作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 山を三つほど抜けると、小さな洞窟の入り口に辿り着いた。  その間に、数体のモンスターを撃退している。そのすべてをダニーが銃で倒した。使い方をコデロに教えるために。  とはいえ、銃の仕組みは地球から来たリュートの方が詳しい。あまり目新しさはなかった。 「いいのかよ? 報酬のほとんどがカレー代で消えたぞ」 「また稼げばいいだけ。それに、今回の依頼は、少数精鋭の方がいい」  金に目がくらんだ冒険者に来られても、犠牲者が増えるだけ。  それに、冒険者にはできるだけ、街を守ってもらいたかった。  山分けした報酬額は、いわばその前金である。 「計算高いな。ただの考えなしでもない、ってか?」   そこまで説明すると、ダニーから関心とも取れる意見をもらう。  道中の景色が不気味だった。  生物の生きている心地がしない。  荒れ地にでも来たかのような印象を受ける。 「ここはちょっと前まで、盗賊団のアジトだった。だが、最近はめったに活動を聞かなくなってる。アジトを移したのか、あるいはもっとデカイ山を狙っているのか」  暗い洞窟に足を踏み入れる。 「人が通れるほど広いですね」 『明らかに、人工的な手が入っているな。それだけじゃない』  配線のようなコードが、壁に張り巡らされている。  盗賊団のような初心者が組み上げられる代物ではない。この洞窟を作った人物は、高度な科学力を持っている。 「木々のエネルギーを、特殊な機械で吸い上げているようだ」  だから、周りの動植物が死に絶えていたのか。 「お前さん、そこまで分かるのか? オレも怪しいとは睨んでいたが」 「道中、不自然なほどに自然が枯れていました。動物の数も少ない。この先には何かある」 「注意して進むぞ」  お互い銃を手に、先へと急ぐ。  明かりの付いた場所が見えてきた。身を潜め、様子を伺う。  眠らされた盗賊が、ベッドで手術を受けている。作業内容から見て、治療ではない。実験だ。  かたわららには、全身鎧を着た騎士が立っている。隣には、見覚えのある怪人が。 『あのコウモリ怪人!』  森で逃がした怪人を、手術室で見つけた。 『ヤツらは、盗賊をとらえて、怪人に改造している!』 「改造、ですか?」 『肉体を、別の個体に作り替えているんだ』  コデロは、リュートの説明をダニーに聞かせる。 「それは興味深いな。マネまでしようとは思わんが」  科学者らしい、インモラルな返答がきた。 「コウガのベルトだってそうだ。魔法使いが肉体的に強くなる手段として、二つの可能性があった」  一つは、コウガのように外骨格を装備するパターン。  もう一つが、改造人間だったという。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません