作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 ジョージ王子改め、新生ドランスフォード国王によって、亡国から資材の運び出しが行われる。  結局、ドランスフォードの復興は放棄した。都市部の損傷が激しすぎたのである。どのみち、一度破壊された街だ。再び攻められると、もろいだろう。  クレメンツィオ王子とレンゲの精密な調査によって、判明したのである。  そこで、フーゴの街を起点に、新たな王都を作ることにした。使用できる資材などをドランスフォードから運び、小さい街を作っている。ここなら、イスリーブとレプレスタに挟まれ、協力関係もスムーズだ。  元々フーゴも、大きい街だ。城と城壁を建てる程度で、ことは済む。  消えていくドランスフォードの面影と、新しく生まれ変わるフーゴの街を見比べる日々が続いた。  コデロは、なんとも言えない気分である。 「これで最後です!」  最後のガレキが運び出され、今度こそドランスフォードは更地となった。  都市の全景を見下ろせるほど大きかった城は、チリ一つ残っていない。  他の町並みも、何一つとして失った。  魔物を退ける壁もない。 「これより、旧ドランスフォード王国、追悼の儀を執り行う」  その場にいる一同が、黙祷を捧げた。 「研究所としての機能も失われましたか」 「仕方ないよ。次元転送装置が悪いんだ」  また、デヴィランはこの地で、次元転送装置を発動させた。  その影響で、土地の魔力が歪になってしまっている。  この状態で建国などをすれば、再び良からぬものを呼び寄せてしまうらしい。  住む場所を失った者たちの無念によって、アンデッドが発生する危険もある。  ノア・ハイデンのアドバイスを受けて、コデロは泣く泣くこの地を手放すことを決意した。  次元転送装置も、処分済みである。  もう二度と、発動することはない。 「悲観することはないって。コーデリア殿下」  草一本さえない土地に、クレメンツィオが苗を持ってくる。両手のひらに収まるほど、苗は小さい。一息吐けば、飛んでいってしまいそうだ。 「クレ氏、それは?」 「世界樹の苗さ」  この苗を植えることで、再びドランスフォードに正常な魔力を呼び戻すそうだ。  エルフの力を宿す世界樹なら、これが可能らしい。 「王様が木を植えたら、あんたがこの地に魔力を送り込んでくれ。それで、世界樹はバッチリ育つ。コウガの聖なる力を受けたら、世界樹だって無事に成長するだろうぜ」  そうクレ氏は言うが、コデロは半信半疑である。 「信じられませんが」 『やってみるしかないな。一縷の望みにかけよう』  いぶかるコデロを、リュートが励ます。 「はい。亡くなった人たちが安らかに眠れるよう、私も尽くします」  コデロもようやく、決意を固めたらしい。  クレ氏が連れている騎士団が、シャベルで領土の中央に穴を開けた。 「ドランスフォード王、お願いいたします」  エルフ王子クレ氏は、ジョージ王に苗を渡す。 「うむ。ではこれより、植樹を行う」  ジョージ王が、苗を植えた。根に土をかぶせる。 「では、コーデリア殿下。お願いします」 「はい」  土の上に、コデロは手を添えた。故郷の地に、己の魔力を注ぎ込む。 「ぬううう」  世界樹を通して、周辺に魔力が行き渡るのを感じ取った。  なおも、コデロは魔力を流し込む。復興の願いを込めて。 「ありがとうございます。殿下」 「いえ。貴重な苗を分けてくださって、ありがとうございます」  コデロが、地面から手を放す。  ズズズッ、と大地が揺れるのを感じる。  土が不自然に盛り上がった。 「皆さん、離れて」  クレ氏の合図によって、全員が領域から離脱する。  その瞬間、世界樹が急成長を始めた。かつてのドランスフォード城を思わせるほどの高さまで、グングンと伸びていく。  世界樹だけではない。周辺にも緑が戻っていった。実のなる草まで生え始める。  鳥や小動物たちが寄ってきて、実を食む。  緑の範囲は、ドランスフォード跡地全域にまで行き渡っている。 「あとは自然に育つぜ。直に広葉樹も育つだろ。それにしても、驚くべきはコウガの魔力だな。どえらいもんを見たぜ」  クレ王子が、世界樹を見上げながらヘヘっと笑う。 「これよりこの地は、オンディール国の一部エルフが治める。それでいいな?」 「はい。管理のほど、よろしくおねがいします」  これにより、世界樹は魔力障壁に守られ、安全に育つだろうとのこと。 『すごい光景だな。オンディール地方にも引けを取らないぞ』 「これが、コウガの力ですか」 『いや。これは、キミの思いだ』 「私の?」  コデロが真剣にこの地を浄化したいという願いが、この土地に奇跡をもたらしたのだ。  リュートには、そう思えてならない。 『感じないか? この木々、草一本に至るまで放つ魔力を。オレたち以外の温かい魔力を感じるぞ』  両手を広げて、コデロも魔力を受け止める。 「はい、感じます。死んでいった民の魂が、世界樹の栄養となって清められていくのを」 『ヒーローの力とは、敵を倒すためだけにあるわけじゃないんだな』 「初めて私は、コウガでよかったと思えるようになりました」 『本来、オレたちの力はこう使われるべきなんだな』  リュートは本当の意味で、世界を救った気がした。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません