興味があったのだ。戦乙女の開発には」 「とはいえ、それが発展すれば第二のデヴィランが生まれる危険だって」 「吾輩は自称マッドサイエンティストだが、命を粗末に扱う悪魔ではないよ」  実験に興味を持っているだけ。  対象を危険にさらさない心得は持っていると、ノアは主張した。  しかし、指示を聞かない奴らも出てくる。手柄を狙ったグループが、先行しすぎた。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません