作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「我は考えを改めた。コウガが我を認めぬなら、我の方がコウガを越えると!」 『それで、デヴィランに加担したのだな?』 「いかにも!」  肉体をデヴィランの神に捧げ、自ら望んで改造手術を受けたという。 「だが、改造にはデメリットがあった」  ただ忠実なる下部となるなら、永遠に近い命を得る。  その代わり、人間より弱くなるのだ。  強さを得るには反比例して、肉体の崩壊を招く。  つまり、強くはなるが短命となってしまうらしい。  それを乗り越え、王子は不死の肉体と強力なパワーを同時に入手したというのだ。 「もはや我は、コウガを越えた! 我はフェンリル! この星を統べる魔王なり! 犠牲は大きかったがな」  嫌な想像が、頭をよぎる。 「まさか、あなたが」  コデロにも、分かったらしい。 「そうだ。我が、ナタリア第一王女を殺した」  客人だったナタリアは、王子が怪人の姿となってメイドを食べている姿を目撃した。証拠隠滅のため、王子はナタリア殺害したという。 「私はナタリアを殺害した後、魔物に殺された、と偽装したのだ。厳密には、配下に殺させた。仮死状態になって」  葬儀の後、自ら這い上がり、デヴィランの長として活動を始めた。 「では、あなたは自殺だというのですね?」 「そうだ。あのまま生きていては、デヴィランとして活動するには不自由する。死んで自由の身になる方が便利だった」 「どうしてナタリアを!」 「彼女は、我がデヴィランのリーダーだと知ってしまったからだ! 変化するところも見られてしまったのだからな」  だが、自分だけ生き残っていると、どうしても怪しまれる。  実際、第二王子の勘は鋭かった。 「なぜそこまでする必要が?」 「食いしん坊の第二王子は、鼻が利くからな。ヤツは気弱なバカだが、それゆえに強かで自衛能力も高い。最初から我を信用していなかった。忌々しい弟め!」  もはや、肉親にすら悪態をつくほどだ。 「ナタリアには、愛はなかったのですか?」 「愛してたさ! だがあの時は、殺すことこそ愛だった!」 「なんですって……」  コデロは、怒りに拳を握りしめた。  どこまで身勝手な男なのか。  自分の野望を実現させるためなら、肉親だろうが婚約者だろうが手に掛ける。  もはや、同情の余地などない。  彼のような人間は、生かしておくわけには。 「うわああああああ!」  コウガの身体が、さらに輝きを増した。  まだもうひと段階、変身できるというのか? それほどの凄まじさが。 『これは、レイジングフォームだ!』  だが、様子が変だ。先程の劣勢はどこへいったのか、コウガは怪人を圧倒する。どういうことなのか。 「なんだこのパワーは!?」  最初こそ優勢だったオオカミ怪人の方を、コデロは徐々に追い詰めていった。 「貴様は、殺します! 絶対に!」  怒りに任せて、コデロは拳を怪人に打つ。  コデロの戦い振りを見て、リュートはひとつの可能性を見出す。  レイジングは、ライジングの下位互換ではないのでは。  コデロがレイジングを使いこなせれば、より強いコウガへと進化できる。  強い怒りを否定しては、コデロの力は発揮できない。それは認めざるを得なかった。冷静になれという方が無理なのだろう。  とはいえ、リュートはコデロに対し、恐怖しか感じない。怪人に勝てるイメージが沸かないのだ。彼の脳裏によぎるのは、自滅の二文字である。 「許しません。ヴァージル、貴様を!」  大地を蹴って、レイジングキックを浴びせた。 『いかん、コデロ!』  危機を感じ、コデロに呼びかける。しかし、コデロの怒りを止めることはできない。リュートですら。 「そんな攻撃など!」  両腕をクロスさせて、オオカミ上位怪人は防御する。  ガードを突き抜け、コウガの蹴りは怪人にトドメを刺す、はずだった。 『なにぃ!』  突然、エネルギー切れを起こす。 「ムダだ!」  オオカミ怪人が腕を広げると同時に、コウガの技は弾かれてしまう。  床に墜落し、コウガは変身も解除された。 『ライジングフォームですら、通じないとは!』 「時代が違うのだ。我々がどれだけの年月を掛けて、コウガの対策を練っていたか!」  今やコウガは研究し尽くされ、最強ではなくなっているのか。 「はあああっ!」  オオカミ上位怪人が、手のひらに擬似太陽を形成した。 「見よ。これが、コウガを超えた魔王の力よ!」  疑似太陽を、コウガに向けて放つ。  コウガは、受け止めるだけで全身を焼かれそうになった。 「なんという力だ! ぬわああああ!」  踏ん張りがきかず、コウガは吹き飛ばされる。    爆発が生じ、辺りに爆炎が広がる。  煙が晴れると、妙に辺りが明るく感じた。  砦の天井、どころか砦自体が爆発し、巨大な穴が開いている。  周辺には、ドレイや冒険者のみならず、戦闘員たちの死体まであった。  味方まで、殺すのか。 「とどめだ、コウ……アガ!?」  最後の一撃を放とうとした怪人が苦しみだす。黄金の輝きは消え去り、元のオオカミ怪人へ戻った。  さらに、ヴァージル王子の姿に。 「な、なぜ! まだパワー不足だというのか! タイムリミットごときに、我が足止めされるとは!」  どうやら、強化には制限時間があるらしい。 「やはり、月の宝玉がなければ、持続せぬというのか?」  月の石……ラキアスが持っていたあの石は、やはり重要なアイテムらしい。 「むっ!」  ベルトに収まっている、月の石が光りだす。 「イスリーブ領主婦人ラキアスが持っているはず。貴様が何故持っている!?」 『ご婦人の危機を察知し、オレが預かったのだ』 「おのれ……!」  苦々しい顔になり、剣を抜こうとした。しかし、王子は膝をつく。彼も、限界なのだ。   「今日は退く。だが、貴様の月の石を貰い受ける! 必ず!」  引き下がった王子が、姿を消す。 『待て!』  変身ポーズを取るも、姿が変わらない。  コウガはもう、変身する体力すら失っていた。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません