作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 最奥部に、デヴィラン最高幹部はいた。  あのとき遭遇した黒騎士だ。  黒騎士は、エース・スリーの面々と戦っている。冒険者最強と呼ばれる彼らは、軽くあしらわれていた。 「よくぞ参った。貴様のせいで、この砦はおしまいだ。さすがコウガよ」  黒騎士が、ヘルメットを脱ぐ。金髪の男性が、苦々しい顔でこちらを睨む。 「だが、こちらもパワーアップが完了した。さきほど貴様が倒した北方の王女による貢ぎ物で、この肉体は新たなる力を得た。その褒美に新しい肉体をくれてやった。しかし、活かせずに死んだか」  マントで全身を覆い、黒騎士は一瞬で早変わりした。自分が見たオオカミ怪人より、いかほどかたくましくなっている。 「やはり、オオカミ怪人の正体はあなただったのですね、ヴァージル王子」 「我が正体を知っているか。しかし、今の我は、これまでとは違う」  黄金色に輝く体毛も煌びやかで、肉体は黒い金属の装甲に覆われている。王者の風格とも呼べた。 『再改造を受けたのか?』 「左様! これが我がデヴィランが誇る最強の魔物、【フェンリル】なり!」  オオカミ怪人が、自身をフェンリルと名乗る。神話クラスのオオカミだが、それだけ言わせる自信があるのだろう。 「くっちゃべってるヒマがあるのか、てめえ!」  ドワーフのモンクが、鉄球を全力で投げつける。 『エーススリー、退け。後はオレがやる!』 「うるせえ! こんな獲物を横取りされてたまるかっての」  コウガの静止も聞かず、エース・スリーの面々は戦闘をやめない。  オオカミ上位怪人は身をかわすが、鉄の鎖が怪人を縛り付けた。  好機とばかりに、モンクジャンプキックを繰り出す。鉄球と挟み撃ちにする気だ。 「今はコウガと話している」  怪人は鎖をたやすく引きちぎった。鉄球とモンクの蹴りを、掌打で抑え込む。  掌打によって、鉄球が砂と化す。  モンクの目が白くなり、身体が跳ね上がった。人間の死に方をしていない。掌打の衝撃で、全身の骨が砕けたのだ。 「舐めんじゃないわよ!」  手のひらで炎の球を作り出し、魔女はオオカミ怪人に放つ。 「くだらん」  真正面から炎を受け止めて、なおも怪人は前進する。  魔女は何度も、怪人に火球を浴びせた。その技術だけでも凄まじい。だが、魔女は怪人の進撃を止められなかった。  怪人の手刀による突きが、魔女の身体を貫く。 「よくも仲間を!」  剣士が長剣を、怪人に振り下ろす。  オオカミ上位怪人は、片腕による横薙ぎでカウンターの構えをとった。  鍛え抜かれた剣を、怪人は片腕だけで防いでしまう。  しかも、剣士もろとも武器を両断した。 「人間ごときが、人をやめた我に敵うはずもなし」  最強クラスの冒険者すら、歯が立たない。一瞬の出来事だった。  『オオカミ怪人! たとえ貴様がどれだけ強くなろうとも、オレたちは必ずお前を倒す!』  ベルトから、コウガは銃を出す。 『フィーンドバスターッ!』  ライジングフォームによって威力を増した魔法弾だ。  しかし、黄金のボディはコウガの銃撃を弾き飛ばしてしまう。 『利かない!?』 「我を倒すことなどできん。我は神。魔物の神であるぞ」  確かに、今までの怪人とは格段に違う。 『ならば肉弾戦だ、トゥア!』  宙返りで接敵して、ハイキックを見舞った。  相手が避けたところに、左フックを。  こちらは上腕のガードで防がれる。ボディーへのヒザも止められた。  イノシシ上位怪人ですら防御できなかった攻撃を、オオカミ上位怪人はすべて受けきる。 「無理だ。コウガの力を半分も引き出せておらぬ。そんな非力な腕では、魔王となった我に傷一つ付けることはできんぞ」  コウガのキックは、軽々と持ち上げられ、放り投げられた。  壁に激突する。  オオカミ怪人の手刀が、コウガの胸を貫こうとした。 『まだ終わっていない!』  突きと同時に、キックを放つ。 「ぬお!」  カウンターの蹴りで、怪人の腕を弾き飛ばす。 「おのれ!」   反撃の裏拳を押さえ込み、つかみ合いになった。  『なぜだ。なぜ人を襲う? お前がデヴィランに心酔する理由は何だ?』  オーカスという上位イノシシ怪人が、ドランスフォード、主にコーデリアへ強い恨みを持っていたのは理解できる。逆恨みとはいえ、だ。  しかし、この男がドランスフォードを手に掛けようとした目的が分からない。 「我こそが、コウガのベルトの装着者になるはずだったからだ!」 『なんだと?』 「生まれた月の周期が違うだけで、我はコウガの所有者になれなかった。これだけの力がありながら、我は!」  大きく腕を振り上げ、怪人はコウガの拘束を解く。 「コウガの適合者は、コーデリア・ドランスフォードだと決まってしまった。ありえない!」  オオカミ怪人は、憤りを拳としてコウガにぶつけてくる。一撃一撃は、コウガの装甲すら叩き割らんとするほどの力だ。 「我こそコウガを得て魔王になるに相応しい存在なのに! あんな小娘をコウガが選ぶなど!」 『そんなよこしまな考えだから、コウガに見放されたのだ!』 「黙れ!」  咆哮に近い怒声を、怪人は浴びせてきた。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません