作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「待ちなさい、レンゲ!」  屋根伝いに走っても、レンゲに追いつけない。 『イクス、バイクだ!』  ノーマンからアドバイスを受けて、イクスはバイクを召喚した。  ようやく、レンゲの背中が見えてくる。 「あれは!」  突如、レプレスタの空に低空飛行する要塞が。  その壮大な姿は、まるで背中に森を背負った巨大な亀のである。 『クイラス要塞だ! 伝説は本当だったんだな』  コーデリアたちの言っていた、伝説の要塞か。  レンゲたちが、要塞の頭部から中へ乗り込む。  要塞が、高度を上げていく。 「あんな兵器が、街を襲ったりなんてしたら! 取り付きます!」  アクセルを全開にして、イクスも要塞内部へ突入した。  体半分が機械でできた、戦闘員たちが出迎える。  「どきなさい!」  敵に向けて手をかざし、イクスは指から光弾を発射した。  魔力の弾丸で体を撃ち抜かれ、戦闘員たちが吹き飛ぶ。 「レンゲはどこにいるのです⁉」 『集中するんだ。ディアナの魔力を辿ればいい』 「承知いたしましたわ」  戦闘員を撃退しつつ、奥深くへと突き進む。  ダンジョンほど、複雑な構造ではなかった。車両を移動させる前提なのか、道が広い。イクスのバイクでも余裕で通れる。  戦闘員の数も、少なかった。外の光景を見た限り、レプレスタに降下しているのだろう。 「これだけ内側が脆ければ、探索も楽なのですが」 『何もなければいいんだけどね……よけてイクス!』  天井から、何かが光った。  イクスは壁走りで、攻撃をよける。  天井には、小型の魔物が目玉を光らせていた。固定砲台のようだ。 『やはり防犯装置が働いている!』 「小賢しいですわ!」  指から光弾を放ち、天井の魔物を撃退する。 「バイクが!」  タイヤをやられた。これでは走れない。 『直しておくよ。ベルトに収めて』  ノーマンの指示通り、イクスはバイクをベルトに収納した。  廊下を進んでいく。 「行き止まりですわ」  どうやら、ここが最奥部らしい。 『この中にディアナが』  だが、扉は開かない。  コンソールがあるが、キーワードなどわかるわけがなく。 「面倒ですわ!」  扉を切り裂いて、イクスは部屋の中へ突撃した。 「ディアナ!」 「お姉さま!」  ディアナは、ピアノの椅子にくくりつけられている。  隣には、レンゲが立っていた。黒い衣装のままで。 「レンゲ、ディアナを開放しなさい!」 「そうはいきません。これは、私の長年の悲願なのです!」  語るレンゲのもとに、コブラの顔をした人形の魔物が歩み寄った。 「でかしたぞ、レネゲイド! さすがこのマーリト・アロガントの娘」 「あなたが黒幕ですね、マーリト・アロガント!」 「お初にお目にかかる、イクス・レプレスタ。エスパーダと呼ぶべきか。アタシはマーリト・アロガント。またの名をメデューサ!」 「ディアナを返していただきますわ、メデューサ!」  妹を救うため、イクスはピアノに向かおうとする。 「おっと、動くんじゃないよエスパーダ!」  非情にも、ディアナの首にアロガントがヘビの杖を突きつけた。  ディアナが恐怖に怯える。 「動けばあんたの可愛い妹がどうなるか。わかるね?」 「卑劣な……」  変身を解かざるを得ない。 「お黙り! アロガントがレプレスタから受けた仕打ちに比べたら、命があるだけマシなもんさ!」  杖を操って、アロガントは半球状の巨大な窓を開く。 「見よ。我がアロガントが誇るクイラス要塞を!」  外の景色を、アロガントが見せつけた。  要塞から、人間サイズのゴーレムが降下していく。ゴーレムは街を襲っていた。 「これだけの兵を集めるのに、どれだけの時間を要したか!」  エルフ王から追放され、アロガントはずっとこの要塞の内部で幽閉されていたという。子孫も、アロガントのことなど忘れ、普通のエルフとして暮らしていたらしい。 「だが、神が現れた」 『それがデヴィラン?』 「そのとおりさ。やはり天才は察しがいいね、ノーマン・ドランスフォード」 『ボクのことも知っているのか!』  ノーマンの存在まで知られている。とはいえ、ノーマンは驚いていない。 「あんたらの情報など、ある人物を通じて把握済みさ」 『それが、スケルディング教授だと?』 「今は、スケルトン教授と名乗っているけどね。アタシは彼女に開放された代わりに、この要塞を起動するように命じられた」  天才スケルディング教授といえど、エルフの技術を扱うことまでは難しかったらしい。 「アタシは骸教授に体を改造してもらい、メデューサとして生まれ変わった。エルフ要塞の構造もすべて教えた。誰よりも詳しかったからね」  アロガント復興を子孫たちにも呼びかけ、メデューサの布陣はより強大になっていく。 「アタシは一度、配下を率いてレプレスタを襲わせた! 力ずくで、王を殺せると思ったんだよ!」  しかし、襲撃はレプレスタ王の思わぬ反撃によって失敗した。連れ去ろうとしていた母レプレスタ王妃まで殺してしまって。 「母を殺したのは、あなたでしたのね!」 「惜しいことをしたよ。彼女が抵抗しなければよかったのさ!」 「許しません。変身!」  イクスはエスパーダへと変身した。  コブラ大怪人メデューサと相対する。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません